2020年04月04日

ようこそ、革命シネマへ   原題:Talking About Trees

yookoso kakumei.jpg

監督・撮影:スハイブ・ガスメルバリ
出演:イブラヒム・シャダッド、スレイマン・イブラヒム、エルタイブ・マフディ、マナル・アルヒロ、ハナ・アブデルラーマン・スレイマン

2015 年、スーダンの首都ハルツーム近郊。
駱駝が行き交い、砂が舞う中、映画上映会が開かれようとしていた。
主催者は、イブラヒム、スレイマン、マナル、エルタイブの4人。
1956年にスーダンが独立して間もない1960〜70 年代に海外で映画を学び、母国スーダンに戻って映画文化を根付かせようと活躍していた4人は、1989年に映画製作集団「スーダン・フィルム・グループ」 を設立する。同じ年、クーデターによりイスラーム急進派の独裁政権が誕生。言論の自由は奪われ、映画も発禁処分となる。ある者は政治犯として投獄され、ある者は国外へ亡命を余儀なくされた。
長い時を経て再会した4人。スーダンの映画産業は既に崩壊し、映画館も皆無。かつて映画文化があったことを記録に残し、スーダンの人たちに映画を見せたいと奔走する・・・

スハイブ・ガスメルバリ監督は、1979年スーダン生まれ。クーデター前の子どもの頃には両親に連れられ映画を観た記憶があるが、独裁政権になり映画は壊滅し、本も検閲され、文化的に枯渇した10代を過ごしたという。その後、エジプトで映画に出会い、フランスの大学で映画を学ぶ。そして、かつて「スーダン・フィルム・グループ」があったことを発見。特にイブラヒム・シャダッドの政治的な内容と芸術性が結実した作風に影響を受ける。
4人が行うハルツーム郊外での上映会で、砂嵐でスクリーンが飛ばされそうになっても、画面に釘付けになっている人たちを見て、本作の製作を決意したという。

冒頭、映画を上映しようとするのに、何度も停電する。
かつて、勤めていた商社では、ハルツームに駐在員事務所があって、私の所属部署で管轄していた。ある駐在員の方が、「刑期はあと1年」とおっしゃるので、「刑期ですか?」と問うと、「いや~日本の刑務所は停電も断水もないから、それよりひどいかな」と答えが返ってきた。停電や断水は日常茶飯事。自家発電を持ってないと、せっかく持っていった日本食も腐ってしまうと嘆く。別の駐在員の方は、赴任が決まった時に、「どんなに劣悪な環境でもお酒さえ飲めれば大丈夫」と言ってスーダンに赴いたのだが、それが1989年。赴任した直後にイスラーム急進派が政権を取って、お酒が飲めなくなってしまったことを思い出した。

こんなに環境が劣悪な上に、様々な自由を奪われている中で、映画館を復活させようという4人の老いた映画人たち・・・
本作は、映画を愛し、映画の持つ力を信じる人たちの物語。不屈の精神に胸が熱くなった。(咲)

2019年/フランス=スーダン=ドイツ=チャド=カタール/97分/DCP/カラー
配給:アニモプロデュース
公式サイト:http://animoproduce.co.jp/yokosokakumei/
★2020年4月6日 (月)ユーロスペースほか全国順次公開

★(twitterより)ユーロスペースが4/8(水)〜5/8(金)までの休館を決定いたしました。それに伴い、本作も休映いたします。
5/9(土)〜再上映予定ですが、状況によって変更となる場合がございます。

posted by sakiko at 23:44| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください