2020年04月04日

暗数殺人 原題:암수살인  英題:Dark Figure of Crime

annsuu satujin.jpg

監督:キム・テギュン
出演:キム・ユンソク、チュ・ジフン、チン・ソンギュ

釜山。港町のカルグクス(麺料理)店で派手な逮捕劇が繰り広げられる。
「7人だ。俺が殺したのは全部で7人」キム・ヒョンミン刑事(キム・ユンソク)は、恋人を殺害し逮捕されたカン・テオ(チュ・ジフン)から突然の告白を受ける。ヒョンミン刑事は、直感的にテオの言葉を信じ、上層部の反対を押し切り捜査を進め、白骨化した死体を発見する。だが、テオは死体を運んで埋めただけと証言をくつがえす。果たして、テオは殺人を犯していないのか? それとも残る6人の死体は存在するのか? 翻弄されるヒョンミン刑事・・・

暗数とは、実際の数量と統計上あつかわれる数量との差。
カン・テオは、実際、何人の女性を殺したのか?
本作は、韓国を震撼させた連続殺人事件を基に描いたもの。
証言を覆されながら、沈着冷静に真実を追い求める刑事を演じた名優キム・ユンソク。確かな演技に、きっと解決してくれると安心感がある。初監督作品『未成年』が、5月29日(金)よりシネマート新宿とシネマート心斎橋で公開される。
刑事を惑わす奔放なカン・テオを演じたチュ・ジフンは、日本でも人気を博したドラマ「宮(クン) 〜Love in Palace」では皇太子、『キッチン 〜3人のレシピ〜』(09)ではお洒落なお店のシェフと、女性たちを惑わす美男子役だったのが、『アシュラ』(16)では刑事役、『工作 黒金星と呼ばれた男』(18)でも、北朝鮮の安全保衛部のエリート課長と、実直な役をこなしていた。今回は真逆のワルを演じていて、これこそ地かと思わせてくれた。次はどんな役柄で出てくるのか楽しみだ。(咲)


『キッチン〜3人のレシピ〜』チュ・ジフン、ホン・ジヨン監督記者会見 
懐かしい2009年の取材記事です。

2018年/韓国/110分/カラー/ビスタ/5.1ch/字幕翻訳:李英愛
配給:クロックワークス
COPYRIGHT © 2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
http://klockworx-asia.com/ansu/
★2020年4月3日(金)シネマート新宿ほか 全国ロードショー

★シネマート新宿は4月8日(水)から当分の間、休館。再開時期は劇場HPにてお知らせします。

posted by sakiko at 19:04| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください