2020年03月22日

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ

2020年3月27日 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館で公開。
全国順次ロードショー 上映情報
pepe-movie-flier-front.jpg
(c)CAPITAL INTELECTUAL S.A, RASTA INTERNATIONAL, MOE

監督:エミール・クストリッツァ
製作:ウーゴ・シグマン
製作総指揮::レティシア・クリスティ
脚本:エミール・クストリッツァ
編集:スベトリク・ミカ・ザイッチ
出演:ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー

南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカの魅力に迫る

2010年3月1日より2015年2月末まで、南米ウルグアイの第40代大統領を務めたホセ・ムヒカ。大統領就任中、収入の大半を貧しい人々のために寄付し、職務の合間にはトラクターに乗って農業に親しんだホセ・ムヒカさんの魅力に迫ったドキュメンタリー。
そんな姿勢から「世界で一番貧しい大統領」と言われ、全世界から注目を受けるようになったのは2012年リオデジャネイロ(ブラジル)で開催された「国連持続可能な開発会議」で、「環境危機を引き起こしている真の原因は消費至上主義である」と鋭く指摘。「経済発展は必ずしも人類の幸福に結びついておらず、むしろ経済格差が広がり続ける現状を憂い、怒り、よりよい未来に向けて行動を起こせ」と呼びかけた。この発言に世界中の人が共感し、2013年、14年には2度ノーベル平和賞にノミネート。日本でも多数の本が出版され2016年には初来日を果たした。
まん丸な体とやさしい瞳のムヒカ大統領だが、極貧家庭に育ち、左翼ゲリラとして権力と戦い、13年もの投獄生活を送り、愛するパートナー、ルシア・トポランスキーと離ればなれの苛烈な拘留生活を経て大統領に就任した。ペペという愛称で国民から親しまれているムヒカさんは、今もトラクターを運転し農業を続けている。
ムヒカさんの波乱万丈の人生に魅了され、この作品を作ったのは、ユーゴスラビア出身で『パパは、出張中!』『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』などの作品で知られるエミール・クストリッツァ監督。

私がホセ・ムヒカさんのことを知ったのは、リオデジャネイロで行われた国連地球環境サミット(通称)の時。ムヒカさんの発言が注目され「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれ来日もしました。この時、広島などを訪問し、それらがニュースで流れました。その後、去年ピースボートでウルグアイを訪問した時、船にムヒカさんが訪れる予定だったけど、前の日、雨の中農作業をして風邪をひき本人の来船はありませんでした。だけど妻のルシアさんは来船し、ムヒカさんの話、ウルグアイの話を聞けました。それにしても85歳の今もトラクターに乗って農作業を続けているのでしょうか。だとしたらすごいです。若い頃にはウルグアイに移住した日本人とも働いたことがあるようで、菊の花も作っているようです。そのことはスタッフ日記に書きました(暁)。

参考 シネマジャーナルHP スタッフ日記
2019年、最後に観た映画は『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』でした

ホセ・ムヒカのことを知ったのは、2019年の『ハッパGoGo 大統領極秘指令』を見たとき。世界で初めてマリファナを合法化したと知り、「なんて大胆なことをする大統領なのだろう」と驚いたのを覚えている。
本作では、ムヒカが極貧家庭に育ち、左翼ゲリラとして権力と戦い、愛する妻と離ればなれの苛烈な拘留生活を経て、大統領になったことを伝える。今の穏やかそうな姿からは想像もできない。政治活動のために子どもを産み育むことを諦めたそうだが、そこまでの覚悟に驚く。また夫婦の絆の深さも感じる。
2016年に来日しているが、日本を見てがっかりしたのではないかと心配になった。(堀)



2018年製作/74分/G/アルゼンチン・ウルグアイ・セルビア合作
原題:El Pepe, Una Vida Suprema
配給:アルバトロス・フィルム
公式HP
https://pepe-movie.com/
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください