2019年12月08日

ある女優の不在 原題:Se rokh 英題: 3 faces

3 rukh.jpg

監督:ジャファル・パナヒ
出演:ベーナズ・ジャファリ、ジャファル・パナヒ、マルズィエ・レザイ

人気女優ベーナズ・ジャファリのもとに、見知らぬ少女から悲痛な動画メッセージがパナヒ監督経由で届く。女優を志して芸術大学に合格したのに家族に反対され自殺を図るというのだ。ベーナズはパナヒ監督の運転する車で、少女マルズィエの住む北西部アゼルバイジャン州のサラン村を目指す。山間のじぐざぐ道で結婚式に出会い、誰かが自殺した気配はない。マルズィエの家を探しあてるが、3日前から家に戻らないと母親が困り果てていた。芸人に対する偏見が根強い村で、弟も姉が女優になることに猛反対で荒れ狂っている。
やがて、マルズィエが町外れで暮らす革命前に活躍した女優シャールザードのところに身を寄せているのを知る・・・

2010年に、20年間の映画製作禁止を命じられたパナヒ監督。屈せず、『これは映画ではない』(2011)、『閉ざされたカーテン』(2013)、『人生タクシー』(2015)と映画を作り続け、今回もまた、ユーモアに溢れる作品を放ってくれました。そこには、自身の置かれた立場や、3人の女性たちに立ちはだかる問題もくっきり。
東京フィルメックスで特別招待作品として上映され、主演のベーナズ・ジャファリさんが審査員として来日。インタビューの機会をいただきました。
DSCF2555 behnaz 320.JPG

村へのロードムービーは、どこかドキュメンタリーのような趣もありますが、ベーナズさんがオファーを受けた段階で、脚本はすべて書かれていたとのこと。助監督の名前で撮影許可を取り、パナヒ監督の生まれ故郷で短期間で撮影。カンヌ国際映画祭に出品された折、国外に出られないパナヒ監督に代わり、カンヌに行ったベーナズさん。帰国後、当局に呼び出され、製作禁止の監督の作品に出たことを咎められたけれど、「私は女優として尊敬する監督の作品に出ただけ」ときっぱり答えて帰ってきたそうです。(インタビュー詳細は後日お届けします。)
まさにパナヒの映画としかいいようのない映画。ぜひ劇場でお楽しみください。(咲)


2018年 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 脚本賞受賞

2018年/イラン/ペルシア語・トルコ語/カラー/ビスタ/5.1ch/100分
配給:キノフィルムズ
公式サイトhttp://3faces.jp/
★2019年12月13日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開




posted by sakiko at 22:09| Comment(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください