2019年12月10日

ジュマンジ/ネクスト・レベル(原題:Jumanji: The Next Level)

jumanji.jpg

監督:ジェイク・カスダン
原作:クリス・バン・オールズバーグ
脚本:ジェイク・カスダン ジェフ・ピンクナー スコット・ローゼンバーグ
撮影:ギュラ・パドス
出演:ドウェイン・ジョンソン(スモルダー・ブレイブストーン博士)=ダニー・デヴィート(エディおじいちゃん)
ジャック・ブラック(シェリー・オベロン教授)=サーダリウス・ブレイン(フリッジ)
ケビン・ハート(ムース・フィンバー)=ダニー・グローヴァー(マイロ・ウォーカー)
カレン・ギラン(ルビー・ラウンドハウス)=モーガン・ターナー(マーサ)
ニック・ジョナス(シープレーン)=コリン・ハンクス(アレックス))
馬=マディソン・アイスマン(ベサニー)
オークワフィナ(フリートフット)=アレックス・ウルフ(スペンサー)

前作から時がたち、スペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーは大学生になった。すっかり壊れたはずのジュマンジ=ゲーム機を直しはじめたスペンサー、あっというまに吸い込まれてしまった。残された3人はスペンサーを救出しようと、ログインするが修理が完了していなかったからか、お爺ちゃんたちまで一緒に吸い込まれてしまう。ジュマンジの中はバグり、フィールドはジャングルだけではなく、砂漠まで拡がって敵も半端なく増えていた。前回より増えた分キャラが入り乱れ、人間ではないものにまで変身してしまった彼らはスペンサーを救いだせるのか?

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017年/日本公開は2018年4月)の続編。主要キャラにお爺ちゃん二人が加わりました。かといって年齢に容赦なく、猛スピードでゲームは進行するので、あれよあれよというまに難関にぶち当たってしまいます。無理ゲーを可視化×体感すればこうなるよね<なりません。これまでと違ってお爺ちゃんが加わったことでおきる認識のズレと、スローさ、くどさに思わず自分を振り返ってしまったのでした。若い人には笑えるツボです。
字幕を気にせずに没入して中身を堪能したい方は、吹き替え版がおすすめです。日本語吹き替え版で、加山雄三さん、ファーストサマーウイカさんが声優デビュー。(白)


ゲームの世界に入り込んでしまった主人公たちはゲームを攻略しないと現実世界に戻れない。しかし、そのゲームはいわゆるピコピコとするゲームではなく、体力勝負のアドベンチャー。主人公たちは身をもって経験することで、人間的にも成長するところがこの作品の魅力でもある。前作でスペンサーとマーサは恋人同士になったのだが、すき間風が吹き始めたところから本作はスタート。すれ違った気持ちは元に戻れるのか。
また、今回はスペンサーの祖父と彼の親友マイロも加わる。どうも過去に何か因縁があるらしい。仲直りしたいマイロと頑なな祖父。果たしてこの2人の関係はどうなるのか。恋物語もいいが、やはりこの親友の話の方が身近に感じられる。マイロが心情を吐露する場面はぐっときた。私もマイロのように思える人生が送りたい。(堀)


2019年/アメリカ/カラー/シネスコ/123分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
©2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

公式サイト:http://jumanji.jp
公式Twitter:https://twitter.com/JumanjiJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/JumanjiJP/ #ジュマンジhttps://www.jumanji.jp

★2019年12月13日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください