2019年11月24日

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(原題:Nicky Larson et le parfum de Cupidon)

city hunter.jpg

監督・脚本:フィリップ・ラショー
原作:北条司
出演:フィリップ・ラショー(リョウ/ニッキー・ラルソン)
エロディ・フォンタン(カオリ/ローラ・マルコーニ)
タレク・ブダリ(パンチョ)
ジュリアン・アルッティ(ジルベール・スキッピー)
ディディエ・ブルドン(ドミニク・ルテリエ)
カメル・ゴンフー(ファルコン/マンモス)
ラファエル・ペルソナス(ヒデユキ/トニー・マルコーニ)

ボディガードと探偵を請け負うシティハンターことリョウは、凄腕だが女性にめっぽう弱いのが弱点。相棒のカオリにそれが元でたびたび天誅を受けている。ある日、二人に「キューピッドの香水」の奪回という珍しい以来が舞い込む。ただの香水ではなく、一度その香りを嗅ぐと虜になってしまうというもの。これが悪用されたら世界中を混乱させてしまうこと必至。奪還のタイムリミットは48時間。

監督・脚本・主演のフィリップ・ラショーはフランスの人気コメディ俳優。小学生のころから原作の「シティハンター」の大ファンだったそうです。権利元の北条司の事務所へ映画化を切望する手紙を企画やプロットと共に送り、次に脚本を書き上げて自ら来日し、許諾を得たのだとか。フランスでのアニメ版では冴羽獠はニッキー・ラルソン、相棒の槇村香はローラ。実写版はその設定のままなので、原題は『Nicky Larson et le parfum de Cupidon』、「ニッキー・ラルソンとキューピッドの香水」になっています。原作に忠実なことを第一に作られたのは、チラシを見てのとおり。フィリップ・ラショーが冴羽獠の雰囲気をよく伝えています。
テレビアニメを見ていたのは30年以上前になりますが、主題歌の「Get Wild」が耳に残っています。日本語吹替の冴羽獠は軽妙洒脱な山寺宏一さん。(白)


2019年/フランス/カラー/シネスコ/93分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
http://cityhunter-themovie.com/
★2019年11月29日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 12:03| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください