2019年10月20日

アダムズ・アップル(原題:Adam's Apples)

adams apple.jpg

監督・脚本:アナス・トマス・イェンセン
撮影:セバスチャン・ブレンコフ
音楽:イエッペ・コース
出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリク・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)、ニコラス・ブロ(グナー)、アリ・カジム(カリド)

スキンヘッドの男がバスから降り立った。刑務所から仮釈放で出てきたばかりのアダムは、がちがちのネオナチ。田舎の1本道を迎えに来たのは、アダムの更生プログラムを請け負った聖職者のイヴァン。アダムは神など信じていないが、とりあえずプログラムをこなさねばならない。イヴァンから「目標」を聞かれて「庭のリンゴでアップルケーキを作る」と答えておいた。教会にはメタボのグナー、移民のカリドという二人の「先輩」がいた。教会には妊娠したけれど、子どもに障がいがあるかもと医師に言われて産むかどうか悩むサラがやってきた。
アダムがアップルケーキを作ろうとするたびに何かの邪魔が入り、最初の目標をクリアすることができない。

マッツ・ミケルセンを認識したのは『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)、6代目ジェームズ・ボンドとなったダニエル・クレイグに注目が集まっていましたが、敵対するル・シッフル役のマッツ・ミケルセンに何者?と思ったのでした。スザンネ・ビア監督で主演の『アフター・ウェディング』は見逃し、『誰がため』(2008)で魅了されました。2013年の本誌87号では続いて公開された『偽りなき者』『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』を紹介しました。この作品はそのずっと前の2005年の作品。まだ40そこそこのマッツ・ミケルセンが懐の深い、しかしいわくありげな聖職者として主演しています。試写の前に配給の方が「この作品が好きで好きで」とおっしゃっていましたが、んー、なんか頷けます。
原題の「アダムのリンゴ」は、禁断の果実を口にしてしまったため、楽園から追放されるアダムとイヴを思い出させますし、作品中でページが開かれる聖書の「ヨブ記」はサタンに信義を試されるヨブの話です。ストーリーはそれを下敷きにして、ブラックユーモアと皮肉と愛情が詰めこまれています。観た後ずっと忘れられない作品でした。(白)


2005年/デンマーク、ドイツ/カラー/シネスコ/94分
配給:アダムズ・アップルLLP
https://www.adamsapples-movie.com/
★2019年10月19日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 11:00| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください