2019年08月11日

無限ファンデーション

mugenposter.jpg

監督:大崎章
撮影:猪本雅三
録音:伊藤裕規
照明:松隈信一
音楽・主題歌:西山小雨
出演:南沙良(未来)、西山小雨 (小雨)、原菜乃華(ナノカ)、小野花梨(百合)、近藤笑菜(笑菜)、日高七海(千明)、池田朱那(亜子)、佐藤蓮(智也)、嶺豪一(担任・滝本)、片岡礼子(未来の母・今日子)

人付き合いの苦手な女子高生未来(みらい)は、数学の補講中も洋服の絵を描いてしまう。夢は服飾デザイナーになることだけれど、誰にも話したことはない。演劇部のナノカが未来の絵を見て、衣装担当にと強引に誘う。帰り道、リサイクル施設の中から歌声が聞こえてきた。音楽にひかれて入っていった未来は、ウクレレを弾いていたお下げの少女小雨と出会う。
演劇部の活動と小雨との会話、未来の毎日はこれまでと違ってきた。

骨子だけ決めて、全編出演者の即興演技で作られた作品です。引っ込み思案だった未来が不思議少女の小雨に心を開いていくようす。演劇部員たちの丁々発止のやりとり。これが即興とはねえ、と見入りました。『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』ほか活躍中の南沙良さんほか、女子高生たちが生き生きしています。『お盆の弟』の大崎章監督がたくさんの少女たちを相手にどんな風に采配をふるったのかしら?と興味津々で取材を申し込みました。
そしてこの映画製作のきっかけとなったシンガーソングライターの小雨さん、ライブ中心の活動だそうで、この作品で初めて歌声を聞き、妖精かエルフか?な、その空気感に魅了されて、これまた取材を切望。運よくお二人そろっての取材が実現しました。絶賛編集中です。「MOOSIC LAB」の2018年度長編部門で女優賞(南沙良)、ベストミュージシャン賞(西山小雨)を受賞しました。MVの予定が長編映画になり、こうして上映の日を迎えることができ、最初の予定だったMVも完成しました。おめでとうございます。(白)


mugen1.jpg

夢や希望がきらきらと飛び交う高校時代。強く主張する子がいれば、遠慮がちな子もいる。叫んで、泣いて、諦めて。それでも立ち上がって進むことでかけがえのないものを手に入れる。
全編即興で撮られ、セリフはその場のリアルな感情そのものだった。特に、ナノカが映画のオーディションを優先して、演劇部の主役であるシンデレラを降りると言い出したときのほとばしるような感情の応酬。どちらの言い分もよくわかる。震えそう。青春は時に残酷な決断を強いる。
しかし、ナノカの立場になったら、どうすべきだったんだろう。正解はあるのだろうか。心の中に宿題のように残る。(堀)


予告編まで即興劇!(近藤笑菜さん&日高七海さん出演)こちら


2017年/日本/カラー/102分
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)2018「無限ファンデーション
https://mugenfoundation.com/
★2019年8月24日(土)K's cinema他全国順次公開
posted by shiraishi at 11:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください