2019年07月25日

風をつかまえた少年 原題:The Boy Who Harnessed the Wind

IMG_0290.JPG


監督・脚本・出演:キウェテル・イジョフォー
出演:マックスウェル・シンバ、アイサ・マイガ
原作:「風をつかまえた少年」ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー著(文藝春秋刊)

14歳のウィリアムは、2001年にアフリカのマラウイを襲った干ばつのために学費を払えず、学校に行けなくなってしまう。彼は図書館で見つけたある本から、独学で発電のできる風車を作り畑に水を引くことを思いつくが、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく。

浅薄ながら、小国とはいえアフリカのマウアイ国についての知識は殆どなかった。電気を使えるのは総人口の僅か2%!21世紀になってもそのような生活を送る人々がいたことを本作で初めて知った。正に映画は「世界を開く窓」である。

主人公の父親として出演し、脚本、監督も手がけた英国の名優キウェテル・イジョフォーは監督デビュー作とは思えない洗練と成熟を見せている。長雨や日照りが続いても、族長と祈りを捧げ、超自然的な力にすがるしかない村人。生活に追われる大人たちは子どもに教育よりも働くことを優先するのが当然という風潮だ。
イジョフォー監督は最貧困国の厳しい現状を家族の動向、学費が払えない程の生計といった日常を丹念に描出することにより、映画の主訴を明らかにして行く。

終盤、樹々のさやぎや雲の流れから”風”を表現する映像の喚起力の素晴らしさに涙した。撮影監督はマイク・リー作品で知られるディック・ポープだと知り、納得。イジョフォー監督はスタッフ、出演者選びにも抜かりない眼力を示している。こういった地味な低予算の良作こそヒットしてほしいと願う。(幸)


ウィリアム・カムクワンバ氏が自身の体験を綴った原作に基づく映画。
飢饉から村を救おうと風力発電を考え出したのが、14歳の時だったということに何より驚いた。しかも、学費が払えなくて学校に通えなくなり、図書館で本を読み漁って考え出したのだ。
公開を前に来日されたウィリアム・カムクワンバ氏の姿をテレビで拝見した。現在、31歳。日本の中学生と交流。まさしく風力発電を考え出した時の年頃の中学生たち。自身の物語が映画化され、遠く日本でも上映されることに、感慨深げな表情だった。
日本の中学生たちも、彼から多大な影響を受けたことと思う。

商社に勤務していた時、その大半の24年間、経済協力部門で世界各国への政府開発援助(ODA)を利用した案件に携わってきた。サハラ以南のアフリカ諸国では、特に地下水開発や灌漑施設といった生活や農業に裨益する案件が目立った。一般市民の自立を促すのがODAの理念だが、国の末端まで行き渡るような援助は、果たしてできているのだろうか。権力を持つ者が結局潤っているのではないかと、つい危惧してしまう。願わくば、ウィリアム氏に続く人材が活躍できる社会になってほしい。(咲)


2018年/イギリス、マラウイ/英語、チェワ語/113分/シネマスコープ/カラー/5.1ch
© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC
提供:アスミック・エース、ロングライド 配給:ロングライド
公式サイト:https://longride.jp/kaze/
2019年8月2日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。



posted by yukie at 10:53| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください