2019年04月20日

誰がために憲法はある

tagatame.jpg

監督:井上淳一
「憲法くん」作:松元ヒロ 
製作:馬奈木厳太郎
撮影:蔦井孝洋、土屋隆史、高間賢治、向山英司
音楽:PANTA
出演:渡辺美佐子、高田敏江、寺田路恵、大原ますみ、岩本多代、日色ともゑ、長内美那子、柳川慶子、山口果林、大橋芳枝

女優の渡辺美佐子さんが「憲法くん」として語りかけます。「わたしがリストラされるって本当ですか?」

この映画に出会って、渡辺美佐子さんの「憲法くん」の語りを聞きましたら、すとんと胸にはいってきました。こんなに大事なことが書いてあったのだと、驚きました。元は芸人の松元ヒロさんが1997年から舞台で演じていた一人芝居です。わかりやすいことばで描かれた絵本(講談社刊)にもなっています。憲法前文は103条の条文の魂ともいえるものです。まずこの映画を観て聞いて、それから自分でも読んでみてください。

367162_01_02_02.jpg

渡辺美佐子さんは、小学校の同級生だった龍男くんが疎開先の広島で、8月6日に亡くなったことを知ります。戦後35年も経ってからのことです。1985年から「地人会」で原爆朗読劇に参加していた渡辺美佐子さんは、会の解散を惜しんで、2008年にお仲間の女優さんたちと「夏の会」を立ち上げました。毎年夏には鎮魂と平和を願って公演を続けてきましたが、メンバーが高齢となりこの夏が最後になるそうです。戦争を体験したメンバーの思いと公演のようすが映像に残ってほんとに良かった!(白)


擬人化された憲法が改変を危惧して語りかける。演じるのは渡辺美佐子。憲法は国民が国を縛るものだという。そうだったのか。縛られているのは国民かと思っていた。知っているようで知らない憲法を知るいい機会。さらに渡辺美佐子が女優仲間と続けてきた原爆の朗読劇についても取り上げた。渡辺美佐子を始め、女優たちの思いを映し出す。それを受け継いでいこうとする子どもたち。戦争という悲劇が二度と起こらないことを願う。(堀)

☆渡辺美佐子さん、井上淳一監督、松元ヒロさんのお話を伺うことができました。
インタビュー記事は本誌102号に掲載しています(ウェブ記事は少し後になります)。

2019年/日本/カラー/シネスコ/69 分
配給:太秦
(C)「誰がために憲法はある」製作運動体
http://www.tagatame-kenpou.com/
★2019年4月27日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 15:15| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください