2019年04月20日

愛がなんだ

aigananda.jpg

監督・脚本:今泉力哉
原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
主題歌:Homecomings
出演:岸井ゆきの(テルコ)、成田凌(マモル)、深川麻衣(葉子)、若葉竜也(ナカハラ)、江口のりこ(すみれ)

テルコは28歳のOL。編集者のマモルに出会って一目ぼれしてしまった。以来、マモルの電話を待ち続け、呼ばれたら何があっても最優先で飛んでいく。職場での評価はガタ落ち。そんなに大好きなのに、マモルの一番はテルコではなかった。親友の葉子はテルコの一途さに呆れている。葉子にはテルコと同じように自分を思い続けるナカハラがいたが、便利に使いまわすだけだった。

東京国際映画祭のコンペ作品で、昨年のうちに観ていました。はたから見ると相当イタイし、男にしてみれば「便利だけれど重い」テルコですが、誰かを好きになるってそんなものでしょう。残念なのは、ふたりが見ている方向が違うこと。たとえベッドインしようが、マモルにはテルコが思うほどの意味はありません。そして、マモルはテルコと真逆のすみれに恋してしまいます。
恋する人たちはみな切ない思いを抱えて右往左往。奔放な葉子にもそれなりの理由があり・・・同世代の男女にはあるある感満載のラブストーリー。俳優さんたちが憎らしくならないところがいいです。成田凌くんイケメン感漏れちゃうのが難かも。(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/123分
配給:エレファントハウス
(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
http://aigananda.com/
★2019年4月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 13:33| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください