2019年04月07日

『芳華-Youth-』 原題 芳華

劇場公開日 2019年4月12日

監督・製作:馮小剛(フォン・シャオガン)
脚本・原作:厳歌苓(ゲリン・ヤン)
製作:王中軍(ワン・チョンジュン)&王中磊(ワン・チョンレイ)
音楽:音楽:趙麟(チャオ・リン)
出演:黄軒(ホアン・シュエン):リウ・フォン
苗苗(ミャオ・ミャオ):ホー・シャオピン
鐘楚曦(チョン・チューシー):シャオ・スイツ
楊采鈺(ヤン・ツァイユー):リン・ディンディン
王天辰(ワン・ティエンチェン):チェン・ツァン
蘇岩(ヤン・スー):文工団分隊長
趙立新(チャオ・リーシン):文工団の政治委員

『狙った恋の落とし方』『戦場のレクイエム』『女帝エンペラー』『唐山大地震』『わたしは潘金蓮じゃない』など、ヒット作を監督し、映画出演作も多い馮小剛(フォン・シャオガン)監督の最新作。軍の歌劇団である文芸工作団(=文工団)に所属した監督自らの若き日の経験を、同じく若き日に文工団に所属したゲリン・ヤンの原作(『シュウシュウの季節』『妻への家路』)をもとに描いた作品。

1970年代~80年代の中国。軍所属で歌や踊りを披露し、兵士たちを時に慰め、鼓舞する役割をになう歌劇団・文工団に所属する若者たちの激動の時代に翻弄されながらもたくましく生きる青春の日々をつづった物語。
1976年、17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)はダンスの才能を認められ、夢と希望に溢れ入団するが周囲となじめないでいた。そんな彼女にとって唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だった。しかし、ある事件をきっかけにリウ・フォンは転属させられてしまい離れ離れになってしまった。
文革、毛沢東の死、中越戦争など、国を揺るがす事件が立て続けに起こり、時代の変化の中で文工団も解散に。激動の70~80 年代に、その時代の波に翻弄されながらも懸命に生きた若者たちを描く。そして何十年もたって、シャオピンとリウ・フォンは再びめぐり合う。
シャオピンを演じるのは苗苗(ミャオ・ミャオ)。彼女が想いを寄せるリウ・フォンを演じるのは『ブラインド・マッサージ』『空海-KU-KAI -美しき王妃の謎』の黄軒(ホアン・シュエン)。

今までいくつもの文工団を描いた中国映画を観てきたが、ここまで文工団の内部や生活を描いた作品はなかったような気がする。それにしてもダンス、歌、演奏、演劇など芸能に関係することに、こんなにたくさんの軍に所属する文工団団員がいるというのが驚きだった。それに入団したとたんに軍服(しかも自分の軍服ではなく、同室の人から黙って借りてしまった)を着た写真を撮って、その写真を親に送るという行為が最初に出てきて軍に所属するということがステイタスという、そういう文化もあるのだと知った。
主人公のシャオピンは、結局、文工団の中でダンスで生きていくことはできず、看護部門に移動し軍には所属を続けた。そういう中で中越戦争のシーンも出てきたのだろう。軍の娯楽部門に所属していたメンバーもそういう場から逃れられなかった。文工団に所属していたメンバーも、解散後、成功して金持ちになった人や、生活が苦しい人、時間の流れの中での変化が出てくるが、リウ・フォンも中越戦争で片手を失ってしまい傷害者として生き、生活が苦しい様子が描かれる。こういう中で二人は再び出会い、その後は一緒に生活してったのだろう。おだやかな日々を送れたのだろうか(暁)。

★第12回アジア・フィルム・アワード最優秀作品賞 受賞
2017年 製作国中国 配給アットエンタテインメント
posted by akemi at 20:32| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください