2019年04月06日

12か月の未来図   原題:Les grands esprits  英題:The Teacher

12kagetsu.jpg

監督・脚本:オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル
出演:ドゥニ・ポダリデス、レア・ドリュッケール

パリ。フランス最難関の名門アンリ4世高校の国語教師フランソワ・フーコー(ドゥニ・ポダリデス)。国民的作家である父の新刊サイン会の場で、美人がいるのを意識しながら、教育改革論を熱く語る。パリ郊外の問題校の生徒たちの学力を上げるには、ベテラン教師を派遣して新米教師を支援するのが解決策だと。彼が気に留めていた美人は、実は国民教育省で教育困難校を担当している女性だった。フランソワは、国民教育省からパリ郊外のバルバラ中学校で1年間教鞭をとってほしいと依頼される。断るわけにもいかず、しぶしぶ荒れ果てた場所にある学校に赴く。そこでは、貧困層や移民の子どもたちが学んでいて、フランス語がおぼつかない生徒もいた・・・

身から出た錆で、自身が教育困難校に派遣される羽目になったエリート教師フランソワ。勉強する気のない生徒たちに、問題児は退学させればいいという教師たち。途方に暮れる中、フランソワは生徒たちに「レ・ミゼラブル」を全編読ませたいと思い立ちます。もちろん、すんなりと子どもたちが学ぶ気になるはずもなく、問題山積み。それでも、徐々に勉強に興味を持ち始めます。
思春期の子どもたちにとって、資質の良い教師がいかに必要かを感じさせてくれます。
私自身、小学校から大学までの間に出会えた数名の先生が、今の私を作ってくれたと確信しています。
家庭環境や子ども自身に問題があっても、教師次第で解決できることを、本作は教えてくれます。そして、良き教師を育てるのは?? (咲)


2017年/フランス/107分/シネマスコープ/カラー
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://12months-miraizu.com/
★2019年4月6日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!




posted by sakiko at 11:07| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください