2019年03月08日

家族のレシピ  原題:RAMEN TEH

2019年3月9日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
家族のレシピ ポスター&ちらし表.jpg
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale

シンガポール・日本・フランス合作
監督:エリック・クー(シンガポール)
製作:Wild Orange Artists、Zhao Wei Films、Comme des Cinemas、Version Originale
プロデューサー:橘 豊、フォンチェン・タン、ジュシアン・ハン、澤田正道、エリック・ル・ボット
脚本:ウォン・キム・ホー
料理監修:竹田敬介
スチール:レスリー・キー
主題歌:シシド・カフカ「Hold my Hand」

キャスト
斎藤工:主人公真人
マーク・リー:メイリアンの弟ウィー
ジネット・アウ:真人の母メイリアン
伊原剛志:真人の父和夫
別所哲也:和夫の弟の明男
ビートリス・チャン:真人の祖母マダム・リー
松田聖子:シンガポールのフードブロガー美樹

『家族のレシピ』sub2.jpg.jpg
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale 

「美味しい」 その一言が、時と国境を超え、家族をつなぐ--
日本からシンガポールへ、父と母が遺した「味」をたどる旅

2016年のシンガポールと日本の外交関係樹立50周年を記念し作られた映画。

「世界中の家族にその家族の味がある。一口食べれば記憶が蘇り、家族や故郷につながることができる」と、エリック・クー監督が日本のラーメンとシンガポールのパクテー(肉骨茶)をモチーフに、ソウルフードが離れ離れになっていた家族を結びつける映画を作った。

群馬県高崎市で行列ができるラーメン屋を営む店主の和男(伊原剛志)と、その弟の明男(別所哲也)、そして和男の息子真人(斎藤工)。和男は店が終わると一人酒を飲みに行き、真人は自宅台所で、あるレシピを再現しようとスープ作りをしている。真人が再現したかったのはシンガポール料理の味。それに一役かっているのが、シンガポールで暮らしながらフードブロガーをやっている美樹。同じ家、仕事場にいながら父と息子の間に会話がなく、そんな生活が長年続いていた。そして翌日、和男は急死してしまった。
そして真人は、父の遺品の中に亡くなった母メイリアンの日記をみつけた。母はシンガポール人で、和男とシンガポールで出会い結婚し、真人は10歳までシンガポールに住んでいた。母の弟からの手紙をみつけた真人はシンガポールへと旅立ち、美樹の協力で叔父と再会。母方の祖母に会ったことがない真人は、なぜ祖母が会ってくれないのかを知りたいと思った。
シンガポールは太平洋戦争中、日本軍が占領し「昭南島」と呼んでいた。祖母は自分の父親が日本兵に殺されていたので、娘の結婚を受け入れられなかったのだった。真人はシンガポールと日本の間の歴史を知るためシンガポールの戦争博物館に行き、日本軍の蛮行を知った。ここはかつてフォードの工場があったところで、激戦地だった。この博物館がリニューアルされた時、政府が「昭南ギャラリー」という名前に変えようとして、市民から生存者への配慮にかけるとして猛烈な反発をくらい、その名前は見送られたそう。このこともあり、受け入れること、赦すこと、和解することについて描いた、この作品は作られた。
祖母と真人の和解は難しく思われたけど、真人は祖母のために心を込めてラーメンを作り、そのラーメンを食べた祖母の心はほぐれていった。
監督は長編アニメ「TATSUMI マンガに革命を起こした男」を手がけたエリック・クー。
真人は忘れかけていた過去を埋めるためシンガポールへと旅立ち、シンガポール在住のフードブロガー・美樹のサポートで、肉骨茶(パクテー)の店を営む叔父と再会を果たしたが、これまで知ることのなかった家族の歴史と向き合うことになった。そして、自分が作ったラーメンで祖母との和解を果たした。けっこう泣ける話だった。

戦争中、日本軍の占領下にあったという事を知る日本人はほとんどいないが、日本人としては知るべきことだと思った。そして、ピースボートの船で世界一周する途中、シンガポールに立ち寄った時、「昭南島の歴史を知る」というオプショナルツアーを選び、この真人(斉藤工)が行った「戦争博物館」=「フォード工場跡」にも立ち寄った。ここは日本軍とイギリス軍との激戦地だったところで、日本軍が占領した時の調印式の写真などもあった。この昭南島の歴史を知るオプショナルツアーでは市街地にある日本人墓地なども訪ねたが、ここには1000人近い日本人の墓があり、かつてのからゆき(唐行)さんの朽ち果てた墓もあった。また日本軍によって殺されたシンガポールの人たちを弔う血債の塔への参拝も行った。普通の観光旅行では、そういう経験はできないと思うので貴重な経験だった(暁)。


DSCN8163補正トリ.jpg
日本人墓地内 からゆきさんの墓があるという一角

DSCN8176補正.jpg
日本軍が占領した時の調印式の写真(旧フォード工場内 戦争博物館にて)

DSCN8220補正.jpg

DSCN8210補正.jpg
日本占領時期死難人民記念碑 血債の塔

特別協力:高崎市、公益財団法人高崎財団、高崎映画祭、高崎フィルム・コミッション
協力:一般社団法人高崎観光協会、株式会社ラジオ高崎、株式会社トスコム、株式会社アンテナ

日本語・英語・中国語/DCP/カラ―/ビスタ/89分/
配給:エレファントハウス/ニッポン放送
宣伝協力:イオンエンターテインメント
宣伝:マジックアワー
製作年 2017年
公式サイト
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください