2019年03月01日

サッドヒルを掘り返せ  英題:Sad Hill Unearthed

sadhill.jpg

監督・製作・撮影・編集:ギレルモ・デ・オリベイラ
出演:エンニオ・モリコーネ、クリント・イーストウッド、クリストファー・フレイリング、アレックス・デ・ラ・イグレシア、ジェイムズ・ヘットフィールド、ジョー・ダンテ、エウヘニオ・アラビソ、セルジオ・サルヴァティほか

スペイン、マドリードの北方約250キロ、カスティーリャ・イ・レオン州の中心都市ブルゴス郊外のミランディージャ渓谷。1966年、ここにスペイン軍によって、5000基の墓碑が建てられたが、そこには一つの遺体も埋葬されてなかった・・・

実は、ここはマカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン』(セルジオ・レオーネ監督/ 1966年)のラスト、エンニオ・モリコーネの曲「黄金のエクスタシー」が流れる中、3人の決闘が繰り広げられたサッドヒル墓地。撮影のために作られた円形の巨大な墓地は、その後、放置され草に埋もれていた。あれから50年近くの時を経て、2014年、地元の4人の男性が「サッドヒル文化連盟」を立ち上げ、墓地の復元に乗り出す。教師、バーテンダー、宝くじ売り、民宿の主人と、職業も違う4人の動きは、瞬く間に『続・夕陽のガンマン』の熱狂的なファンの耳に届き、土日になるとヨーロッパなど各地から自主的に人が集まり、サッドヒルを掘りこした。そうして復元された墓地で、2016年、撮影50周年を記念して、決闘シーンが再現された。

本作は、偶然「サッドヒル文化連盟」の動きを知った監督が、彼らが州政府から許可を貰って掘り始める前から現地で取材。4人のメンバーのほか、主役のクリント・イーストウッド、音楽を担当したエンニオ・モリコーネ、「黄金のエクスタシー」をコンサートの最初に必ず演奏するヘヴィメタル・バンド「メタリカ」のジェイムズ・ヘットフィールドなどにインタビュー。また、撮影に携わった人、地元でエキストラを務めた人などにも当時のことを聞いていて、撮影秘話が満載。中でも、スペイン軍が作った橋は、撮影タイミングを間違えて爆破してしまい、またすぐ作り直したという話に大笑い。(軍がそれだけ暇だったのは平和の証拠!) 
『続・夕陽のガンマン』は、テレビでなんとなく観たくらいの記憶しかない私ですが、2年前の東京国際映画祭で偶然本作を観て、サッドヒルを掘り起こす男たちにすっかり惚れこんだのでした。という次第で、『続・夕陽のガンマン』を観ていなくても、充分に楽しめます。(咲)


『続・夕陽のガンマン』
1966年イタリア・スペイン・西ドイツ合作。セルジオ・レオーネ監督作品。日本での劇場公開時(1967)の題名は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』。
英語題名は『The Good, the Bad and the Ugly』(「いいヤツ、悪いヤツ、ひどいヤツ」。
韓国映画『グッド・バッド・ウィアード』(キム・ジウン監督/2008年)は、『続・夕陽のガンマン』にインスパイアされて作られたものだったのですね。

(咲)さんと同じく、2年前の映画祭で観ました。この”ロケ地を探し出す”という情熱にいたく共感、香港映画にはまってロケ地を見つけたときの喜びが甦りました。画面の隅に見える看板や建物を当地で確認できたからといって、興味のない人には「それがどうした」なのですが、ファンには嬉しいのです。うふふ。(白)



2017年・第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品

2017年/スペイン/英語・スペイン語・イタリア語・フランス語/86分
協力:東京国際映画祭 
提供:東北新社  
配給:ハーク STAR CHANNEL MOVIES
© Zapruder Pictures 2017
公式サイト:http://hark3.com/sadhill/
★2019年3月8日(金)より、シネマカリテほか全国順次ロードショー!
posted by sakiko at 20:30| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください