2019年02月14日

ちえりとチェリー

chieri cherry.jpg

原作・監督:中村誠 
脚本:島田満、中村誠 
キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 
音楽:大谷幸 
主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY)
声の出演:高森奈津美、星野源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン)、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか

ちえりは小学6年生の女の子。小さい時にお父さんを亡くし、お母さんと二人暮らし。お母さんは仕事に忙しくて、ちえりをかまってくれない。ちえりの唯一の話し相手は、お父さんのお葬式の時に蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”だった。ちえりは、いつもチェリーと一緒!
ある日、ちえりはお父さんの法事のため、久しぶりにお祖母さんの家に行く。そこで、ちえりを待ち受けているものとは・・・  
空想と現実の狭間で繰り広げられる不思議な冒険物語。

ちえりは、ぬいぐるみのチェリーをお父さんのように思って、語りかけます。そして、それにチェリーもこたえてくれる!
突然、親を亡くしてしまった幼い子どもたちに、なんとか元気になってほしいという思いで、中村誠監督が放った人形アニメーション。
東日本大震災で、近しい人を亡くした子どもたちのことが念頭にあったといいます。命の大切さと向き合い、未来に向けて歩み出してほしいという思いが込められています。
大人の私たちも、くよくよしていちゃいけない、前に向かって歩まなければと、元気を貰える一作です。(咲)


‟チェリー″のキャラクターデザインをオリジナル版「チェブラーシカ」の生みの親でもある、ロシアニメ界の巨匠 レオニード・シュワルツマンが担当しています。
◆ 『チェブラーシカ 動物園に行く』同時上映
(動物たちが、毎日、動物園に出勤するという、なんとも可愛い映画です。)

☆初日舞台挨拶
会場:イオンシネマシアタス調布
日時:2月15日(金) 19:00~の上映回 (上映開始前に舞台挨拶。約20分)
登壇者:高森奈津美さん(ちえり役)、チェブラーシカ、中村誠さん(監督)

2015年/日本/72分
製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 
配給:フロンティアワークス 配給協力:イオンエンターテイメント 
Ⓒ「ちえりとチェリー」製作委員会
公式サイト:http://www.chieriandcherry.com/
★2019年2月15日(金)より全国のイオンシネマにて2週間限定ロードショー!(一部劇場を除く)
posted by sakiko at 22:35| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください