2019年02月01日

がんになる前に知っておくこと

ganninaru.jpg

監督・撮影・編集:三宅流
企画・プロデューサー:上原拓治
ナビゲーター:鳴神綾香出演:若尾文彦、勝俣範之、山内英子、唐澤久美子、有賀悦子、大野智、近藤まゆみ、橋本久美子、山口ひとみ、土井卓子、秋山正子、岩城典子、塩崎良子、岸田徹、鈴木美穂

がんについての正しい情報はどこで得られるのか。がんの治療法にはどのようなものがあり、どう選べばいいのか。身体や心の痛みはどうしたら軽減できるのか。そして、がんになった時、人は何を感じ、想い、どのように生きていけるのか…。
検診で「乳がんの疑いあり」と判定された経験をもつ若手女優、鳴神綾香をナビゲーターに迎え、がん治療を専門としている腫瘍内科医、外科医、放射線腫瘍医をはじめとした医療従事者や、がんサバイバーなど15人との対話を通して、がんについての基本的な知識を一から学ぶドキュメンタリー。

この映画は、上原プロデューサーの義妹さんががんになったことがきっかけでできたのだそうです。身近な人がかかって初めてその病気へ関心を持ち、何も知らなかったことに気づくのは私自身も経験しました。祖父、実父、叔父叔母・・・親戚の何人もが、がんで亡くなりました。先に逝ってしまった年下の友人もそうです。そして何人もが今治療中です。たくさん見てきてわかったのは、当たり前だけれど「一人ずつみな違うので、その人に合った治療と生き方を選ぶ」ということでした。昔と違って、本人への告知やほかの医師の意見を聞く(セカンドオピニオン)こともできます。いくつもの選択肢があること、その相談もできること、をまず知ってください。
2日の朝日新聞beに、ちょうどこの映画に登場した秋山正子さん(マギーズ東京センター長)の記事がありました。マギーズ東京は豊洲に2016年、その前2011年に開設した「暮らしの保健室」は全国50箇所に。保健室のような相談窓口だそうです。(白)


2人に1人はがんに罹る時代。医療は進んでいる。「がん=死。抗がん剤治療は副作用が強く、髪が抜け、吐き気が酷い」という認識は30年くらい古いものだという。緩和ケアもがんの末期になり、医療では何もできなくなったときに受けるものではなく、抗がん剤治療と同時に始めて、副作用を乗り切って、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=人生の質)を下げないことを目指すものだそうだ。また、医療関係者だけでなく、がんサバイバーの方の話も出てくるが、退院後のQOLを考えるにあたって、「なるほど」うことばかり。がんに罹ったら諦めて死を待つのではなく、きちんとした情報を集めて対処すれば治る。治った後の生活もQOLを下げなくていい。正確な医療情報を見極めるためにも、この作品でがんについて知っておくことは、自分や家族のために重要なことである。(堀)

2018年/日本/カラー/シネスコ/108分
配給:上原商店
(c)2018 uehara-shouten
http://ganninarumaeni.com/
★2019年2月2日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開
posted by shiraishi at 09:52| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください