2019年02月01日

ともしび(原題Hannah)

tomosibi.jpg

監督・脚本:アンドレア・パラオロ
撮影:チェイス・アーヴィン
出演:シャーロット・ランプリング(アンナ)、アンドレ・ウィルム(アンナの夫)、ステファニー・バン・ビーブ(エレーヌ)、シモン・ビショップ(二コラ)、ファトゥ・トラオレ(演技の先生)

アンナは夫と二人つつましく暮らしている。毎日食事を作り、演劇クラスと水泳を楽しみ、富裕な家族の家政婦の仕事に出かける。ずっと続くかと思われた平穏な日々が、突然夫が逮捕されたことによって破られてしまう。アンナのこれまでの日常に少しずつ狂いが生じ、楽しみも一つずつ奪われていく。ある日、階上の家の水漏れで、天井を修理することになった。大きな戸棚を移動して、その裏側に夫が隠した写真を見つけてしまった。夫の罪の証拠となるものだった。

『まぼろし』(2001)『さざなみ』(2015)とひらがな4文字の作品が続いたシャーロット・ランプリング。作品はどれも長く連れ添った夫婦についてのドラマです。夫役のアンドレ・ウィルムは『ル・ア-ヴルの靴みがき』(2011)の男優さん。アンドレア・パラオロ監督はこれが長編2作目の方です。若いのに、どうして老夫婦の機微をこんな風にとらえることができるのでしょう?
容赦なくアップになるのに抗わず、年取った身体もさらすシャーロット・ランプリング。カッコよく年を取っていく女優さんだなぁと毎回感じ入っています。入れ歯を外して演技した樹木希林さんが思い出されました。
どのシーンも台詞が少なく、雄弁に物語っているのは彼女の表情。孤独と絶望の中でかすかなともしびを見い出せるのか?この人がいてこその作品でした。落ち着いた色合いの撮影が美しい本作で、ところどころに花や風船の明るいさし色が入ります。シャーロット・ランプリングの着こなしが素敵で、セーターに小さなアクセサリー、地味な色のコートに色とりどりのスカーフが合わせてありました。それも見どころ。(白)


2017年/フランス・イタリア・ベルギー/カラー/シネスコ/93分
配給:彩プロ
2017 (C) Partner Media Investment - Left Field Ventures - Good Fortune Films
http://tomoshibi.ayapro.ne.jp/
★2019年2月2日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 09:28| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください