2024年07月08日

ある一生(原題:Ein ganzes Leben)

aru1syou.jpg

監督:ハンス・シュタインビッヒラー
脚本:ウルリッヒ・リマー
原作:ローベルト・ゼーターラー「ある一生」(新潮クレスト・ブックス)
撮影:アルミン・フランゼン
出演:シュテファン・ゴルスキー(青年期)/アウグスト・ツィルナー(老年期)/イヴァン・グスタフィク(少年期)(アンドレアス・エッガー)、アンドレアス・ルスト(クランツシュトッカー)、マリアンヌ・ゼーゲブレヒト(アーンル)、ユリア・フランツ・リヒター(マリー)

1900年頃のオーストリア・アルプス。孤児の少年アンドレアス・エッガーは、渓谷で農場を営む遠い親戚クランツシュトッカーに引き取られた。酷薄な農場主にとっては、アンドレアスはこき使える働き手に過ぎず、ほかの子供たちと一緒に食卓につくことも許さなかった。少しのミスで、アンドレアスは厳しい折檻を受けるのが常。声を上げず泣きもしないのが、ますますクランツシュトッカーを怒らせた。アンドレアスを支えたのは、老婆のアーンルの存在だった。
青年となったアンドレアスは、アーンルが亡くなるとすぐに農場を出て日雇い労働者として働いた。渓谷には観光客を運び、電気をもたらすロープウェイが建設されることになった。作業員となったアンドレアスはマリーと出会い、ぎこちない付き合いの末結婚する。渓谷を見渡せる山小屋で始まった結婚生活は、幸せに満ちていたが途中で断ち切られてしまう。

苦労の絶えなかったアンドレアス・エッガーを3人の俳優が演じ、それぞれに印象的です。子どものころに木の枝で折檻されて、足の骨が折れる場面がありました。子どもを骨折するほど叩くって、同じ目に遭わせたくなります(こらこら)。そのため骨が変形してアンドレアスは足を引きずるようになりました。それでも力仕事のできる逞しい青年に成長し、一人で暮らしていけるようになります。
子どものころの暮らしのせいか、口数が少なく朴訥なアンドレアスの人生に光がさしたのはマリーと出会ってから。短い間でも良かったねぇ、と言いたくなります。兵隊に志願しても足が悪いからと却下されたのに、戦争も後半になると兵隊が足りなくなり召集令状がきます。冬山でロシア兵の捕虜となってしまい、シベリアの収容所に送られ、終戦後何年もたってから解放されます。アルプスに戻って山々を見渡したアンドレアスの脳裏を懐かしい日々がよぎって行きます。美辞麗句を排した原作と同じく、無口なアンドレアスの心情の説明はなくとも彼の眼に映る風景が雄弁です。
子どものころの彼を庇ってくれたアーンリお婆さんを演じたのは、『バクダッド・カフェ』(1989年日本公開)のころはふくよかだったマリアンヌ・ゼーゲブレヒト(1945年生)でした。
ローベルト・ゼーターラーのこの小説は、貧しく、困難な日々であっても生きることをあきらめなかった無名な男の一生を淡々と描いて、多くの人々の共感を呼びました。世界40カ国以上で翻訳され160万部以上発行、ブッカー賞最終候補にもなりました。
同じ著者の映画化作品に2020年に公開された『17歳のウィーン フロイト教授人生レッスン』。こちらの原作は「キオスク」(東宣出版/酒寄進一 訳)。「ある一生」と一緒に図書館から借りて、読み始めてすぐ映画を思い出しました。(白)


2023年/ドイツ=オーストリア映画/カラー/ドイツ語/115分/シネスコサイズ
https://www.awholelife-movie.com/
配給:アットエンタテインメント
(C)2023 EPO Film Wien/ TOBIS Filmproduktion Munchen
https://awholelife-movie.com/
後援:ゲーテ・インスティトゥート東京
★2024年7月12日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

posted by shiraishi at 09:16| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月07日

お母さんが一緒

okaasan.jpg

監督・脚色:橋口亮輔
原作・脚本:ペヤンヌマキ
撮影:上野彰吾
音楽:平井真美子
出演:江口のりこ(長女・弥生)、内田慈(次女・愛美)、古川琴音(三女・清美)、青山フォール勝ち〈ネルソンズ〉(清美の彼氏・タカヒロ)

親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた三姉妹。長女の弥生は妹たちのように可愛いといわれなかったコンプレックスがある。母の期待に応えて成績を上げ、いい大学にいい会社に入った。次女の愛美は優等生の長女といつも比べられて、頑張っても認めてもらえず姉とは犬猿の仲だ。三女の清美は、姉二人を見て育ち今は母と二人で暮らしている。母親の口から出るのはいつも欠点をあげつらう否定の言葉ばかり。三人は父親の悪口もさんざん聞かされてきた。
三人に共通しているのは「母親みたいな人生を送りたくない」ということ。それでも誕生日を迎える母のために温泉宿を予約してきたのだった。迎えの車が上り坂でエンストし、汗だくで押すという始まりがすでに不穏だ。母親の愚痴は止まらず、姉妹喧嘩もエスカレートしていく。

舞台劇を映画化するにあたって、橋口亮輔監督が脚色。舞台版で次女役だった内田慈さんが続投です。姉妹あるあるなセリフに、共感の連続でした。当人たちは真剣なのですが、はたから見ると滑稽なことがよくわかります。三人いると、2:1に分かれてしまいがちで、同じ三姉妹で育った私(次女)もいろいろと思い出しました。
末娘の清美がめんどくさい母親と同居しているので、お姉ちゃんたちは感謝とともに妹を気遣っています。弥生と愛美は未婚ですが、清美は結婚したい相手・タカヒロをサプライズで会わせようと思っていました。せっかく温泉に来たのに、姉妹喧嘩のとばっちりで、温泉にも入れずご馳走もお預けのタカヒロに同情してしまいます。気のいいタカヒロが、三姉妹の潤滑油になる役回り。外から人が入ることでこの「家族」もうまく回っていく気がしました。笑っているうちに、心がじんわり温まる温泉のような作品。(白)


2024年/日本/カラー/106分/G
配給:クロックワークス
(C)2024 松竹ブロードキャスティング
https://www.okaasan-movie.com/#modal
★2024年7月12日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

posted by shiraishi at 13:02| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレオの夏休み  原題:Àma Gloria

creo.jpg
(C)2023 LILIES FILMS

監督:マリー・アマシュケリ
出演:ルイーズ・モーロワ=パンザニ、イルサ・モレノ・ゼーゴ

乳母を訪ねて、幼いクレオはパリからアフリカの島国カーボベルデに一人旅

父親とパリで暮らす6歳のクレオ。いつもそばにいてくれるナニー(乳母)のグロリアが大好き。ある日、グロリアから「お母さんが亡くなって、お葬式で故郷に帰ることになったの」と聞かされる。しかも、もうパリには戻らないという。突然の別れに戸惑うクレオ。グロリアはクレオの父に、「遊びに来させて」と言い残す。そして夏休み、クレオは一人で飛行機に乗って彼女のもとへ行く・・・

マリー・アマシュケリ監督は、1979年7月16日生まれのジョージア系フランス人。幼い頃にナニーの女性に育てられた経験を、彼女への感謝の気持ちを込めて物語にしようと思い立ったのが本作のきっかけ。映画の最後に、ナニーのLaurinda Pereira Coareiaさんのお名前が記されてました。
ナニーの故郷をアフリカの島国カーボベルデにしたのは、本作のリサーチでナニーの女性たちと会って話をしていた中で出会い、グロリア役として出演を依頼することになったイルサ・モレノ・ゼーゴさんが、カーボベルデ出身だったことから。西アフリカの沿岸にある火山のある島国です。
昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭と東京フィルメックスで上映された『火の娘たち』(監督:ペドロ・コスタ、ポルトガル/2023年)の舞台になっているのがカーボベルデです、

グロリアには、年頃を迎えた娘(妊娠している!)と、まだ10歳位の息子がいて、出稼ぎ中は自分の母親に子供たちの面倒をみてもらっていました。息子は、グロリアのことを母親と認めず、我が子のように接するクレオを妬ましく思うのです。
クレオの母親はなぜいないの?の疑問は、グロリアとの会話の中で出てきました。
幼くして母を亡くしたクレオにとって、ずっと一緒にいてくれたグロリアは母のような存在。グロリアが我が子に少しでも良い生活をさせようと、出稼ぎに出なくてはならなかったことを思うと複雑な気持ちになりました。
クレオを演じたルイーズ・モーロワ=パンザニは、撮影当時5歳半。パリの公園で遊んでいたところを見出され、本作が演技初挑戦。可愛いだけじゃない、なかなかの少女です。
時折アニメーションが挟み込まれるのですが、その時々のクレオの気持ちを表すような色使いで、とても素敵です。(咲)



2023年カンヌ国際映画祭 批評家週間 オープニング作品

2023年/フランス/フランス語、カーボベルデ・クレオール語/83分/カラー/1.42:1/5.1ch
日本語字幕:星加久実
配給:トランスフォーマー
公式サイト:https://transformer.co.jp/m/cleo/
★2024年7月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほかにて全国公開




posted by sakiko at 04:38| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大いなる不在   Great Absence

ooinarufuzai.jpg
(C)2023 CREATPS

監督:近浦啓
出演:森山未來、真木よう子、原日出子、藤竜也

俳優の遠山卓(たかし)は、ある日、劇団のワークショップを終えると父・暘二が警察に捕まったと連絡を受ける。小さい頃に自分と母を捨てた父は、再婚して北九州で暮らしていた。かつて大学教授だった父は認知症を患っており、施設で保護されているという。
妻の夕希と共に北九州に降り立ち、施設に向かうが、今は会えないといわれる。父の家に行くと、中は荒れ放題で、一緒に暮らしていたはずの義理の母は携帯電話を置いたままいなくなっていた・・・

冒頭、閑静な住宅街に潜む機動隊員たち。「遠山」の表札の一軒家に踏み込もうとした時、玄関のドアが開き、藤竜也さん演じる男が現れます。一体、何の事件? 
最後に事の真相が明かされるのですが、グッと引き付けられる幕開け。

施設の職員から、「お父さんの食べ物のアレルギーは?」と聞かれるのですが、もう30年も前に家を出た父のことを卓はわかりません。5年前に、25年ぶりに父に会いに行ったことがあって、卓は再婚相手にも会っています。ぞの彼女は行方不明。
卓は、手がかりはないかと家の中を探します。施設の職員からは、父が大事に持っていた鞄を手渡されます。その中には父の人生を示す重要な手がかりが・・・ 
両親のことを子は知っているようで、知らないことの方が多いのではないでしょうか。
離婚して長い間離れて暮らしていてはなおさらです。
卓が父の再婚相手がいる場所はあそこに違いない!と、電車で向かいます。窓の外の風景はどうやら有明海のよう。降り立った駅は、熊本県の網田(おうだ)駅。とても雰囲気のある駅です。監督が海辺のシーンを撮るのに適した絶景スポットをグーグルマップで探し出したのが、この近くの宇土市住吉町の長部田海床路。ぜひ行ってみたい素敵なところです。
藤竜也さんは、認知症を患った老人役でも、やっぱり渋くて素敵。第71回サン・セバスティアン国際映画祭で日本人初となる最優秀俳優賞を受賞されました。(咲)



第67回サンフランシスコ国際映画祭
“最高賞”【グローバル・ビジョンアワード】受賞

2023年/日本/カラー/アメリカンビスタ/5.1chデジタル/133分/G
製作・制作プロダクション:クレイテプス
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/greatabsence/
★2024年7月12日(金)テアトル新宿、TOHOシネマズシャンテ他 全国順次公開.



posted by sakiko at 03:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

密輸1970   原題:密輸 밀수 英題:Smugglers

mitsuyu.jpg
(C)2023 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

監督:リュ・スンワン
出演:キム・ヘス、ヨム・ジョンア、チョ・インソン、パク・ジョンミン、キム・ジョンス、コ・ミンシ

1970年代半ば、韓国西海岸の漁村クンチョン。海女さんたちが昔ながらの素潜り漁で生計を立てていたが、化学工場の廃棄物で海が汚され、アワビが死滅してしまう。海女さんチームのリーダーのジンスク(ヨム・ジョンア)は皆の生活を守るため、海底から密輸品を引き上げる仕事を請け負う。ところが作業中に税関の摘発に遭い、ジンスクは刑務所送りとなり、親友チュンジャ(キム・ヘス)だけが逃亡に成功する。
2年後、ソウル。チュンジャは派手な姿で密輸品の洋服を売りさばいていたが、密輸王クォン軍曹(チョ・インソン)から縄張りを荒らしたとして賠償金を要求される。咄嗟に、クンチョンの海女たちと組んで、一儲けすることをクォン軍曹に持ち掛ける。
クンチョンに舞い戻り、出所したばかりのジンスクに新たな密輸のもうけ話を持ちかける。ジンスクはチュンジャへの不信感を拭えないでいるが、一攫千金を得ることができる一世一代の機会に、再起を懸けた大勝負に身を投じていく・・・

冒頭の海女さんたちの水中シーンに、まず圧倒されます。本物の海女さんさながら、海に潜って自由自在に仕事をこなすヨム・ジョンアとキム・ヘス。3か月におよぶ水中訓練の賜物。素晴らしいです。
責任感が強く落ち着いた雰囲気のジンスクと、派手でやり手のチュンジャ。そこに、密輸王のクォン軍曹や、チンピラのドリ、そして彼らを取り締まろうとする税関係長ジャンチュンが絡み、海を舞台に繰り広げられる物語の行方に最後の最後まで目が離せませんでした。
監督がこだわった大衆歌謡や音楽でかもし出される1970年代の雰囲気も、どこか懐かしいです。(咲)



223年/韓国/韓国語/カラー/シネマスコープ/5.1ch
字幕翻訳:根本理恵
配給:KADOKAWA、KADOKAWA Kプラス
公式サイト:https://mitsuyu1970.jp/index.html
★2024年7月12日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開



posted by sakiko at 01:50| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月04日

郷愁鉄路~台湾、こころの旅~ 原題:南方、寂寞鐵道 英題:On The Train

7月5日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開 その他劇場情報


メインビジュアル_R_R.jpg
©Pineal Culture Studio

美しい台湾南部の風景、そこに生きる鉄道員とその家族たち、険しい自然と人間の諦めない戦い、この土地に残る人々の記憶

監督:簫菊貞(シャオ・ジュイジェン)
プロデューサー:陳博文(チェン・ボーウェン)、沈邑頴(シェン・イーイン)
音楽:陳明章/陳明章音楽工作有限公司(チェン・ミンジャン)、謝韻雅/MIA(シェ・ユンヤー)
編集:陳博文(チェン・ボーウェン)/陳昱璁(チェン・ユーツォン)
音響:杜篤之(ドゥ・ドゥーチー)/謝青㚬(シェ・チンジュン)
日本語字幕:樋口裕子

台湾南部の鉄道路線「南廻線」。「南廻線」を支える鉄道員とその家族、そして同線を愛する人々の想いを記録した台湾初の鉄道文化ドキュメンタリー作品『郷愁鉄路~台湾、こころの旅~』。
屏東県枋寮駅から台東県台東駅までを結ぶこの路線は、パイナップル畑や、線路の近くまで迫る海など大自然の中をSLやディーゼル列車がのんびりと走り抜ける旅情豊かな路線だったそうですが、2020年に全線電化され、その模様は変化を遂げました。
台湾でドキュメンタリー監督として活躍し、山形ドキュメンタリー映画祭にも出品経験のあるシャオ・ジュイジェン監督が4年の歳月をかけ、失われていく沿線の原風景と鉄路をカメラにおさめ、鉄道員やその家族、「南廻線」を愛する人々の想いを記録として残しています。

台湾には5回行ったけど、台北以北しか行ったことがない。九份へ行くのに台北から電車で行ったこともあるし、そこからさらに平溪線に乗り、『台北に舞う雪』の舞台である平溪線終点の菁桐駅まで行ったこともある。そして、いつか台北以南の列車の旅にも行ってみたいと思っていた。台湾一周もしたいと思っていたけど、バスで行くか列車で行くのがいいのか、漠然と考えてはいた。そんな時、この映画を観たので、これは断然列車での一周だなと思った。
この「南廻線」というのは、旅情豊かな路線だと思ったし、それを支えてきた人々の思いがひしひしと伝わってきた。日本もそうだけど、電化されたことで早く行けたり、便利にはなっただろうけど、人情とか旅情は変わってしまったかもしれない。でも、この映画で沿線の景色を見たら、いつか行ってみたいと思った(暁)。


公式サイトアドレス:https://on-the-train-movie.musashino-k.jp/
製作:Pineal Culture Studio(上善醫文化工作室)
2023年/台湾/106分/DCP/
翻訳協力:小田急電鉄株式会社/G
配給:武蔵野エンタテインメント 

6月1日にはシャオ・ジュイジェン監督が来日しての上映会とトークショーが行われた。
シャオ・ジュイジェン監督とプロデューサー.JPG
シャオ・ジュイジェン監督(左)とプロデューサー


*参照記事
シネマジャーナルHP 特別記事 2010年
台湾ロケ地めぐり 平渓線沿線 『台北に舞う雪』公開記念
http://www.cinemajournal.net/special/2010/pingxi/index.html

シネマジャーナルHP スタッフ日記 2024年
台湾映画・台湾関連映画を5本も観た1週間(暁) 『春行』『中村地平』『狼が羊に恋をするとき』『村と爆弾』『郷愁鉄路』
http://cinemajournal.seesaa.net/article/503671145.html
posted by akemi at 09:28| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潜水艦コマンダンテ 誇り高き決断  原題:Comandante

sensuikan.jpg
(C)©2023 INDIGO FILM-O’GROOVE-TRAMP LTD-VGROOVE-WISE PICTURES

監督:エドアルド・デ・アンジェリス
CAST
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ: サルヴァトーレ・トーダロ艦長役
マッシミリアーノ・ロッシ: ヴィットリオ・マルコン副長役
ヨハン・ヘルデンベルグ: ヴォーゲル艦長役(ベルギー人)
アルトゥーロ・ムゼッリ: ダニロ・スティエポヴィッチ役
ジュゼッペ・ブルネッティ: ジジーノ・マグニフィコ役
ジャンルカ・ディ・ジェンナーロ: ヴィンチェンツォ・ストゥンポ役
ヨハネス・ヴィリックス: ジャック・レクレルク役(ベルギー人)
ピエトロ・アンジェリーニ: イヴァーノ・レアンドリ役
マリオ・ルッソ: サルヴァトーレ・ミンニーティ役
セシリア・ベルトッツィ: アンナ役
パオロ・ボナチェッリ: ベッティ役
シルヴィア・ダミーコ: リナ・トーダロ役

実話を基に描いた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘話

1940 年 10 月、イタリア海軍潜水艦コマンダンテ・カッペリーニは、イギリス軍への物資供給を断つために地中海からジブラルタル海峡を抜けて大西洋に向かっていた。その途中、船籍不明の貨物船に遭遇する。艦砲を装備し、戦争地帯で灯火管制をしての航行であったためこれを撃沈。だがそれは中立国であるはずのベルギー船籍の自衛武装を備えた貨物船カバロ号だった。“イタリア海軍一無謀な少佐”サルヴァトーレ・トーダロ艦長は「ナチなら見殺しにするだろうが、我々は人間は助ける」と、海に放り出された乗組員たち26人を救助し、彼らを最寄りの安全な港まで運ぶ決断を下す。狭い潜水艦の艦内に無理矢理彼らを収容し、潜航するのもあきらめ、自らの危険も覚悟のうえで、無防備状態のままイギリス軍の支配海域を航行していく・・・

助けたベルギー船の若き乗組員ジャック・レクレルクは、イタリア語だけでなくフランス語、ポルトガル語、英語、ラテン語、古代ギリシャ語も出来る語学の達人。彼のお陰で意思疎通を図ることができたのでした。
そも、イタリアの北から南までが統一されたのはそれほど古い話でなく、トーダロ艦長が、「(北の)リヴォルノと(南の)シチリアでは、言葉も文化も気候もかけ離れている」と語る場面がありました。
潜水艦の料理人ジジーノは、イタリアのどこの料理も作れるのが自慢です。予定外に26人も乗せた為、材料も底をついてきます。それでも、ベルギーの国民食は?と、彼らのために懐かしい料理を作ります。教えてもらいながら作ったのは、なんとポテトフライ! ハンバーガーについてくるお馴染みのポテトフライです。(少し太めらしいです)ベルギーの国民食だとは知らなったので、ちょっと驚き。
ベルギーの乗組員たちを助けた勇気あるサルヴァトーレ・トーダロ艦長ですが、2年後に戦死。従軍中に生まれた娘に会えないまま亡くなられたのですが、助けられたジャック・レクレルクはじめ数名が、奥様と娘さんに会いにいったというその後の話に涙。
エンドロールで流れるのは、最初は愛を歌った曲ですが、そのあとはイタリア料理の名前が延々と語られます。途中から字幕が無くなりますが、マカロニやスパゲッティなどお馴染みの単語が聴こえてきました。潜水艦の中の息苦しさを、最後に吹き飛ばしてくれました。
世界の各地で戦火の絶えない今、人権を重んじたトーダロ艦長に思いを馳せていただければと思います。(咲)


2023年ヴェネツィア国際映画祭オープニング作品

2023年/イタリア・ベルギー/イタリア語・オランダ語・英語/シネマスコープ/121分
字幕翻訳:岡本太郎
後援:イタリア文化会館
配給:彩プロ
公式サイト:https://comandante.ayapro.ne.jp/
★2024年7月5日(金)より、TOHOシネズ日比谷ほか全国公開




posted by sakiko at 01:53| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする