2024年06月02日

狼が羊に恋をするとき 原題:南方小羊牧場 英題:When a Wolf Falls in Love with a Sheep

2024年6月14日(金)より下北沢トリウッドにて公開
『狼が羊に恋をするとき』日本版ポスタービジュアル_R_R.jpg
©2012 Strawberry Time Films ALL RIGHTS RESERVED

「予備校に行くね」と、恋人はメモを残し姿を消した

プロデューサー:廖士涵(リャオ・シーハン)
監督・脚本:侯季然(ホウ・チーラン)
脚本:ヤン・ユエンリン(楊元鈴)、ホー・シンミン(何昕明)、チェン・チンヨウ(陳慶祐)
字幕:鈴木真理子
出演:柯震東(クー・チェンドン)、簡嫚書(ジエン・マンシュウ)、郭書瑤(グオ・シューヤオ)、蔡振南(ツァイ・チェンナン)、張書豪(チャン・シューハオ)、謝欣穎(シエ・シンイン)、林慶台(リン・チンタイ)

本作は2012年秋の台湾公開後、日本ではSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013長編コンペティション部門、カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2014(東京)、台湾映画祭2015(福岡)と相次いで上映されたが、一般公開はされないままだった。その作品が10年の時を経て公開される。

*参照記事
シネマジャーナルHP 特別記事 
「祝10周年! SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」記事はこちら
この中に『狼が羊に恋をするとき』の紹介あり
pic28 2補正_R.jpg
ホウ・チーラン監督 2013年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 撮影宮崎暁美


「予備校に行くね」というメモを残し、恋人のイーインが姿を消してしまった。落ち込むタンだったが、彼女を捜しにやってきたのは台北駅近くの予備校が集まる「南陽街」。タンはひょんなことから印刷屋の店長に拾われ住み込みで働き始める。近隣の予備校から依頼されるテスト用紙の印刷に明け暮れるうち、とある予備校の原稿に羊のイラストが描かれていることに気が付く。羊のイラストを描いていたのは「必勝予備校」のアシスタント・小羊(シャオヤン)だった。イラストレーターを目指す彼女は、海外留学してしまった元カレの帰りをこの予備校で働きながら待っていた。タンはある日、羊のイラストが描かれたテスト用紙の原稿に遊び心から狼のイラストを描き足してしまい、間違って印刷してしまう。印刷されたテスト用紙は納品されてしまい、テスト用紙上で狼と羊は会話を始めてしまう。このことは、瞬く間に学生たちの話題になっていった。「狼は誰?」。そんなある日、タンはシャオヤンが元カレのことをあきらめこの街を去ろうとしていることを知る。

実写に、アニメーションやコマ撮りの映像を加え、独特の世界観を創り出した本作は、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督がプロデュースした『有一天(ONE DAY)』(10)で長編デビューしたホウ・チーラン監督。長編2作目である。10年も前の作品なのに古さを感じない。
主演は『赤い糸 輪廻のひみつ』のクー・チェンドン。大ヒット青春映画『あの頃、君を追いかけた』に続く主演2作目。そしてクー・チェンドンの相手役を演じたジエン・マンシュウにとっては、映画初出演にして初主演となる記念碑的作品だった。ふたりの初々しさがまぶしい。そして、その後の活躍を予感させる演技だった。

2013年の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」で観たが、まさか10年もたって日本公開されるとは思ってもみなかった。でも、今、観ても古くない。予備校街の光景は、今もこんな状態なのかもと思ったし、二人の初々しい演技を観て、若々しさを感じた。
試験用紙に、羊のイラストを描いてしまうなんていうのは、日本では考えられないけど、台湾ではそういう遊び心が通じるのだろうか。受験生のつかの間の癒しになっていたというのが、ちょっと面白かった(暁)。


2012年/台湾/85分/カラー/シネスコ/5.1ch/
配給:台湾映画同好会 配給協力:台湾映画社
協力:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、トリウッド
作品HP:https://note.com/sheeplovermovie/

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=VxLgeXkip1s
posted by akemi at 20:22| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本卓也監督特集上映

MatsumotoTakuya.jpg

とき:6月7・8・9日の3日間
ところ:新宿アットシアター
プログラム:


ダイナマイト-ラフラフ-あっちこっち.jpg

『ダイナマイト・ソウル・バンビ』(99分)
インディペンデント映画業界で勢いのある若手監督の山本は、天野プロデューサーに見出され、低予算だが新作長編映画『ダイナマイト・ソウル・バンビ』制作の機会を得る。山本は仲間のスタッフ、キャストらと共に意気込み、プロチームと合同で撮影に挑む。その様子をメイキングカメラ担当の谷崎が記録していた――最低な監督と最高の仲間が選ぶ結末は?!
シネジャ作品紹介はこちら

『ラフラフダイ』(99分)
笑いながら突然死してしまう奇病「笑い死に」が全世界で拡大。世界は感染を恐れ、笑う事を禁止する。感情を殺す薬を飲み、心を失った世界で、自由に生きることを選んだ人々がいた。

『あっちこっちじゃあにー』(105分)
お笑いコンビを解散してピン芸人となった末松。後輩芸人からも面白くないといじられ、売れる気配は一向にない。ヘッドフォンで音楽を聴きながら、孤独に生きる日々。そんな時に6歳の女の子 加奈と出会い、動画配信の手伝いをしてもらう事になる。やがて末松は、遠方に住む加奈の父に会いに行くことを交換条件に、加奈に旅の動画撮影の同行をお願いする。 大人と子ども、奇妙な二人の旅が始まる――。

チケット:
1作品 予約1,500円 当日1,800円
 複数鑑賞の場合、お得な割引サービスあり!
 各上映ごとに舞台挨拶あり!

★特集上映プログラムを鑑賞した方限定で無料のワークショップ開催!
講師:松本卓也
『花子の日記』公開時(2011)のインタビューはこちら
 今もお若いけれど可愛いです。
『ミスムーンライト』公開時(2017)のインタビューはこちら


posted by shiraishi at 11:31| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

罪深き少年たち  原題:소년들(少年たち) 英題:The Boys

tsumifukaki.jpg
(C)2023 CJ ENM Co., Ltd., AURA PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

監督:チョン・ジヨン
出演:ソル・ギョング、ユ・ジュンサン、チン・ギョン、ホ・ソンテ、ヨム・ヘラン

強盗殺人犯として逮捕された少年たちの無実を信じて闘う刑事
1999年、韓国で実際に起こった強盗殺人事件「サムネ(参礼)ナラスーパー事件」をもとに描いた物語


1999年、全羅北道・参礼の小さな商店ウリスーパーマーケットに強盗が押し入り、70代の女性が殺された。警察の捜査陣は、たった一日で町内に住む少年3人を容疑者として逮捕する。翌年、班長として赴任してきた敏腕刑事ファン・ジュンチョル(ソル・ギョング)のもとに、真犯人に関する情報提供が入る。少年たちの汚名を晴らすため再捜査を始めるが、当時の責任刑事チェ・ウソン (ユ・ジュンサン)の妨害にあい、ファン班長は左遷される。
それから16年後、定年を2年後に控えたファンが、僻地を転々とした後、参礼に戻ってくる。そこへ、事件の唯一の目撃者ユン・ミスク(チン・ギョン) と少年たちが訪ねてくる。話を聞き少年たちの無実を確信したファンは、彼らの汚名を晴らそうと再び警察と検察を相手に闘いに挑む・・・

島を転々として、やっと陸地に戻ってきたファン。左遷に追いやったチェ・ウソンはじめ、当時部下だった者は皆、ファンより出世しています。検察ともうまくやって、ずる賢くのし上がったチェ・ウソンを、ユ・ジュンサンが実に憎々しく演じています。好感度大だったドラマ「棚ぼたのあなた」や「がんばれ!プンサン」のイメージが、どっと崩れます。
やはり好人物のことが多いチョ・ジヌンが、冷血な検察役。また、ソ・イングク(『パイプライン』「元カレは天才詐欺師 ~38師機動隊~」)が重要な役どころで出てきたのも嬉しいです。
それにしても、警察が無理矢理犯人に仕立てる取り調べの場面が凄いです。否定すれば、さらに暴力を振るわれるのでは、耐えられなくて罪を認めてしまうのもわかるような気がします。こうして冤罪は作られる・・・
彼らの無実を信じて、信念を持って立ち向かうファン刑事は、ソル・ギョングだからこそ体現できたと感じました。(咲)


2022年/韓国/カラー/シネスコ/5.1ch/124分/韓国語/PG12
日本語字幕:小西朋子
配給:クロックワークス
公式サイト:https://klockworx-asia.com/boys/
★2024年6月7日(金) シネマート新宿 ほか 全国ロードショー




posted by sakiko at 01:11| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハロルド・フライのまさかの旅立ち   原題:The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry

harold fry.jpg
(C)Pilgrimage Films Limited and The British Film Institute 2022

監督:へティ・マクドナルド
出演:ジム・ブロードベント、ペネロープ・ウィルトン、アール・ケイヴ、リンダ・バセット、ジョセフ・マイデル

ビール工場を定年退職し、妻のモーリーンと静かな生活を送るハロルド・フライ。ある日、北の果てから1通の手紙が届く。かつて一緒に働いていた女性クイーニーからの、余命わずかでホスピスに入院中とのお別れの手紙だった。ハロルドはどう返事を書こうかと妻に相談するが、「思ったことを書けばいい」と素っ気ない。「どうかお大事に」と書いた返事を手に郵便局に向かう途中で立ち寄った店の女性店員に、「友達がガンだ」とつぶやく。すると、彼女から「信じる心で伯母のガンがよくなった」と言われる。ハロルドはホスピスに電話をかけ「今から歩いていくので、着くまで生きていてくれ」とクイーニーに伝言を頼む。今いる町から、目的地までは800キロ。ハロルドは、手ぶらのまま歩き始める。彼にはクイーニーにどうしても会って伝えたい“ある想い”があったのだ。何日も歩き続けたある日、カフェで雑談した男の撮ったハロルドの写真と共に、徒歩の旅のエピソードが新聞の一面に掲載される。多くの人が声をかけ、食べ物を差し入れたり、一緒に歩き始めたりする。だが、ハロルドには、この旅を独りで完遂しなければならないとわかっていた・・・

この映画を観て思い出したのが、『君を想い、バスに乗る』です。最愛の妻に先立たれた老人が、かつて妻と出会った場所を目指して、ローカルバスのフリーパスを使って旅をする物語。こちらも、SNSで話題になって、皆が応援しました。イギリスって、そういう国民性?
それにしても、どうしても直接伝えたいことがあると、無謀にも歩いて800キロも離れた地を目指す理由は何? 奥さんにも、ちゃんとクイーニーの名前を伝えているので、愛情を打ち明けるためではないし・・・と思い巡らしましたが、それは思いもよらない理由でした。驚くべき真相はともかく、イギリスの素朴で美しい田舎の風景をたっぷり味わえる映画です。(咲)


原作は、累計発行部数600万部を誇るベストセラー小説「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」(講談社文庫)

2022年/イギリス/英語/108分/ビスタ/カラー/5.1ch
日本語字幕:牧野琴子
配給:松竹
後援:ブリティッシュ・カウンシル
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/haroldfry/
★2024年6月7日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラスト有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開




posted by sakiko at 01:04| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違国日記

ikokunikki.jpg
Ⓒ2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

監督・脚本:瀬田なつき
原作:ヤマシタトモコ「違国日記」 (祥伝社 FEEL COMICS)
劇中歌:「あさのうた」(作詞・作曲:橋本絵莉子)
出演:新垣結衣、早瀬憩、夏帆、小宮山莉渚、中村優子、伊礼姫奈、滝澤エリカ、染谷将太。銀粉蝶、瀬戸康史

累計販売数180万部を突破し、”心に効く”と多くの共感を得た同名コミックの映画化

15歳の朝(早瀬憩)は、ある日、目の前で両親を交通事故で亡くしてしまう。葬式の席で、親戚たち誰もが朝を引き取ろうとしない中、槙生(新垣結衣)が言い放った。
「あなたを愛せるかどうかはわからない。でもわたしは決してあなたを踏みにじらない」

槙生は、朝の母親・実里の妹だが、全く交流がなく、朝とはほぼ初対面だった。ふたりの同居生活が始まる。人見知りで片づけが苦手な槙生は少女小説家。一日、パソコンに向かっている。専業主婦で綺麗好きな母に育てられた朝にとって、槙生は初めて見るタイプの大人だった。中学を卒業し、高校1年生になった朝のせわしい日常と、マイペースで黙々と過ごしてきた槙生の生活時間はなかなか噛み合わない。そんな中でも、槙生の長年の親友・醍醐(夏帆)とはすぐに打ち解け、3人での餃子パーティーは楽しい時間となる。
槙生は、母・京子(銀粉蝶)から、朝が大人になったら渡してと、実里の日記を預かる・・・


血は繋がっていても、ほぼ他人の未成年の子を引き取って同居するのは、ほんとに勇気のいることだと思います。数年前に、妹の孫の男の子(当時、小学校3年生だったかと)を5日間預かったことがありました。子どものいない私には、そんな小さい子の扱い方はわからなくて戸惑ったものですが、タブレットが子守をしてくれました。食事さえ作ればよかったものの、自分の生活のペースを崩されて、どっと疲れたものです。
朝の友達のみのりが、槙生に「なぜ結婚してないんですか?」と不躾に尋ねる場面がありました。「結婚してるのが普通で、してないのは変というのは今はない」と答える槙生。(そうだ! そうだ!) そんな槙生にも、かつては恋人だったけれど、今も大切な存在の男性がいるのです。それも素敵。
母親とは違ったタイプの叔母のもとで、少しずつ成長していく朝。他人を思いやりながら暮らしていくヒントも貰えそうな物語。(咲)


2024年/日本/139分
製作:「違国日記」製作委員会
配給:東京テアトル ショウゲート
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
公式サイト:https://ikoku-movie.com/
★2024年6月7日(金)より全国ロードショー




posted by sakiko at 00:09| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする