2024年05月02日

無名 原題:無名 英題: Hidden Blade

5月3日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開
劇場情報 
日本版ビジュアル_R_R補正.jpg
Copyright2023© Bona Film Group Company Limited All Rights Reserved


トニー・レオン VS ワン・イーボー 2大スター競演! スパイ・ノワール

監督・脚本・編集:程耳(チェン・アル)
撮影:ツァイ・タオ
出演
フー:梁朝偉(トニー・レオン)
イエ:王一博(ワン・イーボー)
チェン:周迅(ジョウ・シュン)
ジャン:黃磊(ホアン・レイ)
渡部:森 博之
タン:大鹏(ダー・ポン)
ワン:王伝君(エリック・ワン)
ジャン:江疏影(ジャン・シューイン)

1940年代。太平洋戦争下の上海を舞台に暗躍した名もなきスパイたち

中国共産党、国民党、そして日本軍。お互いの素性が分からない中でスパイたちがしのぎを削る心理戦。激動の時代を背景に描く一進一退の攻防劇。
中華民国、汪兆銘政権政治保衛部主任のフー(梁朝偉)は、汪兆銘に感銘を受け、中国国民党に転向するという中国共産党の工作員をしていたジャン(黃磊)の身辺調査を行う。1941年、上海駐在の日本軍スパイのトップである渡部(森博之)は、フーやフーの上司タン(大鹏)と戦局について話し合っている。イエ(王一博)はフーの部下で、ワン(王伝君)と諜報活動をしている。

主演は、ウォン・カーウァイ監督『花様年華』(00)や、アンドリュー・ラウとアラン・マック監督の『インファナル・アフェア』(02)のトニー・レオン。そして、本作で映画初主演の座を掴んだワン・イーボーは、俳優・シンガー・ダンサーとして大ブレイクし、いま中国でもっとも注目を集める若手俳優の1人になり、主演作が次々と公開されている。
本国で興行収入181億円を上回るヒットを記録し、第36回中国映画金鶏賞において最多の8部門にノミネートされ、トニー・レオンが最優秀主演男優賞に、チェン・アル監督が最優秀監督賞・編集賞に輝いた。

日本軍、重慶の国民党と南京の国民党、共産党の関係の中での多重スパイもので、さらに行ったり来たりの時系列。彼らの関係や繋がりが分からないと、裏切りが何に対する裏切りなのか、最初混乱したが、後半、パズル合わせのようにはめ込まれ、「そうだったのか」と、繋がりが収束されていく。そうは言っても、当時のことをもう少し勉強しないと、わけわからなくなる。
それでも、1940年代の上海を再現した街並みの美さや、スタント無しのアクションシーンを演じたトニー・レオンとワン・イーボーの対決シーンは、手に汗握るものだった。
でも、このところ、上海や中国の1930,40年代を舞台にしたスパイ映画が続き(ロウ・イエ監督『サタデー・フィクション』2019年製作、2023年日本公)、チャン・イーモウ監督『崖上のスパイ』2021製作、2023日本公開)、スパイ映画はしばらくいいかな(暁)。

公式HP https://unpfilm.com/mumei/
2023年/中国/131分/1.85:1/中国語・広東語・上海語・日本語/
カラー/5.1ch 字幕:渡邉一治
製作:博納影業集団
配給:アンプラグド
posted by akemi at 19:49| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする