2024年02月23日

落下の解剖学(原題:Anatomie d'une chute)

rakkano.jpg

監督:ジュスティーヌ・トリエ
脚本:ジュスティーヌ・トリエ、アルチュール・アラリ
出演:ザンドラ・ヒュラー(サンドラ)、スワン・アルロー(ヴァンサン)、ミロ・マシャド・グラネール(ダニエル)、アントワーヌ・レナルツ(検事)

人里離れた雪山の山荘で、男が転落死した。
はじめは事故と思われたが、
次第にベストセラー作家である
妻サンドラに殺人容疑が向けられる。
現場に居合わせたのは、
視覚障がいのある11歳の息子だけ。
証人や検事により、夫婦の秘密や嘘が暴露され、
登場人物の数だけ<真実>が現れるが──。

ロケーションが美しいです。雪山に建つ家に住むのはサンドラ夫婦、視覚障害のある一人息子ダニエルとボーダーコリーのスヌープ。冒頭はインタビューに答える作家の妻サンドラ。上の階で作業する夫が大音量で音楽をかけています。階下の二人の会話がしばしば聞こえなくなります。なぜ注意しにいかないのだろうと疑問がわくほどです。
夫が亡くなって警察の捜査が入り、疑われたサンドラは旧知の弁護士に相談します。この二人の親密度が妙に高くて、いろいろ勘ぐってしまったり、最初の発見者の息子のショックを思ったりしてしまいます。法廷場面にけっこうな時間を割いていますが、こちらは彼女が犯人なのか、事故なのか、真実はどこに?と気にしているので、緊張は解けません。
上にあげた公式HPの紹介文の「登場人物の数だけ真実が」は、「観た人の数だけ真実が」に言い換えられそうです。
愛犬スヌープ役のボーダーコリーのメッシがパルムドッグ賞を受賞しました。(白)


息子ダニエルを演じたミロ・マシャド・グラネール、目が見えない役柄を見事に演じていました。中でも時折奏でるピアノ曲のアレンジが、時に激しく、時に寂し気にと変わり、気持ちを表していて素晴らしかったです。 そして、弾いていた曲のメインは、私が小学生高学年の頃にピアノを習っていた時に、「ブルクミュラー25の練習曲」の中で一番好きだった曲。イサーク・アルベニスのピアノ曲《スペインの歌》作品232の第1曲「前奏曲」として書かれた《アストゥリアス (伝説曲)(西語:Asturias (Leyenda))》です。アンダルシアのアラブ音楽に影響を受けた旋律だそうで、まだ10歳位だった私が心惹かれたとは!
あと興味深かったのは、裁判の場面で、サンドラがフランス語では自分の思うことをちゃんと伝えられないから、英語で話してもいいかとお願いした部分。フランス人と結婚し、長年、フランスで暮らしていても、微妙なことは言い表せないのだと思います。裁判の行方を固唾をのんで見守りました。(咲)



◎第76回カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞
◎第81回ゴールデン・グローブ賞 脚本賞/非英語作品賞2部門受賞

2023年/フランス/カラー/ビスタ/152分
配給:ギャガ
(C)LESFILMSPELLEAS_LESFILMSDEPIERRE
https://gaga.ne.jp/anatomy/
★2024年2月23日(金・祝)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開
posted by shiraishi at 21:34| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マダム・ウェブ(原題:Madame Web)

madam web.jpg

監督:S・J・クラークソン
脚本:クレア・パーカー S・J・クラークソン
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ヨハン・セーデルクビスト
出演:ダコタ・ジョンソン(キャシー・ウェブ)、シドニー・スウィーニー(ジュリア・コーンウォール)、イザベラ・メルセド(アーニャ・コラソン)、セレステ・オコナー(マティ・フランクリン)、タハール・ラヒム(エゼキエル・シムズ)

ニューヨーク。救キャシー・ウェブは、救急救命士として日夜奮闘している。一人でも多くの命を救うため、危険と隣り合わせの現場にも赴く。
ある時、大きな事故に巻き込まれてしまい無事回復したものの、奇妙なデジャブに襲われる。正確にはこれから先に起きることが一瞬見えるようになったのだ。予知能力がなぜ自分に?
あるとき3人の少女が、黒いマスク姿の男に殺される場面が見えた。戸惑うキャシーだったが、知ってしまった以上何もしないわけにはいかない。謎の男が現れる前に、少女たちを安全な場所に移動させなくては。圧倒的な力を持つ男は、どこまでも追ってくる。その正体は?能力を得たキャシーと少女たちとの関わりは?

女性ばかりのグループ?マーベルの送り出す映画で初めてのはず、とわくわくしながら試写へ。ダコタ・ジョンソン演じるキャシーは救急救命士として有能、決断が早い、度胸もあります。救命士の仕事も見せつつ、話が進むにつれ、キャシーの出生の秘密や少女たちとの出会いの理由が明らかになっていきます。冒頭から激しいカーアクション、黒マスクの男から少女たちを守る戦いが続きます。初めから戦闘能力の高いほかのマーベルヒーローと違い、キャシーには予知能力があるだけ。それも好きなように操ることはできません。なんとかかわし続けるキャシー。最初まったく危機感のない少女たちにハラハラさせられますが、最後まで見守ってください。
敵役のタハール・ラヒムはアルジェリアからフランスに移民した両親のもとに生まれました。その風貌と演技力から世界中の監督との仕事が続いています。(白)


2024年/アメリカ/カラー/シネスコ/116分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C) & TM 2024 MARVEL
© 2024 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.
https://www.madame-web.jp/
★2024年2月23日(金・祝)ロードショー
posted by shiraishi at 20:54| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする