2023年12月16日

香港の流れ者たち(原題:濁水漂流 英題:Drifting)

hongkong.jpg

監督・脚本:ジュン・リー(李駿碩)
プロデューサー:マニー・マン
撮影:レオン・ミンカイ
音楽:ウォン・ヒンヤン
出演:フランシス・ン(呉鎮宇)、ツェー・クワンホウ(謝君豪) ロレッタ・リー(李麗珍)
セシリア・チョイ(蔡思韵) 、チュー・パクホン(朱栢康)、 ベイビー・ボウ(寶珮如) 、ウィル・オー

刑務所を出たファイは、もといた街・深水埗(シャムスイポー)へ戻った。ラムじいが出所祝いにくれたクスリでシャバに戻ったのを実感する。ホームレス仲間たちの居場所は高架下。たびたびやってきていた食物環境衛生署が、ある日事前通告なしにファイたちの家財を全てゴミとして処分してしまう。彼らがゴミとみなしたものの中には、身分証明書や家族の思い出の品もあった。
ソーシャルワーカーの若い女性、ホーは新人だからか、熱心にホームレスのサポートをしてくれる。なくなったものは取り戻せないが、賠償と謝罪を求めて裁判をすることになった。ファイに病院に行くよう勧め、ラムじいの家族を探す。
ファイはハーモニカを吹く青年と仲良くなるが、彼は記憶も言葉も忘れていた。名前も思い出せない彼を「モク」と呼ぶことにした。二人は夜中に無人の建築中のビルに上って深水埗の街を見下ろす。ファイはモクに語りかける。
「深水埗は貧乏人が住む町だ。高級マンションを建てて、貧乏人はどこへ行く? 」

久々のフランシス・ン(香港映画ファンはジャンユーと広東語読み)の主演作が公開されます。2016年の東京国際映画祭で『シェッド・スキン・パパ』が上映され、渋谷の会場にW主演のルイス・クー(息子役)と舞台挨拶&トークをしたのを思い出します。フリルのついたシャツでお洒落でした。
この作品で演じるのは、うらぶれたホームレスのファイ、過酷な暮らしからか薬物中毒にもなっています。これまで見たことのないジャンユーにこういう役にもなりきれるんだと、ファンたちは驚くと同時に嬉しいのではないでしょうか。役の幅が拡がれば長く活躍できますから。
香港ノワールと呼ばれた犯罪もの、アクションものが人気だった香港映画界ですが、最近は市井の人々の暮らしを丁寧に描いた作品が目につきます。香港の薬師丸ひろ子と言われていたロレッタ・リーも出演。年齢を重ねても可愛らしいです。(白)


(白)さんが紹介している『シェッド・スキン・パパ』舞台挨拶でのフリルのついたシャツのフラさま。(ジャンユーを私は「さま」を付けてお呼びしています。)
DSCF7702-thumbnail2.jpg
東京国際映画祭 香港の名優フランシス・ンが脱皮して7変化!? 『シェッド・スキン・パパ』にほろり(咲)
深水埗といえば、電気街があって香港の秋葉原ともいわれ、安い洋服屋さんも並ぶいかにもの下町。啓徳空港があった頃は、深水埗の町の上を舐めるようにして飛行機が降りてくるので、よく飛行機のお腹を眺めにいったものです。1990年代、目立つ建物といえば、最上階に屋内ジェットコースター(今は休止)のある西九龍中心(ドラゴン・センター)位だったでしょうか。 フラさま演じるファイの「高級マンションを建てて、貧乏人はどこへ行く? 」の言葉に、変わりゆく深水埗を思いました。

フラさまはじめ、香港のスターたちがホームレスに徹するあまり、「街中の撮影でも彼らに気付く人はほぼいませんでした。そのおかげで撮影はやりやすかったです(笑)。おかげで撮影はトータル22日間で終わりました!彼らの熱演には感謝しかありません。」と、ジュン・リー監督が初日12月16日のオンライントークイベントで語ったそうです。私もその場に出くわしても、きっと気がつかなったと思うほど、皆なりきってました。(咲)


この映画は、実際の事件を元に作られたという。「和解金か?謝罪/尊厳か─!?」という選択をせまられたホームレスの人々。それぞれの思い、こだわり、人間としての尊厳を描いていた。
日本でも香港でも、ホームレス排除が進んでいる。開発という名の貧乏人排除。「貧乏人はどこへ行かされる?」である。深水埗には行ったことがないけど、香港の繁華街、尖沙咀(チムサッチョイ)でも新宿でも、以前に比べたらホームレスの姿を見なくなった。私の印象では1994年に初めて香港に行った時には、尖沙咀の裏街でも空き缶を積んだ大八車のような台車を押している人を見たが、数年後には見かけなくなった。それらの人たちが住むところを得たのならよかったと言えるけど、単に外国人が来るような街から排除されてしまったのか。この映画を観たら、実際のホームレスたちは減ったのではなく、やはり追い出されて「流れ者」として、あちこち散らばっただけなのかもしれないと思った。そして九龍城に住んでいたたくさんの人たちは、どこへ散らばって行ったんだろうと思いを馳せた。
それにしても呉鎮宇(ン・ジャンユー)のいっちゃっている演技すごい! 謝君豪(ツェー・クワンホウ)も、「どこ?」状態だった(笑)。(暁)

2021年/香港/カラー/DCP/112分/日本語字幕:小木曽三希子
配給:cinema drifters
(C)mm2 Studios Hong Kong
https://hknagaremono.wixsite.com/official

★2023年12月16日(土)よりユーロスペースほか全国ロードショー

posted by shiraishi at 00:55| Comment(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未帰還の友に

mikikannotomo.jpg

監督:福間雄三
原作:太宰治「未帰還の友に」
脚本:大隅充 福間雄三
撮影:根岸憲一
出演:窪塚俊介(先生)、土師野隆之介(鶴田康平)、清水萌茄(マサ子)、萩原朔美(井伏鱒二)、矢島諒、君澤透

小説家の「先生」のところには学生たちがやってくる。酒を酌み交わしては、文学や国家の話に花咲かせる。学生の中でもよく気が合ったのは仙台出身の鶴田だった。次第に手に入りにくくなった酒をなんとか飲みたいと、先生はおでん屋のおやじに娘のマサ子の縁談を持ち掛ける。帝大の学生だぞと鶴田を人身御供に、酒にありつくのだった。マサ子と鶴田は思いのほか仲良くなるが、戦況はますます厳しく、学生にも召集令状が届くようになった。学生たちは恋の経験もないままに次々と戦地へ送られていく。

原作は太宰治「未帰還の友に」。小説家の「先生」は太宰治本人のことと思われます。先生を慕って集まってくる酒を飲みたいばかりにあれこれ算段する先生と学生たち。学生たちと鮭を酌み交わし、声高ではなく反戦を繰り返し唱えている作品。
窪塚さん演じる先生は、写真で知る太宰と雰囲気が似て、親しい学生たちが兵隊にとられて帰ってこない悲哀をにじませています。戦後の日本を背負う若者を国のためと死なせてしまう国家と、無為に過ごしている自分への怨嗟もみてとれます。自分の家族や恋仲の女性の話でなく、年代を越えて結ぶ友情を描いたこういう作品のほうがいいなぁ。
鶴田を演じた土師野隆之介さんは『ロボット修理人のAi(愛)』(2020/田中じゅうこう監督)で、インタビューさせていただきました。当時高校3年で学校からそのまま取材場所に来てくれました。素直で明るい男の子で、また映画で会えて嬉しいです。無事に進学した後、ただ今ノルウェーに留学中。instaに写真がたくさんありました。(白)


2023年/日本/カラー/DCP/75分
配給:トラヴィス
https://mikikan.com/

★2023年12月15日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

posted by shiraishi at 00:10| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティル(原題:TILL)

till.jpg

監督:シノニエ・チュクウ
脚本:マイケル・レイリー、キース・ボーチャンプ、シノニエ・チュクウ
撮影:ボビー・ブコウスキー
出演:ダニエル・デッドワイラー(メイミー・ティル)、ジェイリン・ホール(エメット・ティル)
フランキー・フェイソン、ヘイリー・ベネット(キャロリン)、ウーピー・ゴールドバーグ(アルマ)

1955 年、イリノイ州シカゴ。メイミー・ティルは、夫が戦死して以来唯一の黒人女性として空軍で働いている。夫の忘れ形見の一人息子・ボボことエメットは明るく元気な少年に育った。14歳のボボはもう大きくなったから、とミシシッピ州の親類の家を一人で訪ねると主張する。祖母のアルマも大人になるいい機会だからと、ボボを後押しし、メイミーは南部の黒人差別をよく説明して送り出した。
しかし、ボボはマネーの雑貨店で、店番の白人の女の子キャロリンに話しかけたことで、怒りをかってしまう。白人の男たちに寝ているところを襲われ、連れ去られてしまう。リンチを受けた後遺体は川に投げ捨てられた。我が子と対面したメイミーは、変わり果てた愛息子の姿に、悲しみと怒りで打ちのめされる。メイミーは、思いがけない行動に出て、大きな感動と社会を動かすエネルギーを呼び起こしていく。

1955 年 8 ⽉ 28 ⽇にアメリカ合衆国ミシシッピ州マネーで実際に起きた「エメット・ティル殺害事件」を元に映画化しました。映画の冒頭では、陽気で屈託のない一人息子と母との生活が紹介され、亡き夫の分までもメイミーが息子を愛情いっぱいに育てたことがわかります。南部へ出かけることの懸念は当たってしまい、惨殺された息子に会ったメイミーの悲しみは想像すらできません。
事件に関わった男二人は逮捕され、裁判はあったものの陪審員は全て白人。すぐに無罪になってしまいます。のちにジャーナリストに殺したことを認めますが、その間罪の意識に苛まれることはなかったのでしょうか。口笛を吹かれたと怒ったキャロリンは、事実を隠して嘘の証言をしましたが、罪に問われることもなく今年亡くなったそうです。映画は母親メイミーの勇気ある行動と、その後を描いています。
観ているだけで胸が苦しくなるような内容ですが、観て少しでも知らなければ申し訳ない気がしました。エメット・ティルの事件は、黒人の公民権運動に大きな影響を与えました。80年近く経ってどれほ変わったでしょう?いまだ差別の感情が残っていることは、その後の事件を見ても明らかです。なんと根深いのだろうと溜息が出るばかり。
祖母のアルマを演じるウーピー・ゴールドバーグが制作にもあたっています。(白)


2022年/アメリカ/カラー/シネスコ/130分
配給:パルコ
(C)2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.
https://www.universalpictures.jp/micro/till
★2023年12月15日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開中

posted by shiraishi at 00:01| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする