2023年12月08日

市子

ichiko.jpg

監督:戸田彬弘
原作:戸田彬弘
脚本:上村奈帆 戸田彬弘
撮影:春木康輔
出演:杉咲花(川辺市子)、若葉竜也(長谷川義則)、森永悠希(北秀和)、渡辺大知(小泉雅雄)、宇野祥平(後藤修治)、中村ゆり(川辺なつみ)、中田青渚(吉田キキ)、石川瑠華(北見冬子)、倉悠貴(田中宗介)、大浦千佳(山本さつき)

川辺市子は恋人の長谷川義則と3年間暮らしている。つましくも幸せな日々が続いていたある日、義則のプロポーズに市子は「嬉しい」と涙する。しかし翌日大急ぎで荷造りする市子は、義則の足音が聞こえたとたんベランダから逃げ出してしまう。義則はたった今までそこにいたはずの市子がなぜ消えたのか、見当もつかない。後藤という刑事は義則に市子の写真を差し出し「この女性は誰なのでしょうか」と尋ねる。義則はわずか残されたつてをたどって、市子の行方を探し続ける。

戸田彬弘監督が主催する”劇団チーズtheater”旗揚げ公演作品「川辺市子のために」が原作。市子の失踪に観客も義則と同じく、疑問に包まれます。市子が過去に関わった人の口から少しずつ明らかになり、かつては違う名前であったことがわかります。こういう人生を送る人がいるのか、と痛ましい気持ちがわいてきました。舞台版では市子を探す人、市子を語る人が登場して市子は姿を見せないのだそうです。そこにいなかった人が映画では輪郭や感情を持って登場して、消えてしまいます。さまざまな事情で隠れざるを得ない人、本当の姿で暮らせない人、いるのでしょうね。そんな中で生きていくことは、辛いですよね。生きるよすがとなる何かがありますように。
杉咲花さんの強い意志のある視線に、あるよねとホッとします。(白)


2022年/日本/カラー/シネスコ/126分
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2023 映画「市子」製作委員会
https://happinet-phantom.com/ichiko-movie/
★2023年12月8日(金)テアトル新宿、TOHOシネマズシャンテほか全国公開
posted by shiraishi at 23:30| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Winter boy(原題:Le lyceen)

Winter boy.jpg

監督・脚本:クリストフ・オノレ
製作:フィリップ・マルタン ダビド・ティオン
出演:ポール・キルシェ(リュカ)、ヴァンサン・ラコスト(カンタン)、ジュリエット・ビノシュ(イザベル)、エルヴァン・ケポア・ファレ(リリオ)

リュカ17歳。大好きな父親が事故で亡くなり、高校の寄宿舎からアルプス山麓の実家に戻った。あまりに突然のことで、悲しいという感覚がマヒしてしまったようだ。葬儀の後、兄のカンタンは沈んでいる弟を自分の住むパリに連れていき、好きなように過ごさせる。リュカは初めてのパリで、カンタンの親友の青年リリオに強く惹かれていく。リリオには知られたくない秘密があった。

クリストフ・オノレ監督の十代の自分のセクシャリティや喪失感を描いた自伝的ストーリー。新星のポール・キルシェは『トリコロール/青の愛』(93)『トリコロール/赤の愛』(94)などの女優イレーヌ・ジャコブの実の息子。端正な容姿と繊細な演技で、衆目をひきつけます。傷つきやすい心を抱えて、パリをさまようリュカが光を見出せますようにと、つい見守ってしまいます。恵まれた環境に甘えることなく、探求心や努力を怠らない、先が楽しみな若手スターです。
母役にイレーヌ・ジャコブと共演していたジュリエット・ビノシュ。兄のカンタン役のヴァンサン・ラコストは口元が可愛いですよね。春に公開された『幻滅』で主人公の先輩編集者役を演じていました。リリオ役のエルヴァン・ケポア・ファレはまだ俳優歴は浅いようですが、リュカが目を止めるだけの存在感あり。
中身は全く違うけど、青春って痛かったと思い出しました。(白)


2022年/フランス/カラー/シネスコ/122分/R15+
配給:セテラ・インターナショナル
(C)2022 L.F.P・Les Films Pelleas・France 2 Cinema・Auvergne-Rhone-Alpes Cinema
https://www.winterboy-jp.com/
★2023年12月8日(金)よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 22:37| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする