2023年03月26日

ケアを紡いで

ケアを.jpg

監督:大宮浩一
企画:鈴木ゆずな
撮影:田中圭
出演:鈴木ゆずな・翔太夫妻、友人たち

ありのままを記録してもらえれば—そう語る看護師の鈴木ゆずなさん。
27歳でステージ4の舌がんの診断を受けた彼女は、仕事を休み、治療を続けています。やりたいことをリストに書き出して、家族や友人を招いて念願の結婚披露パーティーをひらいたり、富士山に登ったり。一方でゆずなさんは日々の気づきを言葉にしていきます。
「生きにくさを感じる人は他にもたくさんいますよね」
「ネガティブな自分を抑圧せず、素直に受け入れた」
「“今、自分は辛いんだな”と否定も肯定もせずただ受け入れる」
本作は、ゆずなさんが夫の翔太さんや友人たち、そしてあらたに出会ったNPO法人「地域で共に生きるナノ」の仲間たちと時を重ね、命と向き合い、日々の暮らしを紡いでいく姿を描くドキュメンタリー映画です。

生まれてきたら、いつかは死ぬときが来ます。でも100歳の長寿が珍しくない時代、20代で癌になったゆずなさん。映像を残すことを望みました。看護師の仕事柄、知識は豊富、自分の病気と冷静に向き合っています。ゆずなさんを支えるご家族やお友達の映像もたくさんはさまれています。いつもそばにいた旦那様の翔太さん、他人の私ですがありがとうと言いたいです。
シネジャでは、頼もしいスタッフだった(梅)さんが闘病を経て亡くなりました。もう10年になりますが、ポスターの「帽子をかぶって眼鏡をかけているゆずなさん」が彼女に見えて、思い出が蘇ってきました。(白)


2022年/日本/カラー/89分
配給:東風
(C)大宮映像製作所
https://care-tsumuide.com/
★2023年4月1日(土)ロードショー

posted by shiraishi at 18:14| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする