2023年03月22日

屋根の上のバイオリン弾き物語  原題:Fiddler's Journey to the Big Screen

yanenoueno.jpg
(C)2022 Adama Films, LLC


製作・監督・編集:ダニエル・レイム
出演:ノーマン・ジュイソン、ロバート・ボイル、ジョン・ウィリアムズ、トポル

人気ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」を映画として再構築したノーマン・ジュイソン監督の思いとは?

ショーレム・アレイヘムのベストセラー小説「牛乳屋テヴィエ」を基にしたミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」は、19世紀末のウクライナ地方に暮らすユダヤ人一家を描いた物語。テヴィエには、5人の娘がいて、政情が悪化するなかでも、それぞれに恋をする。そんな中、ついにユダヤ人の強制退去命令が出て、村人たちが村を離れる日が来る・・・
「カット!」とノーマン・ジュイソン監督が指示する1971年当時の撮影シーンで始まる本作。監督だけでなく、音楽のジョン・ウィリアムズや主人公テヴィエを演じたトポル、3人の娘役たちへのインタビューや、ロケ地を巡る困難、舞台セットや撮影に凝らした数々の工夫などを追って、『屋根の上のバイオリン弾き』の知られざる魅力を明らかにする。

ノーマン・ジュイソン監督が小学生の時に仲間外れにされていたシドニーというユダヤ人の少年と仲良くしていて、一緒にシナゴーグによく行ったそう。ラビに「両親はシナゴーグに来ないね」と言われ、「教会に通ってる」と答えたら、シナゴーグから締め出されてしまったというエピソードが紹介されました。「Jewison」という名字は、Jew(,ユダヤ人)のson(息子)なのに、ユダヤ人でないのが残念だったそうで、ユダヤ人からはユダヤ人になりたがる変人と言われたという話が可笑しかったです。結婚式は女性のラビを招いて、ユダヤ式に天蓋の下で行ったそうで、筋金入りのユダヤ好きです。
そんな ノーマン・ジュイソン監督がミュージカルを映画化する時に、舞台では不可能だった「故郷を追われたユダヤ人の歴史」を盛り込んで描こうとしたことが、本作の中で語られていました。
 
『屋根の上のバイオリン弾き』が日本で公開されたのは1971年12月4日。私が大学1年生の時のことです。♪サンライズ サンセット~♪の哀愁ある歌と共に、生まれた地を去らなければいけない人たちの悲哀が心に深く残りました。
中学生のころに「アンネの日記」を読んで、第二次世界大戦の時にユダヤ人がナチスドイツに迫害されたことはすでに知っていましたが、『屋根の上のバイオリン弾き』を観て、ユダヤ人を嫌ったのはドイツだけではないことに気づいたのでした。なぜヨーロッパでユダヤ人が嫌われるのかに興味を持ったのは、この映画が原点だったような気がします。
50年以上の時を経て、この映画が出来た背景を知ることができたのは、この上のない喜びでした。 願わくば、1971年の『屋根の上のバイオリン弾き』がリバイバル公開されるといいのですが、今のところ無理とのことで残念です。(咲)


(咲)さんと偶然同じ日に試写を拝見。終わってすぐに「この映画観たいよねー」と同じ感想がこぼれました。それくらい面白い舞台裏のエピソードがたくさん詰まっていました。
帰宅して調べましたら、DVDは以前に何度か発売されたようです。中古を探してみます。私は森繁久彌さんの舞台を映像で観たことがあり、今回文庫本で原作を読みました。これまで仲良く暮らしていた村に、「お上」からの厳命があり、従わねばならない役人とテヴィエとのやりとりが痛切です。娘たちが嫁いだ先のそれぞれの事情も描かれています。戦争を始めたのは、国。庶民は兵士になり、戦火に追われ、理不尽と思いつつ従わねばならないのは、昔も今も変わらず。信仰は支えになると耐える人々が悲しいです。(白)


☆公開記念トークイベント☆
アップリンク吉祥寺 いずれも14:00~の回上映終了後
4月1日(土):寺﨑秀臣さん
(ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」演出家)
4月2日(日):渡辺えりさん(女優・演出家・劇作家)


2022年アトランタ・ジューイッシュ映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞
2022年ヒューストン・ジューイッシュ映画祭最優秀作品賞
2022年リバーラン国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞 他

2022年/米国/カラー/英語/88分/ドキュメンタリー
配給:パンドラ
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/yanenoue/
★2023年3月31日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺にて公開




posted by sakiko at 17:53| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリとロキタ  原題:Tori et Lokita

tori rokita.jpg
(C)LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM - FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - PROXIMUS - RTBF(Television belge)


監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:パブロ・シルズ、ジョエリー・ムブンドゥ、アウバン・ウカイ、ティヒメン・フーファールツ、シャルロット・デ・ブライネ、ナデージュ・エドラオゴ、マルク・ジンガ

カメルーン出身の10代の少女ロキタと、ベナン出身のまだ幼い少年トリ。ふたりはアフリカからベルギーにたどり着く途中で出会い、お互いを本当の姉弟のように思って支えあっている。すでにビザが発行されたトリの姉と偽り、ロキタはビザを取得しようとしている。だが、ビザ取得のための面接でうまく答えられずパニック障害を起こしてしまう。
トリとロキタはイタリア料理店でカラオケを歌って小銭を稼いでいるが、実はシェフのベティムが仕切るドラッグの運び屋が裏の仕事。さらに、偽造ビザと引き換えに、ロキタはベティムが提案する孤独で危険な仕事を引き受ける。姉同様のロキタと引き裂かれたトリは、なんとかロキタの居場所を探し出す・・・

世界には、様々な事情で生まれた国を出ざるを得ない人たちが後を絶ちません。トリやロキタのように、未成年なのに親兄弟とも離れて、ヨーロッパにたどり着く者も多々。どれほど孤独で不安な思いを抱えていることでしょう。そんな人たちにつけ込む密入国手配師や、闇の仕事をさせる者たち。人間の尊厳をないがしろにされながら、故国に残る家族に送金しようと過酷な仕事に耐えるロキタ。異国で知り合い本当の姉のようにロキタを慕うトリ。純粋な心を失わない二人の姿に胸がしめつけられる思いでした。
世界の皆が平穏に暮らせる時代はいつになったら来るのでしょう… (咲)


ベナンもカメルーンもアフリカの西側海沿いにある国です。どちらも海外へ人が違法に出て行くほど、経済的に恵まれません。両国はフランス語が公用語(ということはかつてフランス領だった?)で、二人はベルギーでもなんとか会話できるようです。ロキタとトリの事情は、詳しくは語られませんが、たぶんロキタとトリと似たような子どもたちが世界各国にいるのでしょう。
89分と最近では短めの作品です。その中で外国で生きることの厳しさ、助け合う二人の深い絆を十分に描いています。知られた子役でなく、無名の新人の出演にドキュメンタリーのような生々しさがありました。
ロキタを救うために、アクションヒーローばりの活躍をするトリにハラハラしました。(白)


第75回カンヌ国際映画祭 75周年記念大賞受賞

2022年/ベルギー、フランス/89分
日本語字幕:横井和子
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:https://bitters.co.jp/tori_lokita/
★2023年3月31日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国順次公開


posted by sakiko at 13:14| Comment(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シング・フォー・ミー、ライル  原題:Lyle, Lyle, Crocodile

sing for me.jpg

監督:ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン
脚本:ウィル・デイヴィス
音楽:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール
原作:バーナード・ウェーバー 『ワニのライル』シリーズ
声の出演:ショーン・メンデス
出演:ハビエル・バルデム、コンスタンス・ウー、ウィンズロウ・フェグリー、スクート・マクネイリー、ブレット・ゲルマン
〈日本語吹替版キャスト〉大泉洋、石丸幹二、水樹奈々、関智一、宮岸泰成

ニューヨーク。
何をやってもうまくいかないショーマンのヘクター。ある日、古びたペットショップで、魅惑の歌声を耳にする。歌っていたのはなんとワニ! ヘクターはそのワニを買って帰り、ライルと名付けて相棒に仕立てるが、いざステージに立つとライルは委縮して歌えない。
ヘクターはライルをアパートの屋根裏部屋に残して地方に巡業に出てしまう。
長い月日が経ったある日、ジョシュという少年が家族と共にライルの潜む家に越してくる。
ジョシュもライルと同じく心に深い孤独を抱えていた。屋根裏部屋にあがってきたジョシュを前に、ライルはゆっくりと歌い始める。やがてジョシュとライルは歌を通して友情をはぐくんでいく・・・

ペットショップにいたころのライルは、小さな檻に入った子どものワニでした。飼い主のヘクターが長い間留守にしている間に大きく育って、ジョシュが引っ越してきた頃には、大人の背丈。なんといっても、見た目はグロテスクなワニなので、通報されて捕獲されてしまいそうになります。でも、歌うワニが実際にいたらと考えると、なんだか楽しくなってしまいます。
楽曲を手がけたのは、『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』のベンジ・パセック&ジャスティン・ポール。ファンタジーの世界に誘ってくれます。 ヘクターが危険なワニを飼っていてOKな理由がまた素敵です。これはぜひ劇場で確認を!(咲)



2022年/106分/PG12/アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
公式サイト:https://www.sing-for-me-lyle.jp/
★2023年3月24日(金)全国の映画館で公開



posted by sakiko at 04:06| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする