2023年03月11日

コンペティション  原題:Competencia oficial

competition.jpg
(C)2021 Mediaproduccion S.L.U, Prom TV S.A.U.

監督:ガストン・ドゥプラット、マリアノ・コーン
出演:ペネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス、オスカル・マルティネス

製薬業界のトップで大富豪のウンベルト(ホセ・ルイス・ゴメス)は80歳の誕生日を迎え、社会貢献として後世に残るような映画を作ろうと思いつく。大枚はたいてベストセラー小説の映画化権を得て、監督に映画賞を多数受賞している女性監督(ペネロペ・クルス)を起用するが、開口一番、「原作通りには映画化しない」と言われる。兄弟の確執を描いた物語で、兄役に世界的スターのフェリックス(アントニオ・バンデラス)、弟役に老練な舞台俳優イバン(オスカル・マルティネス)を起用。さっそく台詞の読み合わせを始めるが、個性的すぎる3人はしょっちゅうぶつかってしまう。果たして、映画は無事完成するのか・・・

ペネロペ・クルスが変わり者の天才女性監督という役どころを楽しそうに演じて、はじけっぷりに笑わせられます。台本の読み合わせが始まるなり、「ブエノス ノーチェス(こんばんは)」の抑揚がそうじゃないと何度も言わせたり、「うまく泣くより真実味を出して」など、ペネロペが女優としてこれまでに接した監督を投影した場面もあるのではないでしょうか。
リハも進み、イバンが「アカデミー賞も見えてきた」というのに対し、フェリックスは「ばかげた賞。白人中心のエンタメ業界に色を添えるラテン人になれと?」と返します。そう語るのが、ハリウッドを始め国際的に活躍しカンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞したスペイン人俳優のアントニオ・バンデラスというのが皮肉です。老練な舞台俳優イバンを演じたオスカル・マルティネスは、『笑う故郷』でベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞したアルゼンチンの大御所俳優。本作の中では、「スペインに20年もいるのに、まだアルゼンチン訛り」と指摘されるところがあって、彼のスペイン語はアルゼンチン訛りなのだと。(私には違いはわかりません・・・)
映画製作の現場もいろいろあると思いますが、案外、こんな感じかも。ハプニングがあれこれ起こるのも含めて!
それにしても、金儲けばかりで尊敬されてないと感じている大富豪が、映画製作で社会貢献という発想。 どんな映画が出来上がったのやらですが、ここで描かれてたような製作過程では、さてはてです。(咲)



2021年/スペイン・アルゼンチン/スペイン語/114分/カラー/スコープ/5.1ch/
字幕翻訳:稲田嵯裕里
配給:ショウゲート
公式サイト:https://competition-movie.jp/index.html
★2023年3月17日(金)にヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開



posted by sakiko at 21:28| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妖怪の孫

youkainomago.jpg

監督:内山雄人
企画:河村光庸
音楽:岩代太郎
アニメーション:べんぴねこ
ナレーター:古舘寛治

“昭和の妖怪”と呼ばれた政治家・岸信介。第56、57代 内閣総理大臣を務めた。長女の洋子と安倍晋太郎の間に次男として生まれたのが安倍晋三である。2006年から1年間(第1次安倍内閣)、2012~2020年(第2次~第4次安倍内閣)内閣総理大臣として最長在任期間を記録した。その間スローガン”美しい国、日本”を掲げていた安倍元総理は、祖父岸信介を尊敬し、祖父の悲願だった自主憲法の制定に力を入れていた。
2022年7月8日、参議院議員選挙の応援演説中に銃撃を受けて死亡。彼は何者だったのか、この国に何を遺したのか、残された映像から問いかける。

菅義偉のドキュメンタリー『パンケーキを毒見する』の内山雄人監督とそのスタッフが再び、集結。安倍元総理の生いたちから始まり、政界に登場してからの映像、長かった総理在任期間中の、国会や記者会見での発言も数多く集められています。政治家の家系から生まれた総理には、庶民の生活などピンとこなかっただろうと想像します。長い長い在任中、投げかけられたたくさんの疑問には答えず、宿題ばかり残していってしまった感じがします。
河村光庸プロデューサーは、2022年6月11日、銃撃事件より早く、映画の公開も待たずに急逝しました。まだまだたくさんの映画を送り出してほしかったのに残念でなりません。(白)


2023年/日本/カラー/ドキュメンタリー/115分
配給:スターサンズ
(C)2023「妖怪の孫」製作委員会
https://youkai-mago.com/
予告編はこちら
★2023年3月17日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
posted by shiraishi at 20:24| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長ぐつをはいたネコと9つの命(原題:Puss in Boots: The Last Wish)

nagagutu.jpg

監督:ジョエル・クロフォード
脚本:ポール・フィッシャー、トミー・スワードロー
音楽:ヘイター・ペレイラ
声の出演:アントニオ・バンデラス/山本耕史(プス)、サルマ・ハエック/土屋アンナ(キティ)、フローレンス・ピュー/中川翔子(ゴルティ)、ハーヴィー・ギレン/小関裕太(ワンコ)、サムソン・ケイオ/木村昴(ベイビー・ベアー)、オリヴィア・コールマン/魏涼子(ママ・ベアー)、レイ・ウィンストン/楠見尚己(パパ・ベアー)、ワグネル・モウラ/津田健次郎(ウルフ)、ジョン・ムレイニー/成河(ジャック・ホーナー)

モフモフでカッコよくて、強くて可愛い茶トラの「長ぐつをはいたネコ」のプス。猫は生まれ変われると、今日も今日とて無茶三昧。いつしかお尋ね者の「賞金首」になっていた。しかし、すでに8度死んでいた彼は、今が9つめの最後の命となってしまったことに気がついた。うっかり死んだらはいおしまい。今度こそ「いのちだいじに」しなきゃ、とこれまで見向きもしなかった家猫になって安全安心に暮らすことにした。ところが、賞金稼ぎはほうっておいてはくれない。その代わり、「願い星」を手に入れたらなんでも願いが叶うという耳より情報!!せっかく元カノの美女猫キティとも再会したことだし、なんとしても新しい命を増やしてもらわねば!

大ヒットした『長ぐつをはいたネコ』の続編。11年後の同じ3月17日に公開です。ほんとなら老猫になっているはずのプスですが、そこは8度も生まれ変わっているわけですし、まだまだ剣さばきもアクションもキレッキレです。うるうる瞳も健在。
映像はますます美しく、敵は強力、猫に交じっていた「ワンコ」も仲間に加わりました。プスのただの猫らしい家猫生活場面は珍しいので、だるだるでも観ていてくださいね。大活躍のシーンもすぐ、やってきます。
動きが激しいので、大きい画面ですみずみまでお楽しみくださいませ。(白)


2022年/アメリカ/カラー/シネスコ/104分
配給:東宝東和、ギャガ
(C)2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
https://gaga.ne.jp/nagagutsuneko/
★2023年3月17日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Son 息子 (原題:The Son)

The Son_ポスタービジュアル.jpg

監督・脚本・原作戯曲・製作:フロリアン・ゼレール『ファーザー』
製作総指揮:ヒュー・ジャックマン
共同脚本:クリストファー・ハンプトン
撮影:ベン・スミサード
音楽:ハンス・ジマー
出演:ヒュー・ジャックマン(ピーター)、ローラ・ダーン(ケイト)、バネッサ・カービー(ベス)、ゼン・マクグラス(ニコラス)、アンソニー・ホプキンス(ピーターの父)

弁護士として順風満帆の日々を送っていたピーターに、別れた妻ケイトから連絡があった。17歳の息子ニコラスが登校していないという。「パパと暮らしたい」と望む息子を、再婚相手のベスと赤ん坊のいる家庭に迎え入れることになった。ニコラスは新しい高校に転入したものの、やはり出かけはするが登校できず、ピーターは何度も話し合うが、話は平行線のまま。ニコラスは、自分と母を捨てたピーターと不倫の末結婚したベスに辛辣な言葉をぶつける。

フロリアン・ゼレール監督作『ファーザー』に続く「家族 3 部作」の第 2 部です。第3部も戯曲からでしょうか。今から楽しみです。内容は真実味があればあるほど、楽しくはありませんが。
脚本に惚れ込んだヒュー・ジャックマンが、出演を熱望し、制作にもあたっています。『ファーザー』で 認知症を患う父を演じて2 度目のアカデミー賞受賞の名優アンソニー・ホプキンスが、ピーターのトラウマの元になっている厳格な父親役。親子似てしまうんですね。親子3代の確執の連鎖は、断ち切れるのか、乗り越えられるのか。
新鋭ゼン・マクグラスが演じるニコラスが繊細で傷つきやすく痛々しいです。
親は生れた子どもを抱いたそのときから、すぐに親の役割を果たさねばなりません。初めてでも何でも容赦なく時間が過ぎて、親が親らしくなるより早く子どもは成長していきます。兄弟姉妹がたくさんいて、親類縁者やご近所とのかかわりも密だった昔と違い、親も子もマネしたいモデルもなければ、経験も少ないこのごろです。戸惑うこと、孤立して悩みが深くなるのも無理ありません。学校に無理して行かなくても大丈夫、それでもちゃんと生きていける、と大人が言ってあげたい。どうか同じ轍を踏まないで。(白)


両親の離婚が、いかに子の心に影響を及ぼすかを突き付けられました。
ニコラスは、学校に行かないという形で意思表示していたのが、ついにはっきりと父が母を裏切ったことについて不満をぶちまけます。父の再婚相手にも問いただします。だからといって、大人にもそれぞれの人生があります。親である以上、自分の決断が子どもにどんな影響を与えるのか考えてケアする必要はあるでしょう。
日本でも十代の自殺が増えていますが、社会がどう対応すればいいのかも考えさせられました。本作では、精神科の功罪も見せつけられました。難しいですね・・・ (咲)


2022年/イギリス・フランス合作/カラー/スコープサイズ/123分
配給:キノフィルムズ
(C)THE SON FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2022 ALL RIGHTS RESERVED.
公式HP:https://www.theson.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/TheSon_jp
★2023年3月17日(金)TOHO シネマズ シャンテほか 全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:01| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死体の人

sitainohito.jpg

監督:草苅勲
脚本:草苅勲、渋谷悠
撮影:勝亦祐嗣
主題歌:THEイナズマ戦隊「僕らはきっとそれだけでいい」
出演:奥野瑛太(吉田広志)、唐田えりか(加奈)、楽駆(翔太)、田村健太郎(東郷)、岩瀬亮(高橋)、烏丸せつこ(広志の母)、きたろう(広志の父)

ずっと役者を志していたのに、気づけば死体役ばかりの吉田広志。現場では名前でなく、「死体の人」と呼ばれている。演じることにこだわりがありすぎて、芝居が大きいと敬遠される。劇団にいたときの後輩俳優はテレビで活躍し、いつのまにか父親になっていた。
彼女もいない広志は、デリヘル嬢の加奈をときどき呼ぶ。ある日、加奈が忘れた妊娠検査薬を興味本位で試してみたら、なんと陽性反応が出た!まさかと思いつつ加奈に言ったら、きっぱりと否定された。
そんなおり、母が入院すると父から知らせがある。お見合い写真も見せられるが、乗り気になれない。母は深刻な病気であることを隠し、広志や父に「大丈夫、大丈夫」としか言わずにいたが、容体は日に日に悪くなっていく。

くっきりした目鼻立ちの奥野瑛太さん、軍人や反社な人の役でよく観ていました。こんなに控えめで、弱気な彼や泣き顔は初めて見たかもしれません。
広志は死体の役でも背景や死因を考えて役作りするので、周りにうざがられています。自分が主催した劇団の後輩に遭ったときは、さぞバツの悪い思いをしたはず。あちらセリフのある役、こちら物言わぬ死体…。
一人暮らしも長いようで、妊娠検査薬の陽性反応になんだか嬉しそうなのが、バカだなぁと思いつつも切ないです。もちろん間違いだったんですけどね。
両親役のきたろうさん、烏丸さんがいつもいつも息子を心配しているのにほろりとしました。「未完成映画予告編大賞 MI-CAN3.5復活祭」最優秀作品の映画化。(白)


2022年/日本/カラー/PG12/94分
配給:ラビットハウス
(C)2022オフィスクレッシェンド
https://shitainohito.com/
★2023年3月17日(金)渋谷シネクイントほか全国順次公開

posted by shiraishi at 18:45| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする