2023年03月02日

KG200 ナチス爆撃航空団  原題:WOLF HOUND

nachis kg200.jpg
© 2022 Wolf Hound Productions, LLC All Rights Reserved

監督・原案:マイケル·B·チャイト
脚本:ティモシー·リッチー
撮影:ウェストリー・ギャスライト
プロダクションデザイン:ブランドン·F·オッテンバッハー『リアル·スティール』
編集:ヤニナ・マリア
音楽:マイケル・クラマー
サウンドデザイン:ピーター・バヴィーク
VFXスーパーバイザー:ライアン・アーバン『マトリックス レザレクションズ』『パシフィック・リム: アップライジング』
出演:ジェームズ·マズロー、トレヴァー·ドノヴァン、ジョン·ターク、マイケル·ウェイン·フォスター、ジョン·ウェルズ

1944年、ナチス占領下のフランス上空。アメリカ空軍デイビッド・ホールデン大尉らがナチス基地殲滅(せんめつ)の任務を受け飛行中、同行予定を知らされてなかった英国機を見かけ、無線で連絡するも応答がない。突如、味方と思った戦闘機の奇襲を受ける。実はドイツ軍パイロットのロス兄弟の乗る2機の戦闘機が英国機を装っていたのだ。パラシュートで無事森の中に降り立ったホールデン大尉は、ドイツ軍第200爆撃航空団(KG200)に囚われたクルーたちを救出するべく敵陣に向かう。そこで彼が見たのはナチスの恐るべき計画。それはロンドン壊滅を狙い、極秘裏に開発された新型爆弾“超兵器”だった・・・

登場する爆撃機や戦闘機はすべて本物のヴィンテージ機が使用され、空中戦シーンでも約4,000発の空砲を用い、圧倒的なリアリティを追求した空撮を敢行。米国ヴァージニア州のミリタリー・エヴィエーション・ミュージアムや、ミシガン州のヤンキー・エア・ミュージアム等の航空博物館の協力のもと、数々の貴重な飛行可能機が使用されています。

ボーイングB-17Gフライングフォートレス
フライングフォートレス(空飛ぶ要塞)のニックネームを持つ、アメリカ陸軍の四発重爆

ノースアメリカンP-51Dムスタング
航続力と高高度性能を活かして爆撃機の護衛任務などにも就いた、アメリカ陸軍の主力戦闘機。

スーパーマリン・スピットファイアMk.9
ロールスロイス・マーリン搭載のイギリスを代表する流麗なシルエットの戦闘機。

ホーカー・ハリケーンMk.12
スピットファイアともども1940年の英本土防空戦“バトル・オブ・ブリテン”での活躍が語り継がれる。

ノースアメリカンB-25Jミッチェル
1940年に初飛行したアメリカ陸軍の双発爆撃機。

メッサーシュミットBf109G
ドイツのメッサーシュミット社がバイエルン航空機製造時代に設計したドイツ空軍の主力戦闘機。

航空機(戦闘機)好きには、たまらない一作でしょう。
私にとって興味深かったのは、アメリカ空軍デイビッド・ホールデン大尉がユダヤ人というところ。ダビデの星のペンダントをしているので、ドイツ軍の将校たちに、すぐにユダヤ人とわかり、いたぶられます。第一次世界大戦の時には、ドイツ人はユダヤ人を兄弟と呼んで一緒に戦っていたこと、さらにはその頃にはユダヤ人の方が羽振りがよかったエピソードも出てきます。その恨みがユダヤ人狩りに繋がったとも思える話です。
それにしても、なぜ戦争が世界から消えないのでしょう。人が無駄死にするしかない戦争がこの世からなくなることを祈るばかりです。(咲)


2022年/アメリカ/英語/130分/カラー/スコープサイズ
日本語字幕:宇治田智子
提供:ミッドシップ、コムストック·グループ
配給:ミッドシップ 協力:コムストック・グループ 特別協力:文林堂『航空ファン』
公式サイト:http://mid-ship.co.jp/wolfhound/
★2023年3月3日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほか全国順次公開
posted by sakiko at 02:27| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする