2023年01月22日

すべてうまくいきますように   原題: Tout s'est bien passé

subete umaku.jpg
(C)020 MANDARIN PRODUCTION – FOZ – France 2 CINEMA – PLAYTIME PRODUCTION – SCOPE PICTURES

監督・脚本:フランソワ・オゾン(『ぼくを葬る』『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』)
出演:ソフィー・マルソー アンドレ・デュソリエ ジェラルディーヌ・ペラス シャーロット・ランプリング ハンナ・シグラ

小説家のエマニュエルは、85歳の父アンドレが脳卒中で倒れたという報せを受け病院に駆けつける。集中治療室からは脱することができたが、身体の自由がきかず、「こんな姿はもう自分じゃない、終わらせてほしい」という。エマニュエルは妹のパスカルに相談し、父の願いを受け入れるしかないと、スイスの尊厳死協会に相談する。段取りや日程も決めるが、間近になって、父は孫ラファエルの演奏会を観てからにしたいと、実行日を延期することになる。生きる気持ちを取り戻したのではと、エマニュエルたちは期待するが、父は皆に自分で終わらせることを楽しそうに告げる・・・・

父は元実業家で、母は彫刻家。裕福な暮らしをしていて、父は美術館の運営にも関わっているらしく、人生を謳歌してきたようです。
葬儀の時には、ユダヤのカディッシュ(祈り)だけ唱えてくれればいいという言葉から、ユダヤだとわかりました。
妹パスカルは、クラシック音楽祭に携わっているのですが、ほんとうは第二次世界大戦における楽器の破壊を研究したかったと語るのを聞いて、尊厳死協会の女性が、ご家族にホロコーストの犠牲者がいらっしゃるのかと聞く場面がありました。父の従妹は強制収容所からの生還者。そして、父は少しドイツ語が話せます。ナチスが台頭した時代、どんなことがあったのでしょう・・・
ジェラールという男性が、父が一人になる時を狙って父に会いにいくのですが、エマニュエルやパスカルはジェラールを要注意人物として認識しています。でも、父は「もう来るなとは言えなかった」と言います。いったいどういう係わりがあった人物なのか謎が残りました。
スイスでは安楽死が認められていますが、それでも尊厳死協会の女性は、私たちは見守るだけ、自分で薬を飲む必要があると言います。
本作を観て、真っ先に思い出したのが『母の身終い』(2012年/フランス 監督:ステファヌ・ブリゼ)なのですが、その映画でも同様でした。
それにしても、スイスでの尊厳死はお金があるから出来ること、貧しい人は死を待つしかないという言葉にドキッとしました。
エマニュエルが時折、少女時代の父とのことを思い出す場面が出てきます。娘としては、父の思いはわかるけれど、やっぱり自死という形で見送るのはつらい・・・ ソフィー・マルソーがそんな娘の思いを体現していて素敵です。(咲)


カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品

2021/フランス・ベルギー/フランス語・ドイツ語・英語/113分/カラー/アメリカンビスタ/5.1ch
字幕翻訳:松浦美奈
提供:木下グループ 
配給:キノフィルムズ
公式サイト:https://ewf-movie.jp/
★2月3日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマほかで全国公開

posted by sakiko at 20:36| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニシェリン島の精霊(原題:The Banshees of Inisherin)

ini pos.jpg

監督・脚本:マーティン・マクドナー
撮影:ベン・デイビス
音楽:カーター・バーウェル
出演:コリン・ファレル(パードリック)、ブレンダン・グリーソン(コルム)、ケリー・コンドン(シボーン)、バリー・コーガン(ドミニク)

1923年、アイルランドの孤島、イニシェリン島。島民全員が顔見知りのこの平和な小さい島で、気のいい男パードリックは長年友情を育んできたはずだった友人コルムに突然の絶縁を告げられる。急な出来事に動揺を隠せないパードリックだったが、理由はわからない。賢明な妹シボーンや風変わりな隣人ドミニクの力も借りて事態を好転させようとするが、ついにコルムから「これ以上自分に関わると自分の指を切り落とす」と恐ろしい宣言をされる。美しい海と空に囲まれた穏やかなこの島に、死を知らせると言い伝えられる“精霊”が降り立つ。その先には誰もが想像しえなかった衝撃的な結末が待っていた…。

thumbnail_イニシェリン島の精霊:メイン.jpg

マクドナー監督とメインキャストのコリン・ファレル、ブレンダン・グリーソンはベルギーを舞台に展開した『ヒットマンズ・レクイエム』(08)以来、14年ぶりの再タッグ。今回マクドナー監督はコメディを作ったらしいのですが、そうわかりやすくありませんでした。イギリスのコメディってダークすぎて今までも笑えなかったのですが、今回も。
一方的に絶縁を告げたコルムが、納得できずに声をかけてくるパードリックに「自分の指を切る」というところで、「???」。男女ならば振られた男か女が「別れるなら死ぬ」と脅かしたり、大切な相手のために自分が引く、となったりかなぁと思いますが、違いました。みんなの関心を集め、引くに引けない2人の行く先は、ここまでやるかというところまで。兄のパードリックを心配する聡明な妹と、横暴な警官と息子ドミニクのドラマもはさみます。
このアイルランドの島からは、遠くない本土での紛争の爆発音が聞こえ、煙も見えています。島の風景の中、透き通った声の民謡らしい歌が流れ、人の営みの悲しさと滑稽さが浮かび上がる余韻の残る作品でした。(白)


☆第80回ゴールデングローブ賞受賞
ミュージカル/コメディ部門 作品賞、主演男優賞(コリン・ファレル)、脚本賞(マーティン・マクドナー)と最多3部門受賞

☆第76回英国アカデミー賞ノミネート
作品賞、英国作品賞、監督賞 マーティン・マクドナー、主演男優賞 コリン・ファレル、助演男優賞 ブレンダン・グリーソン、助演男優賞 バリー・コーガン、助演女優賞 ケリー・コンドン、脚本賞 マーティン・マクドナー、作曲賞 カーター・バーウェル、編集賞 ミッケル・E.G.ニールセンの<主要9部門10ノミネート>

2022年/イギリス・アメリカ・アイルランド合作/カラー/シネスコ/109分
配給:ディズニー
(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
https://www.searchlightpictures.jp/movies/bansheesofinisherin
★2023年1月27日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー


posted by shiraishi at 15:31| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レジェンド&バタフライ

rejend.jpg

監督:大友啓史
脚本:古沢良太
音楽:佐藤直紀
出演:木村拓哉、綾瀬はるか、宮沢氷魚、市川染五郎、音尾琢真、斎藤 工、北大路欣也、伊藤英明、中谷美紀

政略結婚で結ばれた、格好ばかりの織田信長と密かに信長暗殺を目論む・濃姫は、全く気が合わない水と油の関係。ある日濃姫の祖国で内乱が起こり父が命を落とす。自身の存在意義を失い自害しようとする彼女に、再び生きる意味と場所を与えたのは、他でもない信長だった。そんな信長もまた、大軍に攻められ窮地に立たされた時、濃姫にだけは弱音を吐く。自暴自棄になる彼を濃姫は鼓舞し、二人は桶狭間の激戦を奇跡的に勝ち抜く。これをきっかけに芽生えた絆は更に強くなり、いつしか天下統一が二人の夢となる。しかし、戦さに次ぐ戦さの中で、信長は非情な"魔王"へと変貌してゆく。本当の信長を知る濃姫は、引き止めようと心を砕くが、運命は容赦無く<本能寺>へと向かっていく。

東映創立70周年記念作品。総製作費 20億円の壮大なスケールで、誰もが知る日本史上の“レジェンド”織田信長と、その正室・濃姫(別名“帰蝶”)の謎に包まれた30年を描いています。「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督、脚本は「コンフィデンスマンJP」シリーズの古沢良太。すでに史実として知られているエピソードが元ではありますが、織田信長を木村拓哉、濃姫を綾瀬はるかが演じるのをはじめ、誰もが知るスターたちが配されてこの戦国絵巻を彩っています。
権謀術数がうずまく世ですが、二人にフォーカスしてみると、なんとも純粋で不器用な男女のラブストーリーでありました。互いに引かない二人のにらみ合いのシーンなど、近すぎて見えないだろうというほど近い近い!
少しずつ心が通じていくようす、ラストの一言に撃ち抜かれること必至です。(白)


2023年/日本/カラー/シネスコ/168分
配給:東映
©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
公式 HP:http://legend-butterfly.com/
公式 Twitter:@lb_toei70th
★2023年1月27日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 14:53| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマ組踊 孝行の巻

koukounomaki.jpg
(C)ステージサポート沖縄


監督:宮平貴子(『アンを探して』)
プロデューサー:大野順美、横澤匡広

「組踊」は、琉球王国時代の1719年に躍奉行・玉城朝薫が創始した、琉球独自の歌舞劇。
琉球の伝説を元に琉球舞踊や琉球古典音楽を基礎とし、日本や中国の芸能に影響を受けながら発展した。沖縄が本土復帰した1972年5月15日には国の重要無形文化財に指定され、2010年にはユネスコ無形文化遺産リストに登録された。

「シネマ組踊」は、約300年間受け継がれてきた「組踊」の歴史や特徴をわかりやすく伝えると共に、玉城朝薫の代表的な五作品(朝薫五番)の中から、「孝行の巻」の上演を取り上げ、役者の繊細な表情、緊迫感溢れる演奏者の音楽、流麗なセリフ回しなど、組踊の魅力を余すところなく伝えるプロジェクト。

*孝行の巻 物語*
屋良ムルチという池に住む大蛇が田畑を荒らしていた。占いで14~15歳の子を供えれば鎮まると出て、国王は「生贄になる家族には生活を保障する」とお触れを出す。父が亡くなり母を支えながら貧しく暮らす姉弟。お触れをみて姉は弟を説得し、自ら生贄になると王府へ申し出る。 生贄の儀式の日、大蛇が出現し娘を飲み込もうとする瞬間…

舞台「孝行の巻」の始まる前に、美しい琉球の着物姿の女性(宮城さつきさん)が、組踊についてわかりやすくその歴史や特徴を説明してくださいます。
組踊はもともと、中国皇帝の使者である冊封使を歓待するためにつくられたので、初めての人にも理解しやすく工夫されたものとのこと。琉球古語で語られますが、本作では、現代口語の字幕が付けられています。やさしい響きの琉球の言葉や、静かな足運び、翻って、大蛇の躍動的な振る舞いを楽しみました。琉球独特の楽器による音楽「歌三線」も心地いいです。楽器を奏でる人たちの服装も独特です。まったりと組踊を味わいました。(咲)



◆1/28(土)上映後 初日舞台挨拶:
宮平貴子監督、大野順美プロデューサー、澤井毎里子(出演者:地謡 笛)

◆1/29(日)上映後 尚玄(俳優)ゲストトーク

2022年/日本/77分/カラー/HD
配給:ククルビジョン、ミカタ・エンタテインメント
公式サイト:https://kukuruvision.com/cinema_kumiodori_koko/
★2023年1月28日(土)から渋谷ユーロスペースにて一週間限定公開




posted by sakiko at 14:11| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~

4_ポスタービジュアル.jpg

監督:東 考育
撮影:吉田誠
語り:満島ひかり
出演:井口理、浦沢直樹、奥田民生、加山雄三、きたやまおさむ、黒柳徹子、康芳夫、財津和夫、ジュリア・ベアード、髙嶋弘之、高橋克彦、野地秩嘉、尾藤イサオ、フリーダ・ケリー、星加ルミ子、堀威夫、松本隆、ミッキー・カーチス、峯田和伸、湯川れい子ほか

わずか 8 年足らずの活動で世界中を熱狂させ、デビューから 60 年以上経った今もなお語り継がれる伝説のロックバンド“ザ・ビートルズ”。
彼らはどのようにして日本で空前の大人気バンドになったのか。どのような軌跡で伝説の日本武道館公演が実現されたのか。
そして、今もザ・ビートルズが広い世代に愛される理由とは何なのか。武道館公演の舞台裏で活躍した知られざる立役者や熱狂の渦を目撃した証言者達は、何を思い何に突き動かされたのか。

世界のエンターテイメント、音楽シーンに大きな影響を与えた“ザ・ビートルズ”、多くの番組や映画が作られてきましたが、これは日本武道館公演の舞台裏に注目した映像です。この公演がどうやって実現されていったのか、一大イベントの裏で着々と勧められた準備などなど、当時の映像と当日の熱狂の中にいた人たちの証言で蘇ります。
上京するなど思いもよらず、テレビでの映像を見るほかありませんでしたが、友人と大感激していました。公演後の芸能ニュースや雑誌で4人がホテルに缶詰めになっていたと知って気の毒に思ったものです。
ビートルズの前と後ではくっきりと違いが出るほど大きな存在であったと、一ファンとしても思います。ジョンは40歳、ジョージは58歳で亡くなりましたが、ポールとリンゴが80歳を超えても元気なのが嬉しいです。ポスターの4人の絵は映像にも登場する浦沢直樹さんの描かれたもの、まだ20代と若かった彼ら、似ていますよね。(白)


〇警視庁が撮影した”ビートルズ来日動画”が開示請求をうけて2022年10月に公開されました。警備記録のために撮影されたものですが、いまやとても貴重です(動画サイトに残っています。探してね)。

2022年/日本/カラー/シネスコ/102分
配給:KDDI/WOWOW
(C)「ミスタームーンライト」製作委員会
https://mr-moonlight.jp/
★2023年1月27日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 13:29| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする