2023年01月15日

新生ロシア1991  原題The Event

sinsei rosia.jpg
(C)Atoms & Void

監督 セルゲイ・ロズニツァ

1991年 8 ⽉19 ⽇。ペレストロイカに反対する共産党保守派がゴルバチョフ⼤統領を軟禁し軍事クーデターを宣⾔した。テレビはニュース速報の代わりにチャイコフスキーの「⽩⿃の湖」を全⼟に流した。モスクワで起きた緊急事態にレニングラードは困惑した市⺠で溢れかえった。夜の街では男がギターを掻き鳴らしウラジーミル・ヴィソツキーの「新時代の歌」を歌い、ラジオからはヴィクトル・ツォイの「変化」が流れた。⾃由を叫んだ祖国のロックが鳴り響くレニングラードは解放区の様相を呈し、8万⼈が集まった宮殿広場でついに⼈々は共産党⽀配との決別を決意する・・・

本作はレニングラード・ドキュメンタリー映画スタジオの 8 名のカメラマンが混乱する市中に紛れ撮影したモノクロ映像をセルゲイ・ロズニツァが⼿にし、3⽇間で終わった「ソ連 8⽉クーデター」に揺れながらもロシアの⾃由のため⽴ち上がったレニングラードを再構成したもの。
カメラはエリツィンを⽀持し市⺠にロシアの⺠主主義を訴えるアナトリー・サプチャーク・レニングラード市⻑も追いかけている。サプチャークの側近を務めていた若かりし頃のウラジーミル・プーチンの姿も映している。プーチンは 旧体制を解体したこの出来事の9年後にロシア連邦の⼤統領となり絶対的な権⼒を⼿にして現在に至っている。

このクーデターをきっかけに、ペレストロイカでソ連邦の緩やかな改⾰を考えていたゴルバチョフは失脚し、連邦最⼤の共和国であるロシアのトップだった急進改⾰派のエリツィンが実権を握り、結果的に同年12⽉にソ連邦の崩壊へ繋がりました。
当時の映像は、レニングラードの人たちが、モスクワでクーデターが起こったとの報に、純粋に社会の変革と自由を求めている姿を伝えてくれます。
共産党が良しとしなかったロシア正教会の司祭がスピーチする姿も出てきました。
ソ連崩壊後のロシアで、人々はどんな自由を得ることができたのでしょうか・・・
領土を拡大しようとする指導者のもとで、どんな思いをしていることでしょう・・・
歴史に「もし」はありませんが、違う人物が実権を握っていたなら・・・と、つい考えさせられました。

☆本作で描かれた8月クーデターの日々を含む数年間を、リトアニア側から見たのが、同じくロズニツァ監督の『ミスター・ランズベルギス』です。非暴力でソ連からリトアニアを独立させたランズベルギス。こんな方に国を率いてほしい!(咲)


第72回ヴェネチア国際映画祭正式出品

2015年/70分/ベルギー=オランダ/ロシア語/4:3
⽇本語字幕 守屋愛
配給 サニーフィルム
公式サイト:https://www.sunny-film.com/theevent
★2023年1⽉21⽇(⼟)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開





posted by sakiko at 19:21| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒトラーのための虐殺会議   原題:Die Wannseekonferenz 英題:THE CONFERENCE

1100man yudayajin.jpg
(C)2021 Constantin Television GmbH, ZDF

監督:マッティ・ゲショネック
出演:フィリップ・ホフマイヤー、ヨハネス・アルマイヤー、マキシミリアン・ブリュックナー

1942年1月20日正午、ベルリン。雪が残る冷えた日。
ヴァン湖(ヴァンゼー)の畔にある大邸宅にナチス親衛隊と各事務次官が、国家保安部代表のラインハルト・ハイドリヒに招かれ、ユダヤ人問題の最終的解決について会議が開かれた。「最終的解決」とは、ヨーロッパにいるすべてのユダヤ人を計画的に駆除する、つまり抹殺することを意味するコード名。ヴァンゼー会議の出席者の中で異を唱えた者は一人もおらず、これにより、現代国家が1つの民族の抹殺に乗り出すという前代未聞の政策が行われた。議事録には、移送、強制収容、強制労働、計画的殺害など様々な方策が詳述されており、単にユダヤ人を排除するだけではなく、移送と同時に強制労働者として利用する目的もあった。会議から1年以内にホロコーストは加速し、ユダヤ人の多くは絶滅収容所に到着すると同時に強制労働者に選別されることなく殺害されていった・・・
※2022年はヴァンゼー会議から80年

会議に出席した高官15名と秘書1名
ラインハルト・ハイドリヒ(国家保安本部長官/ベーメン・メーレン保護領総督代理/親衛隊大将)
オットー・ホフマン(親衛隊人種・植民本部/親衛隊中将)
ハインリヒ・ミュラー(国家保安本部ゲシュタポ局長/親衛隊中将)
ゲルハルト・クロップファー(党官房局長/親衛隊准将)
フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリツィンガー(首相官房局長)
ヴィルヘルム・シュトゥッカート(内務省次官)
マルティン・ルター(外務省次官補)
エーリヒ・ノイマン(四か年計画庁次官)
ローラント・フライスラー(法務省次官)
ルドルフ・ランゲ(ラトヴィア全権区保安警察・保安部司令官/ オストラント全権区保安警察・保安司令部代理/親衛隊少佐)
カール・エバーハルト・シェーンガルト(ポーランド総督府保安警察・保安部司令官/親衛隊准将)
ヨーゼフ・ビューラー(ポーランド総督府次官)
ゲオルク・ライプブラント(東部占領地域省局長)
アルフレート・マイヤー(東部占領地域省次官・北ヴェストファーレン大管区指導者)
アドルフ・アイヒマン(国家保安本部ゲシュタポ局ユダヤ人課課長/親衛隊中佐)
インゲボルグ・ワーレマン(秘書)

本作は、アドルフ・アイヒマンによって記録された会議の一部のみが残されていた議事録に基づき、80年後の2022年にドイツで製作されたもの。
すでに欧州では1933年以来、ユダヤ人迫害が行われていて、「ラトビアからユダヤ人が一掃された」との報告に、皆が、グーの手(拳)で机を叩きます。ユダヤ人をマダガスカルに送る案は、制海権がイギリスにあって無理という発言も。移送先はもうない、さて、どうするというのがヴァンゼー会議でした。
「低劣な人種をすべて排除することが長期的目標」
「読み書きは小学生程度、計算は100までで充分」と、ドイツ民族以外を蔑視する言葉も。
「アーリア化が済んだ」は、没収したという意味。
「ローマ人は、ユダヤ人が面倒で離散させた。我々が尻ぬぐい。病原体を根絶しないと」
「欧州全域にいるユダヤ人は、1100万人。銃殺するには、1100万発の銃弾はもったいない」
「警告の臭気がついていない殺虫剤をつかえば一気に片付けられる」
こんな会話が交わされ、最終的に、東方のアウシュヴィッツ村に欧州全域のユダヤ人を移送して、定住させるのでなく、抹殺することが決定されたのです。
この会議には、アドルフ・ヒトラーは出席していません。いかに、当時のナチスドイツが、アーリア民族を代表するドイツ人こそ優秀で、他者は排除すべきという考えで統一されていたことがわかります。
記録した秘書の女性も同じ考えだったのでしょうか・・・ こんなことを記録することに苦悩はなかったのでしょうか・・・ (咲)


観終わって「これは人間が人間を片付けよう、抹殺しよう」という会議なのだとぞわぞわと寒くなってきました。顔色ひとつ変えず、胸も痛めることもなく話すこの人たちに、ユダヤ人はゴミやがらくたと同様なのでした。家に帰れば良き父親や夫であったでしょうに。これは記録に基づき、80年後に再現した映画です。
救われるのはドイツで作られた作品ということです。加害国でありながらきちんと事実を掘り起こして、伝えていくことから逃げていません。風化し忘れられていくことを止めるには、そうはしない、という人の意思が大事。それが繰り返さないことにつながると信じます。(白)


2022年/ドイツ/112分/ビスタ/5.1ch/G
字幕翻訳:吉川美奈子
配給:クロックワークス
公式サイト:https://klockworx-v.com/conference/
★2023年1月20日(金)より 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

posted by sakiko at 18:47| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母の聖戦  原題:La Civil

hahano seisen.jpg
(C) 2021 Menuetto/ One For The Road/ Les Films du Fleuve/ Mobra Films

監督:テオドラ・アナ・ミハイ 
製作:ハンス・エヴァラエル 
共同製作:ダルデンヌ兄弟、クリスティアン・ムンジウ、ミシェル・フランコ
出演:アルセリア・ラミレス、アルバロ・ゲレロ、アジェレン・ムソ、ホルヘ・A・ヒメネス

メキシコ北部の町。十代の美しい娘ラウラ(デニッセ・アスピルクエタ)は念入りに化粧をして、母シエロ(アルセリア・ラミレス)にも口紅をさして、ボーイフレンドに会いに出かけていく。それが、シエロが娘の姿を見た最後になってしまう。若い男(ダニエル・ガルシア)から呼び出され、「娘に会いたかったら明日までに15万ペソと旦那の車をよこせ。警察や軍に通報するな」と言い渡される。
シエロは、今は若い愛人と暮らしている夫グスタボ(アルバロ・ゲレロ)のところに行き、事態を話す。翌日、夫と一緒に男に会いに行き、用意できた2万5千ペソと車を渡すが、それでは足りないと追加5万ペソを要求される。居合わせた夫の友人で地元の有力者ドン・キケ(エリヒオ・メレンデス)が夫の店の商品と引き換えに金を出してくれるが、ラウラを返してくれない。
警察に相談しても埒があかず、シエロは自力で娘を取り戻そうと犯罪組織を探り始める。この町に着任して間もない軍のラマルケ中尉(ホルヘ・A・ヒメネス)から、シエロが収集した犯罪組織の情報と引き換えにラウラの捜索を助けるといわれる。協力して、誘拐犯に迫っていくが、はたして、ラウロは無事なのか・・・

ルーマニア生まれでベルギーを拠点に活動する女性監督テオドラ・ミハイの劇映画デビュー作。チャウシェスク政権下のルーマニアに生まれた彼女は、8歳の頃にベルギーに移住。その後、米国カリフォルニアで中高生時代を送り、ニューヨークの大学で映画を学んだ後、ベルギーに戻り、映像業界に入る。メキシコの麻薬戦争下での子供たちを題材とするドキュメンタリーを企画していた中で、『母の聖戦』の主人公シエロのモデルとなった実在の女性ミリアム・ロドリゲスに出会い、フィクションで本作の製作を決めたという。
ベルギーの名匠ダルデンヌ兄弟、『4ヶ月、3週と2日』でカンヌ映画祭パルムドールに輝いたクリスティアン・ムンジウ、『或る終焉』で知られるメキシコの俊英ミシェル・フランコがプロデューサーとして参加。
撮影監督は、ラドゥ・ジューデ監督の問題作『アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版』などに携わってきたルーマニア人のマリウス・パンドゥル。

simin kantoku.jpg
第34回東京国際映画祭で『市民』のタイトルで上映され、審査員特別賞受賞した折のテオドラ・ミハイ監督  (撮影:宮崎暁美)

メキシコでは、犯罪組織による誘拐ビジネスが横行していて、2020年には826件の誘拐事件が報告されているとのこと。これは届出件数で、実際には年間約6万件もの誘拐事件が頻発していると推定されています。
身代金を払っても、娘を返してもらえない母の無念の思いをずっしり感じた映画でした。
夫が、「なぜ娘を一人で出かけさせた」と怒鳴る場面がありました。ボーイフレンドに迎えに来させるべきだったということなのでしょう。けれども、こんなに誘拐が頻発している国では、二人一緒に誘拐されることもありえるでしょう。
メキシコだけでなく、安心して出歩けないところは世界各地に多々あることと思います。
なぜタイトルが『La Civil(市民)』なのか? 
司法に守られ、安心して暮らせるのが市民でしょうか・・・
監督のタイトルに込めた思いを伺ってみたいところです。(咲)


メキシコでは、日本では考えられない誘拐ビジネスが横行し、金持ちだけでなく庶民もその中に巻き込まれている。母親のシエロは娘の行方を探し回り闘った。闘った相手は誘拐犯だけじゃない。格差と腐敗が日常化した社会。警察は市民の味方ではなく、信用できるのは誰なのか。疑心暗鬼の中で娘の行方を追う。シエロが最後に見たものは何だったのか。彼女の願いは届いたのか。
誘拐犯に車や家を壊され、シエロは現場に駆け付けた軍関係者と組み、誘拐犯を追い、娘を取り戻そうと奔走する。しかし、乗り越えられない大きな現実にぶつかる。知り合いさえ信用できない。それでも彼女は挑んでゆく。
この作品は男中心のマチズモ的社会への批判も込められ、女性の力を示した作品でもある。娘の父親であるシエロの元夫は、家族を捨て愛人と暮らしている。娘の身代金を出してはくれるが頼りにならず、シエロは一人で娘をさがす。母の愛情、勇気を緊張感たっぷりの映像の中に取り入れ、展開がどうなるか一喜一憂しながら観ていた(暁)。


TIFF公式インタビュー「多様な解釈が成立しますが、最終的に子供を誘拐された親の気持ちに寄り添いたかった。」テオドラ・アナ・ミハイ監督:コンペティション部門『市民』
https://2021.tiff-jp.net/news/ja/?p=58459

2021年/ベルギー・ルーマニア・メキシコ合作/135分/カラー/スペイン語/5.1chデジタル/ビスタサイズ
字幕翻訳:渡部美貴
配給:ハーク 配給協力:FLICKK  
公式サイト:https:// www.hark3.com/haha
★2023年1月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国ロードショー
posted by sakiko at 18:02| Comment(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノースマン 導かれし復讐者(原題:The Northman)

northman.jpg

監督:ロバート・エガース
脚本:ショーン、 ロバート・エガース
撮影:ジュリアン・ブラシュケ
音楽:ロビン・キャロラン、セバスチャン・ゲインズボロー
出演:アレクサンダー・スカルスガルド(アムレート)、ニコール・キッドマン(グートルン王妃)、クレス・バング(フィヨルニル)、アニャ・テイラー=ジョイ(白樺の森のオルガ)、イーサン・ホーク(オーヴァンディル王)、ビョーク(スラブ族の預言者)、ウィレム・デフォー(道化ヘイミル)

9世紀のスカンジナヴィア地域のある島国。幼い王子アムレートは、尊敬する父オーヴァンディル王と10歳の儀式を執り行っていた。しかし、直後に王弟のフィヨルニルが父を殺害し、母のグートルン王妃を連れ去ってしまった。アムレートは、復讐の念を胸に一人船で島を脱出する。数年後、成長したアムレートは東ヨーロッパで略奪を繰り返すヴァイキングの一員となっていた。
ある日スラブ族の預言者と出会い、「父の仇を討ち、母を救い出す」という自分の使命を思い出す。

制作・主演のアレクサンダー・スカルスガルドが幼いころから親しんでいたヴァイキング伝説に、スカンジナヴィア神話、アイスランドの英雄物語の要素を加えて紡ぎ出された、オリジナルストーリーです。『ライトハウス』のロバート・エガース監督、脚本に『LAMB/ラム』のショーンがあたり、この壮大な復讐劇が生まれました。背景、美術や衣装がその時代をリアルに感じさせ、ダークファンタジーの中に引き込まれます。ひときわ美しいグールトン王妃、アムレートが出会うオルガが一筋の光になります。
アニャ・テイラー=ジョイはロバート・エガース監督の『ウイッチ』(2015)に主演、最近では『ザ・メニュー』でヒロインを演じて、印象深く刻まれました。歌姫ビョークの扮装は「これは誰?!」というくらい元を留めていないので、見逃さないで。(白)


2022年/アメリカ/カラー/ビスタ/137分/英語、古ノルド語
配給:パルコ、ユニバーサル映画
(C)2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
https://northman-movie.jp/
★2023年1月20日(金)よりTOHOシネマズシャンテ、渋谷シネクイントほか全国順次公開
posted by shiraishi at 15:02| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BAD CITY

badcity.jpg

監督・編集:園村健介
脚本:OZAWA
撮影:伊集守忠
主題歌:クレイジーケンバンド「こわもて」
出演:小沢仁志(虎田誠)、坂ノ上茜(野原恵)、勝 矢(熊本聡)、三元雅芸(西崎亮太)、壇蜜(小泉香)、加藤雅也(平山健司)、かたせ梨乃(マダム)、リリー・フランキー(五条亘)、山口祥行(金数義)、本宮泰風(パク)、波岡一喜(村田)、TAK∴(ハン)、小沢和義(和刑事)、中野英雄(中野刑事)

「犯罪都市」開港市に縄張りをもつ桜田組の組長の死体が発見された。手を下したのは韓国マフィア、その幹部・金数義が密談していたのは、巨大財閥である五条財閥の会長・五条亘だった。かねてより五条をマークしていた検察庁検事長の平山健司は、公安0課の小泉香に命じ、秘密裏に特捜班を結成した。メンバーは選りすぐりの3人、野原、熊本、西崎。そのリーダーとなったのは、拘置所に勾留中の元強行犯警部・虎田誠である。

1983年、端役としてテレビ出演、翌年名前のある役で本格俳優デビュー以来小沢仁志さん「還暦記念映画」。脚本・制作では"OZAWA”名です。王道ストーリーではありますが、見せ所を熟知したオリジナル。登場する俳優たちがまた小沢さんの意気に感じて応じただろう方々ばかり、演技もさることながら、アクション監督として知られた園村監督、三元雅芸さん、TAK∴さんという強力な布陣。CG、スタントなしの本物のアクションは「やったね!」と拍手したくなります。
小沢さんはこの映画のために徹底したトレーニングで強靭な肉体を作り上げ、なんと100人以上にのぼる敵を相手のガチなアクションに挑みました。韓国マフィア幹部役の山口祥行さんとの死闘は、手に汗握ります。還暦の俳優でここまでできる人が何人いることでしょう。さすが寅年!(トム・クルーズも同い年)。「俳優人生最後の無茶」だそうですが、世のおじさまたちをシャン!とさせたはずです。身体をいたわりつつ、これからもご活躍をと願っています。(白)


2022年/日本/カラー/シネスコ/117分
配給:渋谷プロダクション
(C)2022「BAD CITY」製作委員会
https://www.badcity2022.com/
★2023年1月20日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 14:08| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする