2023年01月08日

エンドロールのつづき   原題:Chhello Show  英題:Last Film Show

endroll.jpg
ALL RIGHTS RESERVED (C)2022. CHHELLO SHOW LLP

監督・脚本・プロデューサー:パン・ナリン
出演:バヴィン・ラバリ(サマイ)、バヴェーシュ・シュリマリ(ファザル)、リチャー・ミーナー(母親)、ディペン・ラヴァル(父親)

2010年、インド・グジャラート州の田舎町。9歳の少年サマイは、学校に通いながら、父が駅で営むチャイ店を手伝っている。ある日、いつも映画は低劣という父が、カーリー女神様の映画は特別と、母や妹も伴って街の映画館・ギャラクシー座に連れていってくれる。映写室からの光が映し出す映画にサマイは夢中になり、「映画を作りたい」というが、「お前はバラモン階級の生まれ。映画は穢れ」と父にダメだと言われる。
翌日も学校を抜け出してギャラクシー座で映画を観るが、終電に乗り遅れてしまう。父にこっぴどく叱られるが、こりずにまた映画館に忍び込む。チケットを買ってないのを咎められ、つまみ出されてしまう。泣きべそをかきながら母の作ったお弁当を広げて食べていると、チャパティが薄くて美味しそうだと声をかけられる。映写技師のファザルだった。お弁当と引き換えに、映写室から無料で映画を観ていいと提案される。それから毎日、サマイは学校を抜け出してギャラクシー座の映写室に通うが、ついに父にばれてしまう。
その後、町はずれの廃屋に、映画フィルムの入った箱が保管されているのを知ったサマイは、友人たちとフィルムを少しずつ切って、手作りの映写機でお母さんの白いサリーにフィルムを投影して、皆に見せる。
そんなある日、ファザルから「緊急事態。すぐに来てくれ」と電話が入る。ギャラクシー座にたどり着くと、映写機が運び出されている。デジタルの時代が到来し、最後のフィルム上映が終わったのだ。映画フィルムの入ったたくさんの箱もトラックに積み込まれる。走り去るトラックを、サマイたちはラージコートの町まで必死に追いかける・・・

監督が敬愛する映画人たちへのオマージュが散りばめられた映画愛に溢れる作品。
サマイは映写技師のファザルから多くのことを教えられます。「映画は物語がすべて。嘘が上手くないと。政治家が語るのは票を集めるため、店主は商品を売るため、映画はどう語るかが見せどころ。語り手こそ未来がある」。拾ったマッチ箱の絵で、物語を作って友人たちに聞かせていたサマイには、お手の物。
学校の先生からは、「何かやりたいなら、必要なことが二つ。英語を学ぶこと、そして町を出ること」と励まされます。カースト制度が根付いているインドですが、「今のインドには、二つの層しかない。英語の出来る層と出来ない層」とも。最高位のバラモンであっても、英語が出来なければどうしようもないという次第。
サマイのお父さんは、かつては500頭の牛を飼っていたのに、兄弟に騙し取られた人のいい人物。でも、英語が出来なくて、列車が今後この駅には止まらないという通達も読めなかったのです。そんなお父さんも、ついにサマイの熱意にほだされて見守る姿が微笑ましいです。
本作は、パン・ナリン監督の半自伝的物語。監督の育ったグジャラート州のカティアワル地域で、母親役以外はすべてグジャラート出身者を起用して撮影。中でも、オーディションした3000人もの少年の中から選ばれたサマイ役のバヴィン・ラバリは絶品。
日本で初めて一般公開されるグジャラート語の映画で、やわらかいグジャラート語の響きが心地いいです。お母さんの作る野菜を使った様々な料理も、とても美味しそうです。グジャラートのお料理を食べてみたくなりました。(咲)


ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』をすぐに思い出しました。映画に魅せられ、のめりこみ、そして生業とするトト少年も同じように目を輝かせていました。3月公開予定の『フェイブルマンズ』を楽しみにしているところですが、そちらはスティーブン・スピルバーグ監督が自ら作った自伝的映画。そこでも目をキラキラさせた男の子が登場するはずです。
サマイの豊かな想像力とそれをかなえていく行動力、それがあったから引き寄せてつながった縁。父親は映画を禁じますが、母親は逆らわずに息子に自分のできる応援をします。あの美味しいお弁当がなければ、映写室に入ることはできませんでした。あれこれがみな一つのために繋がっていって、監督が誕生し、この映画が出来上がったことを考えると、何一つ不要なことはなくどれも必要だったと思えます。今、うまくいかないことを嘆いている人も、できることを精一杯していれば(待ってるだけではなく!)夢に近づいていくのだと後押ししてくれる作品です。(白)


パン・ナリン監督トークショー書き起こし記事こちら
☆本年度アカデミー賞®国際長編映画賞インド代表

2021年/インド・フランス/グジャラート語/112分/スコープ/カラー/5.1ch
日本語字幕:福永詩乃
応援:インド大使館 
配給:松竹
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/endroll/
★2023年1月20日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネリーブル池袋 他全国公開
posted by sakiko at 17:59| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コペンハーゲンに山を  原題:Making a Mountain

copenhagen.jpg
(C)2020 Good Company Pictures


監督:ライケ・セリン・フォクダル、キャスパー・アストラップ・シュローダー
出演:ビャルケ・インゲルス、ウラ・レトガー他

コペンヒル。世界初!スキーが楽しめるゴミ処理発電所の誕生を追ったドキュメンタリー。

2011年、デンマークの首都コペンハーゲンにある老朽化したゴミ処理施設建て替えのコンペ結果発表会が行われた。コンペを満場一致で勝ち抜いたのは、デンマークのスター建築家ビャルケ・インゲルス率いるBIG建築事務所。彼らのアイデアは飛び抜けて奇抜で、巨大なゴミ焼却発電所の屋根にスキー場を併設し、コペンハーゲンに新たなランドマークを作るというもの。しかし、カメラは完成までの過程で、苦難の連続を追うことになる。ゴミ焼却発電所とスキー場はどう建造物として共存出来るのか?次々と疑問や課題が山積みになっていくが、難題を乗り越え2019年10月、コペンハーゲンに新しい“山”が誕生。完成に9年。かかった費用は約5億ユーロ。デンマークの景色を楽しめるこの山「コペンヒル」の標高は85m、全長450mでゲレンデ幅は60m。4つのリフトでスキーが楽しめる。ゴミで再生可能エネルギーを作る最新鋭のゴミ焼却発電所で、年間3万世帯分の電力と7万2000世帯分の暖房用温水を供給する。屋上にはレストランやハイキング・ランニングコース、壁には世界一高い85mのクライミングウォールが設置されている夢のような施設だ。誰もが行きたがらないゴミ処理施設が、誰もが行きたがる夢の施設になったのだ。

ごみ処理施設というと、高い煙突を思い浮かべますが、高くしてもCO2をまき散らすことには変わりないとのこと。ごみ処理施設を覆うようにして、山を作って、その上を娯楽施設にしてしまうというアイディアに、これぞ発想の転換!と唸りました。
建築コンペの審査員たちが満場一致で決めたのも納得です。その建築コンペの発表自体、MCを務める女性CEOが楽しそうに歌って始まるという型破りなものでした。
コペンハーゲンの町というより、デンマーク自体、フラットで山のない国。「皆、同じ高さだと見通しが悪い、映画館などでも傾斜があるのは見やすくする為」と、ごみ処理施設を利用して小高い山を作った理由の一つを語る建築家のビャルケ・インゲルス。
山のなかった町で、ちょっとしたハイキングやスキーもできて、家族ぐるみで楽しめる観光名所にしてしまったのがすごいです。コペンヒルに昇るエレベーターはガラス張りになっていて、ゴミ処理施設の中が見えます。子どもたちは、ゴミがリサイクルされて燃料になる仕組みを目にすることができて社会勉強にもなります。
奇想天外で清掃がしにくそうな建物を設計する建築家もいますが、コペンヒルのような奇抜なアイディアを出せる建築家は歓迎です。(咲)


2020年/デンマーク/51分
制作会社:グッドカンパニーピクチャーズ
配給:ユナイテッドピープル
公式サイト:https://unitedpeople.jp/copenhill/
★2023年1月14日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー




posted by sakiko at 14:28| Comment(0) | デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SHE SAID シー・セッド その名を暴け(原題:She Said)

she said.jpg

監督:マリア・シュラーダー
原作:「その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い―」ジョディ・カンター、ミーガン・トゥーイー/著(新潮文庫刊)
脚本:レベッカ・レンキェビチ
撮影:ナターシャ・ブライエ
音楽:ニコラス・ブリテル
出演:キャリー・マリガン(ミーガン・トゥーイー)、ゾーイ・カザン(ジョディ・カンター)、パトリシア・クラークソン(レベッカ・コーベット)、アンドレ・ブラウアー(ディーン・バケット)、ジェニファー・イーリー(ローラ・マッデン)、サマンサ・モートン(セルダ・パーキンス)、アシュレイ・ジャッド(本人)

ニューヨーク・タイムズ紙の記者ミーガン・トゥーイーとジョディ・カンターは、大物映画プロデューサーのワインスタインが数十年にわたって続けてきた性的暴行について取材を始めるが、ワインスタインがこれまで何度も記事をもみ消してきたことを知る。被害女性の多くは示談に応じており、証言すれば訴えられるという恐怖や当時のトラウマによって声を上げられずにいた。問題の本質が業界の隠蔽体質にあると気づいた記者たちは、取材対象から拒否され、ワインスタイン側からの度重なる妨害を受けながらも、真実を追い求めて奔走する。

2017年10月、ニューヨーク・タイムズ紙がハリウッドの重鎮、数々の名作を手掛けた映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ・性的暴行事件の告発記事を掲載しました。これは映画業界のみならず国を超えて性犯罪被害者が声をあげることを促し、#MeToo運動を爆発させました。この記事は翌年、調査報道ピューリッツアー賞を受賞しています。

映画は女性記者二人の妻や母親としての日常生活、その中で丹念な取材を続ける様を映し出します。被害女性たちが、二度と触れてほしくないと思っていることも理解し、孤立させまいと何度も説得を試みます。不利な記事を出されたくない側もいやがらせや脅しを繰り返します。彼女たちが屈しなかったのは、記者としての使命感や誇りやパートナーの応援、上司たちの毅然とした後ろ盾があったればこそ。責任を部下に押し付けて尻尾切りする人ばかりではないことに、ほっとします。
タイトル「その名を暴け」は、ちょっと違う気がしました。暴きたいのは「真実」で、そのために多くの「彼女たちが語った」んです。粘り強い報道記者、証言に一歩踏み出した勇気ある女性たち、おかげで奔流のように噴出した#MeToo運動、あきらめない人たち。この熱い流れを見られて良かった~。(白)


サブ1_2554_D013_00019R2補正_R.jpg

証言した人も報道した人たちも、女性たちの勇気と覚悟の物語
「MeToo」運動のきっかけともなったと言われている「ハーヴェイ・ワインステイン事件」。20年以上に渡りハリウッドに君臨した映画プロデューサー・ハーベイ・ワインスタインの性暴力に関する取材を進める記者たちの前に、被害者を縛る秘密保持契約の存在や、敏腕弁護士が登場し、障害が立ちはだかるが、ニューヨーク・タイムズ編集部のバックアップもあって記事をだすことができた。報道記事には現れない、入念な調査、証言してくれる人への粘り強い行動も描かれ、それにほだされた人たちが証言にいたるまでの過程をドキドキしながら観た。そして、セクハラ被害を受けた女性たちが勇気を持って名乗り出て、自分たちだけでないという事実が広がっていったことに溜飲が下がる思いと、あまりの多さに複雑な思いにもなった。そして、記者たちが対するのはハーベイ・ワインスタインだけではなく、大きな権力を持つ社会そのもの。問題の本質は性加害者が守られず、加害者に有利なシステムや法律。
登場人物が多くて、ハリウッド映画事情に詳しくない私としては、記者たちの以外の俳優さんたちの名前がわからずだったけど、あちこちに話が飛ぶので、前もって人名を把握していったほうが理解しやすいかも。
日本でもこの数年で、勇敢にセクハラを告発した方たちがいて、大きく報道された方としては、報道記者の伊藤詩織さん、最近では自衛隊内での性被害を告発した五ノ井さんがいました。二人は実名、顔出しで被害を訴えましたが、日本の映画界でも、去年は実名を出して告発した方がいました。
中島みゆきさんも、20数年前に出した本の中で、音楽業界でのセクハラについて書いています。新人の頃、ツアー仲間のミュージシャンから、「夜、ホテルの部屋の鍵を開けておけ」と言われたそうです。彼女は鍵をしっかり閉めたけど眠れなかったと書いていました。彼女ほどの歌手でなければ、そういうことも書けなかったと思うけど、音楽業界でもそういうことが日常茶飯事だった(今もかも)ようです。
世界も日本も、少しづつ変わってきている部分もありますが、まだまだ氷山の一角だと思います。
この作品は女性だけでなく、男性こそ観てほしい作品です(暁)。


2022年/アメリカ/カラー/ビスタ/129分
配給:東宝東和
(C)Universal Studios. All Rights Reserved.
https://shesaid-sononawoabake.jp/
https://twitter.com/SheSaid_JP
https://www.facebook.com/SheSaid.JP/
★2023年1月13日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 12:05| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界は僕らに気づかない/Angry Son

sekaiha.jpg

監督・脚本:飯塚花笑
撮影:角洋介
音楽:佐藤那美
出演:堀家一希(渡辺純悟)、ガウ(渡辺レイナ)、篠原雅史(金子優助)、村山朋果(佐々木里奈)、森下信浩、宮前隆行、田村菜穂、藤田あまね、鈴木咲莉

群馬県太田市でフィリピン人の母と暮らす高校生の純悟。父については何も聞かされておらず、毎月振込まれる養育費だけが父とのつながりだった。純悟には同性の恋人・優助がいるが、彼からパートナーシップを結ぶことを望まれても、自身の生い立ちが引け目となり決断できずにいる。そんなある日、母が自宅に恋人を連れて帰り、再婚したいと話す。見知らぬ男と一緒に暮らすことを望まない純悟は、実の父を探すことにするが……。

フタリノセカイ』の飯塚監督の長編最新作品です。主人公の純悟はフィリピン人の母、日本人の会ったこともない父とのハーフ、同性愛者であるという2重のマイノリティに悶々としています。母親のレイナ役のガウさんが、息子への愛情をがんがんぶつけて大喧嘩するシーンの迫力ったら!フィリピンパブで働くお姐さんたちの明るさと強さにも感嘆しました。家族の絆が強いフィリピンの方たちは、コロナでパブの仕事がなくなっても他の一時仕事を見つけて送金をし続けたようです。
純悟には優助という恋人がいて、その家族は二人を暖かく見守っています。それだけでも幸せだと思うのですが、足りないものばかり数えてしまう「Angry Son」の純悟は気づきません。父探しをするうちに純悟が出会う人、体験することが彼を成長させるのでは、と孫のように期待して観ていました。外国人労働者が多く、子供のころから学校でいろいろな境遇の子供たちと会った飯塚監督ならではの作品。(白)

☆2022年の大阪アジアン映画祭「来るべき才能賞」受賞

2022年/日本/カラー/シネマスコープ/112分
配給:Atemo
(C)「世界は僕らに気づかない」製作委員会
https://sekaboku.lespros.co.jp/
https://twitter.com/sekaboku_movie
★2023年1月13日(金)シネマカリテ、Bunkamuraル・シネマ 他全国公開
posted by shiraishi at 00:08| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして僕は途方に暮れる

sositeboku.jpg

監督・脚本:三浦大輔
原作:シアターコクーン「そして僕は途方に暮れる」(作・演出 三浦大輔)
撮影:春木康輔 長瀬拓
音楽:内橋和久
エンディング曲:大澤誉志幸「そして僕は途方に暮れる」
出演:藤ヶ谷太輔(菅原裕一)、前田敦子(里美)、中尾明慶(伸二)、毎熊克哉(田村)、野村周平(加藤)、香里奈(裕一の姉・香)、原田美枝子(母・智子)、豊川悦司(父・浩二)

逃げて、逃げて、逃げまくる――、人生を賭けた逃避劇。
共感と反感の120分!《現実逃避型》エンタテインメント!

自堕落な日々を過ごすフリーターの菅原裕一は、長年同棲している恋人・里美と、些細なことで言い合いになり、話し合うことから逃げ、家を飛び出してしまう。その夜から、親友・伸二、バイト先の先輩・田村や大学の後輩・加藤、姉・香のもとを渡り歩くが、ばつが悪くなるとその場から逃げ出し、ついには、母・智子が1人で暮らす苫小牧の実家へ戻る。
だが、母ともなぜか気まずくなり、雪降る街へ。行き場を無くし、途方に暮れる裕一は最果ての地で、思いがけずかつて家族から逃げていった父・浩二と10年ぶりに再会する。「俺の家に来るか?」、父の誘いを受けた裕一は、ついにスマホの電源を切ってすべての人間関係を断つのだが――。

「逃走中」という番組でもなく、いじめで居場所が見つからない(そのときこそ逃げよう)わけでもないのに、なぜこんなに逃げてばかりいるんだ?君は!と言いたくなりす。それでもなぜか周りの人にひどく嫌われるわけでもなく、心配されています。巡り巡って再会した父親が逃げた人で、それを演じる豊川悦司さんのたたずまいに、なんだか納得。きっと父親に似たんです。
元は2018年の舞台劇で三浦大輔監督演出のもと、藤ヶ谷太輔さんが主演していたそうです。
三浦大輔監督・脚本の以前の作品『愛の渦』(2014)『何者』(2016)『娼年』(2018)を観てきました。三浦監督のコメントに「舞台と映画との大きな違いは、俳優が撮影時に実景を目の当たりにできること」とあります。映画のほうが制作に手間暇かかるけれど、自由度が増すのではと思いますがどうなんでしょう。ふるさとの北海道のあちこちが登場するので、懐かしさ半分で拝見しました。雪の北海道でのロケで、母や父と再会した裕一の心情があの背景、あの部屋だからこそリアルにせまってきた気がします。(白)


2022年/日本/カラー/シネスコ/122分
配給:ハピネットファントム・スタジオ
c2022 映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会
公式サイト:https://happinet-phantom.com/soshiboku/
Twitter:@soshiboku_movie #そし僕 #そして僕は途方に暮れる
★2023年1月13日(金)TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

posted by shiraishi at 00:08| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひみつのなっちゃん。

himitu.jpg

監督・脚本:田中和次朗
撮影:石塚将巳
音楽:鈴木俊介 田井千里 石塚徹
主題歌:「ないしょダンス」渋谷すばる
出演:滝藤賢一(バージン/坂下 純)、渡部秀(モリリン/石野 守)、前野朋哉(ズブ子/沼田治彦)、カンニング竹山、松原智恵子(なっちゃんの母親、並木恵子)

ある夏の夜、新宿2丁目で食事処を営むなっちゃんが急死した。そこで働くモリリンは、ドラァグクイーン仲間のバージン、ズブ子を呼び集めた。なっちゃんが故郷の家族にはカミングアウトしていなかったことから、3人は大慌て。こっそりなっちゃんのアパートに忍び込み、ゲイだったこと、ドラァグクイーンだったことの証拠隠滅を図らなくては!ところが、上京したなっちゃんの母・恵子と鉢合わせしてしまう。恵子から葬儀に参列するよう誘われて、なっちゃんの故郷・岐阜県郡上市を訪ねることになった。

なっちゃんは「秘密」なので、しばらく明かされません。
なっちゃん友人役の滝藤賢一さん、渡部秀さん、前野朋哉さん3人のドラァグクイーンがなんとも可愛くて、女子力高し。特に滝藤賢一さんのしぐさが色っぽいうえ、メイク後の美しさにびっくりです。かつてを思い出し、自分の部屋で歌い踊るシーンは貴重です。
3人に限らず、クイーンや女装子役の俳優さんたちは、違う自分が出てしまうのか見つかるのか、みんな演技が楽しそうなんですよね(『地獄の花園』もしかりwww)。3人がドラァグクイーンの実態を隠して「普通のおじさん、お兄さん」に扮し(笑)、郡上八幡を目指す珍道中と葬儀終了まで無事隠し通せるのか、楽しみにご覧ください。なっちゃん母役の松原智恵子さんが、いくつになられても清純スターの香りもいまだ残していて、愛らしいです。(白)


2023年/日本/97分/G
配給:ラビットハウス、丸壱動画
(C)2023「ひみつのなっちゃん。」製作委員会
https://himitsuno-nacchan.com/
https://mobile.twitter.com/himitsunacchan
★2023年1月13日(金)新宿ピカデリーほか全国順次公開
posted by shiraishi at 00:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする