2022年12月11日

チーム・ジンバブエのソムリエたち 原題:Blind Ambition

2022年12月16日(金)~よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー! その他の劇場情報 

チラシ表_R_R.jpg
©2020 Third Man Films Pty Ltd


監督・製作:ワーウィック・ロス、ロバート・コー
製作総指揮:ロス・グラント、ニール・ハーベイ、エイドリアン・マッケンジー、キャメロン・オライリー、マデリーン・ロス、ポール・ウィーガンド、ジョージ・ハミルトン、イザベル・スチュアート
脚本:ワーウィック・ロス、ロバート・コー、ポール・マーフィ、マデリーン・ロス
撮影:スコット・ムンロ、マーティン・マクグラス
編集:ポール・マーフィ
音楽:ヘレナ・チャイカ
出演:ジョゼフ、ティナシェ、パードン、マールヴィン

ワインのない国からやってきた難民たちが、世界最高峰のブラインドテイスティング大会に挑む

“ワイン真空地帯”のジンバブエ共和国から南アフリカに難民として逃れ、ソムリエとなり「世界ブラインドワインテイスティング選手権」に挑戦する姿を追った。南アフリカのレストランで働くジンバブエから来た彼らは、ソムリエになった。この大会に挑戦する南アフリカチームの4人を選ぶ大会で、上位にジンバブエ出身のジョゼフ、ティナシェ、パードン、マールヴィンの4人が入り、南アフリカの選抜者は、ジンバブエチームを作った。
“チーム・ジンバブエ”を迎え撃つのは、“神の舌を持つ”23カ国の一流ソムリエたち。先進国の白人が多数を占める世界に、故郷ジンバブエの威信をかけて乗り込んだ4人は、クラウドファンディングの支援を受けてワインの聖地フランスのブルゴーニュにたどり着いたものの、限られた経費で雇ったコーチは久し振りの晴れ舞台で大暴走。“チーム・ジンバブエ”の波乱に満ちたスリリングなワインバトルの結末はいかに!?

アザー1,2_R_R.jpg
©2020 Third Man Films Pty Ltd

公式HPより
私たちは、彼らの旅路と原動力をもっと知りたくなりました。そして、それは難民の暮らしや、彼らが新たな社会で直面する問題、そして生まれた国から追い出された人々にとって「家(ホーム)」とは何かということに光を当てる物語を作るチャンスでもあったのです。彼らのストーリーは、文化や人種の壁を取り除き、橋渡しをするための、より深い探求に繋がるのだと強く感じました。
彼らが南アフリカで認められ成功することが出来たのは、自分自身と家族のために、より良い暮らしを実現しようという、非常に強いポジティブ思考の賜物。そして、彼らのジンバブエへの強い愛にも心動かされました。選手権出場を通して、母国ジンバブエの未知なる可能性を世界に示すことが出来たし、そしてこのスポットライトで、抑圧的な政権の下で生きてきたジンバブエの若者たちに勇気を与えたい、と彼らは強く願っていました。この映画は単なる大会への挑戦だけでなく、希望と変革の物語なのです。難民の暮らしや、新たな社会で直面する様々な問題。生まれた国から追い出された人々にとって「家(ホーム)」とは何かということに光を当てるチャンスに巡り合った。
『世界一美しいボルドーの秘密』の監督ワーウィック・ロスと製作総指揮ロバート・コーが共同監督を務め、チーム・ジンバブエのワイナリーツアーの様子や選手権の舞台裏に密着。トライベッカ映画祭とシドニー映画祭で観客賞を受賞。
トップソムリエが火花を散らす選手権会場にカメラが潜入し、大会への挑戦を描く。

ジンバブエは、ワインの生産も消費もほとんどない国。残忍なロバート・ムガベの政権から逃れるまで、ワインを味わったこともなかった4人は、ケープタウンの4大レストランのヘッドソムリエになった。
4人の明るいキャラクターは、ドキュメンタリーなのに笑いあり涙ありでエンターティメント色、大。彼らのジンバブエへの強い愛も描かれ、選手権出場を通して、母国ジンバブエの抑圧的な政権の下で生きている若者たちに勇気を与えられたらと彼らは願う。貧困、難民など、今日的な問いを投げ掛ける社会派作品でもある。
今年は11月、12月に日本、フランス、レバノン、そしてこの南アフリカとジンバブエ、フランスを舞台にしたドキュメンタリーと、5本ものワイン映画が公開されている。ワインに人生をかけている人々の姿が描かれ、伝統の継承や、新しいことへの挑戦のすばらしさを描きつつ、気候変動、戦争、貧困の問題をも観る人に問いかける。ワインを通じて世界のワイン文化を楽しみ、考えてみませんか(暁)。


ジンバブエと聞いて思い浮かんだのは、かつて南ローデシアと呼ばれていたアフリカ大陸南部の国であることと、大きなヴィクトリアの滝があることくらいでした。 『チーム・ジンバブエのソムリエたち』というタイトルを見て、え?ソムリエ?と、ぐっと興味を惹かれました。ジンバブエとソムリエがあまりにもかけ離れたものに感じたからです。
冒頭、「クムシャ」という言葉が、ショナ語で“ルーツ”や“故郷”という意味だけど、単なる場所じゃない、祖先の魂が宿んでいる心のよりどころと出てきました。ショナ語という言語があることを初めて知りました。ジンバブエ共和国の公用語の一つで、国の70%以上を占めるショナ族の言葉とのこと。
チーム・ジンバブエの4人のソムリエは、それぞれが大変な思いをして南アフリカに逃れてきた難民。ジョゼフは密入国業者にお金を払ったものの貨物列車に詰め込まれ蒸し焼き状態に。死を覚悟しましたが運よく南アフリカに。1995年以降、300万人以上のジンバブエの人たちが難民として出国しているそうです。国境で警官に撃たれたり、ワニに食われて命を落とす危険もあるのに! そういえばムガベ大統領という独裁者がいたという程度の記憶でしたので、本作を通じて、ジンバブエの独立後の状況の一端を知ることができました。
ワインを知らなかった4人が、南アフリカでソムリエとなり、旅費をクラウドファンディングで集めて、ワインテイスティング選手権に挑む姿に、夢を持てば叶うと勇気づけられました。そして何より、4人の故国ジンバブエへの愛と誇りに感銘を受けました。(咲)


『チーム・ジンバブエのソムリエたち』公式HP
日本語字幕:横井和子
2021年製作/ビスタ/5.1ch/96分
オーストラリア/英語・ショナ語・仏語
後援:ジンバブエ共和国大使館、一般社団法人日本ソムリエ協会
提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム

*参照 シネマジャーナルHP スタッフ日記
「11月、12月にワイン映画が5本も公開!」
http://cinemajournal.seesaa.net/article/494033795.html

今年、5本ものワイン映画を観て、ワインに興味を持ち、さっそく12月初めに3、4か所のワイナリーやワイン関係施設を訪ねてみました。そのレポートをまたスタッフ日記にも書きたいと思います。



posted by akemi at 21:05| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦場記者

senjo kisya.jpg
(C)TBSテレビ

監督:須賀川拓
撮影:寺島尚彦 宮田雄斗 渡辺琢也 市川正峻 
協力ディレクター:小松原茂幸
編集:牧之瀬勇人 泉妻康周 
MA:深澤慎也 
選曲・サウンドデザイン:御園雅也
企画・エグゼクティブプロデューサー:大久保竜  
チーフプロデューサー:松原由昌  
プロデューサー:津村有紀
TBS DOCS事務局:富岡裕一  
協力プロデューサー:石山成人 塩沢葉子

TBSテレビ特派員としてロンドンに着任して以来、パレスチナ、アフガニスタン、ウクライナ等々、世界各地の戦地に飛び、徹底的な取材をし続ける“戦場記者”須賀川拓。
本作は、情報が氾濫する中で埋もれてしまいがちな戦地の真実を伝え続けたい須賀川の思いを集約した一作。

TBSロンドン。テーブルの一角が中東支局。局員は支局長である須賀川一人。
最初に取材に行ったのがガザ。その後も通い続け、取材はガザが一番多い。
紛争が長く続いていて、ニュースは消費されて忘れられてしまう。
半分意地でやっていると語る。
ガザの人たちは、メディアに答えることで忘れられないようにと必死で語ってくれる。
それにちゃんと応えて報道しなければと胸に刻む。

ガザ。瓦礫の山で遊ぶ子供たち。
ハマスをこの辺りで見たことがないと語る住民
空爆で妻と4人の子を亡くした男性。
子供たちは勉強していただけなのにと教科書を見せる。

イスラエルのドローン。監視するだけでなく攻撃にも使われている。
イスラエル軍、国際広報部のアムノン・シュフラー。
「テロリスト対策で高い道徳観念とプロフェッショナル意識のもと、巻き添え被害を最小限に抑えることを目標にしています」と語るが、実際には、テロリストに逃げられないよう警告なしに攻撃することも多い。
イスラエル軍と目撃者の証言が一致しない

市民は平和共存しているのに、裏でやりあう奴らがいると語る男性。

*****
戦争が続くウクライナ、クラスター爆弾が降り注ぐ街で嘆く住民。
ロシア兵がチョルノービリ原発の制限地区と行き来していて、本来汚染地区でないところが汚染されている可能性があると嘆く原発職員。

*****
アフガニスタン。
タリバン制圧から1年後の2022年8月、再びカーブルへ。
「自由に働ける場所がなくなった」と語る女性たち。
一方、タリバンの幹部に取材すると、「多くの女性が働いている」と語る。

川で暮らす麻薬中毒者たちを、タリバン政権は見て見ぬふり。
「20年前に薬物を禁止したのに、この20年、諸外国の支配下で薬物依存者が増えた」とうそぶく。


アフガニスタンでは、「女性の権利が抑圧されているからと国際社会が制裁するのが果たして正しいことかを考えないといけない」と語る須賀川さん。
「こういう実態が見られたと言われるのは嬉しいけれど、現実、そこの人たちを自分は助けることができていない」というジレンマも。
「戦場にいたい、というより、そこにいる人たちの顔を見たい」という須賀川さんの取材スタンスに、戦地で暮らす人たちに寄り添って真実を伝えてくださっていることを感じます。

須賀川さん、どこかでお見かけした・・・と思い出したのが、TBS News(CS)で放映されたテヘラン報告でした。怖いイランのイメージを払拭する、市場や聖者廟に集う人々を生き生きと映し出した素敵な番組でした。今も、YouTubeで見ることができます。

魅惑の大都市~イラン・テヘランから生配信
https://www.youtube.com/watch?v=Kpjx5m1bY98&t=1590s

検索すれば、アフガニスタン、パレスチナなど、たくさんのレポートがあります。
一部をご紹介します。

笑顔のタリバン兵士、物乞いの子ども…“現金不足”のアフガニスタン・カブールのいま
https://www.youtube.com/watch?v=XdxdOw2Hg44

イスラエル・テルアビブから生配信
https://www.youtube.com/watch?v=qS3JnyqTeSo

どれも、その地で暮らす人々の思いを映し出したものです。
限られたニュースの枠では伝えきれない、現地の生の姿を発信し続ける須賀川さんから目が離せません。(咲)


TVでのニュースや報道番組はだいたいNHKでしか見てなくて、民放での報道番組をほとんど見てこなかった。民放で見るとしたら、日曜日の真夜中に日本テレビ系列でやっているドキュメンタリー番組だった。なのでTBS系列の報道番組はほとんど見てこなかったと言っていいかもしれない。そしてこの10年くらいはネットでのニュースを中心に情報を得ていた。さらに、この半年くらいはTVも壊れてしまって、TVをほとんど見ていない。
そんな私だけど、世界情勢の報道、特に戦場からの報道は、1970年代のベトナム戦争での報道から始まって、とても興味を持っている。
だから、このTBSテレビ特派員としてパレスチナ、アフガニスタン、ウクライナ等、世界各地の戦場の取材をしている“戦場記者”須賀川拓さんという人にフォーカスしたこのドキュメンタリーはとても興味深かった。これまで、報道記者というと、新聞社やフリーの記者やスチール写真を撮っている人のことをリスペクトして来たが、須賀川さんのように映像の分野での報道に命を懸けて報道をしている人にも、これからは関心を持っていきたい(暁)。


2022年/日本/102分/5.1ch/16:9
製作:TBSテレビ  
配給:KADOKAWA  宣伝:KICCORIT
公式サイト:https://senjokisha.jp/
★2022年12月16日(金)より全国公開
posted by sakiko at 18:50| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『理大囲城』 原題:理大圍城 英題:Inside the Red Brick Wall

2022年12月17日~ポレポレ東中野ほか全国ロードショー 他の上映劇場 

理大囲城_R.jpg
©Hong Kong Documentary Filmmakers

映画への検閲、規制が厳しくなり、言論と表現の自由が一段と狭まっている香港での上映禁止作品『少年たちの時代革命』(12/10)『理大囲城』(12/17)が続けて日本公開!!

監督:香港ドキュメンタリー映画工作者

2019年6月からはじまった香港民主化デモだが、香港国家安全維持法施行により封じ込められてしまった。映画への検閲、規制も厳しくなり、香港の言論と表現の自由が一段と狭まり、香港で上映禁止となったが海外映画祭で上映され、大きな話題となっている。
2021年カンヌ国際映画祭、東京フィルメックス2021にてサプライズ上映された『時代革命』(監督:キウィ・チョウ)、山形国際ドキュメンタリー映画祭2021で最高賞となるロバート&フランシス・フラハティ賞を受賞した『理大囲城』(監督:香港ドキュメンタリー映画工作者)、2022年ロッテルダム国際映画祭にて『Blue Island 憂鬱之島』(監督:チャン・ジーウン監督)が上映されるなど、現在の香港を描いた映画が国際的に注目を集めた。
そうした中、フィクション映画では、『少年たちの時代革命』が台湾アカデミー賞を席捲したのを皮切りに、台湾で劇場公開され、同年6月に日本でも2日限定の上映会が催されたのをきっかけに、12月10日からポレポレ東中野で日本公開されている。そして、ポレポレ東中野で連続して12月17日からは、この『理大囲城』が公開される。

2019年の香港民主化デモの中でもスキャンダラスな事件と言われる香港理工大学包囲事件を記録

アジア屈指の名門校・香港理工大学が警察に封鎖され、要塞と化した緊迫の13日間。至近距離のカメラが捉えた、衝撃の籠城戦の記録! 圧倒的な武力を持つ警察に包囲された構内には、中高生を含むデモ参加者と学生が取り残され、逃亡犯条例改正反対デモで最多となる1377名の逮捕者をだした。
警察は兵糧攻めを決行、支援者が救援物資を運ぶことも、記者や救護班が入ることもできなかった。その中で、匿名の監督「香港ドキュメンタリー映画工作者」たちは、デモ参加者として大学構内でカメラをまわし続けた。

武器を持ち戦い続けるか、命がけで脱出するか…
戦場と化した大学構内で究極の選択を迫られていく学生たち!
キャンパスに留まっても圧倒的な武力を持つ警察に潰される恐怖、脱出しても逮捕されるかもしれない恐怖は、デモ参加者の心をかき乱す。四面楚歌のキャンパスの中の人間模様を映し出す。圧倒的な武力で封じ込めようとする警察を前になすすべもないデモ隊の姿は、今、香港が置かれている状況を映し出す。

監督は全員匿名、出演者の顔はモザイク処理し、閉じ込められ追い詰められた学生たちの姿を映し出し、表情は見えなくても、心情は伝わってくる。警棒でたたかれ、催涙弾や水を浴び、粗暴な警官隊に力ずくでねじ伏せられる若者たちの憔悴や不安。どういう方法で突破するか、救援隊を待つのか。退路を絶たれた学生たちが日ごとに憔悴してゆく姿を克明に捉えている。衝撃の籠城戦の記録!

sub02_R_R.jpg
©Hong Kong Documentary Filmmakers


2017年に山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映された『乱世備忘 ― 僕らの雨傘運動』(2016年、陳梓桓チャン・ジーウン監督)から数年しかたっていないし、2015年製作の『十年』から10年たたずに香港の自治が踏みにじられてしまった。香港はどうなっていくのだろう。監督たちは「これからも撮影を継続しアクションを起こし続ける」と語っているが、その言葉は心強いけど、香港ではデモや、民主化を求める行動自体が制限され、その機会自体がなくなってしまうのではないかと心配。この作品は山形国際ドキュメンタリー映画祭2021でロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞したが、映画祭の東琢磨審査員長は「最も大事なことは、世界が彼らのことから目を離さずにいることだ」と述べている。山形の受賞記事はこちら
このドキュメンタリーを観て、1969年の「東大安田講堂攻防戦」を思いだした。1960年代後半、日本ではベトナム反戦・反安保闘争、学園民主化などを求め、大学紛争(大学闘争)が起こった。その中で1969年、東大全共闘や新左翼の学生たちが安田講堂にたてこもった。その時、大学から依頼を受けた警視庁が1969年(昭和44年)1月18日~1月19日に封鎖解除を行った。私は当時高校2年で、飯田橋にある病院に入院していて、窓から東大方向を見ると、報道関係?のヘリコプターが飛び交い、学生たちと警官たちの攻防の喚声や怒号が聞こえ、かなりの緊張感でその状況を見ながら、TVのニュースから流れる報道とのニュアンスの違いを感じていた。この学生たちが、安田講堂を何日くらい占拠していたかは忘れてしまったが、相当長い間占拠していた記憶はある。一番多い時期、東京都内だけで55の大学でバリケード封鎖が行われていたという。その頂点として、この「東大安田講堂攻防戦」があったと思う。今、思えばきっと、この安田講堂にたてこもった学生たちも、この理工大の学生たちのような葛藤もあっただろう。当時はそのようなことは考えたこともなかったけど、このドキュメンタリーを観て、そのことに思いを馳せた。
私は劉徳華(アンディ・ラウ)の紅磡(ホンハム)のコロシアム(香港体育館)でのコンサートに行ったことがあり、その時、理工大横の歩道橋を通って行ったので、理工大を見たことがある。その大学で起こったことなので観ていてとても心が重かった。私が通っていた歩道橋が何度も映し出され、香港コロシアムも映像の中に出てきた。現在、理工大はどのような状況になっているのかとても気になる(暁)。


sub11_R_R.jpg
画面左寄りの上の方に見える白いライトの部分が歩道橋
©Hong Kong Documentary Filmmakers


山形国際ドキュメンタリー映画祭2021の折にオンラインで観て、圧倒された作品。最高賞であるロバート&フランシス・フラハティ賞受賞も納得でした。警察に封鎖され、中高校生も含む若い人たちが、決死の思いで飛び降りたり、下水道を通ったりして、なんとか逃げようとするのですが、そんな彼らさえ、警察が捕まえようとすることに胸が痛みました。 
封鎖された理工大にサミュエル・ホイやイーソン・チャンの歌が流れてきたのですが、警察が流したらしく、え?どういうつもり?と思いました。
理工大といえば、(暁)さんと同じく、アンディ・ラウやレスリー・チャンのコンサートが紅館(香港コロシアム)で開かれたときには、必ず目にしていたところ。とはいえ、大学の構内は外からは見えませんでした。2013年のアジアフォーカス福岡国際映画祭で上映され、福岡観客賞を受賞した香港映画『狂舞派』は理工大のキャンパスで撮影した作品で、中はこんな風になっているのかと知ることができたのでした。ヒップホップダンスが大好きなのに足を怪我して踊れなくなった豆腐屋の娘ファーを、理工大の太極拳部の男子が励ますという物語(だったと思います)。 『狂舞派』で観た理工大は、勉学に励みキャンパスライフを楽しむ若者たちが大勢集う場でした。それが本来の大学の姿のはず。大勢の警官に取り囲まれた大学はあまりに悲しい姿でした。 それでも、あの頃には、「声」をあげることができた香港の人たち・・・。今は押し黙っているしかないのは、さらに悲しい。(咲)



『理大囲城』公式サイト
配給:Cinema Drifters・大福
宣伝:大福
2021/香港/カラー/DCP/ステレオ/88分

『理大囲城』
アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭最優秀編集賞
香港映画評論学会最優秀映画賞
台湾国際ドキュメンタリー映画祭オープニング作品
山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞

*『少年たちの時代革命』の作品紹介はこちら  
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/494357506.html

*参照 シネマジャーナル これまでの香港民主化運動関係の記事
●『時代革命』 キウィ・チョウ監督インタビュー 2022年7月22日
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/490683730.html

●香港返還25年  大雨だった1997年7月1日を思う 
http://cinemajournal.seesaa.net/article/489403875.html
 
特別記事
●『乱世備忘 ― 僕らの雨傘運動』
陳梓桓(チャン・ジーウン)監督インタビュー
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017にて   2017年10月11日
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yellowing/index.html

●『乱世備忘 僕らの雨傘運動』
陳梓桓(チャン・ジーウン)監督インタビュー(日本公開時)2018年07月22日
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/460641864.html

●『革命まで』2015年 香港 
郭達俊(クォック・タッチュン)監督&江瓊珠(コン・キンチュー)監督インタビュー(山形国際ドキュメンタリー映画祭2015にて)
http://www.cinemajournal.net/special/2016/kakumeimade/index.html
posted by akemi at 18:04| Comment(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トゥモロー・モーニング   原題:Tomorrow Morning

tomorow morning.jpg
(C)Tomorrow Morning UK Ltd. and Visualize Films Ltd.

監督:ニック・ウィンストン
脚本・音楽:ローレンス・マーク・ワイス
出演:サマンサ・バークス、ラミン・カリムルー、ジョーン・コリンズ、ハリエット・ソープ

夕暮れ時のロンドン。淡いピンク色の空に映えるタワーブリッジを背景に、10年前の結婚した時の、熱い気持ちを思い出す二人。明日の朝には、離婚調停を控えている。
小説家を夢見ていたビルは、小説は諦めたが、広告業界でコピーライターとして敏腕を奮い、画家を目指していたキャサリンも現代アートの新星として注目を浴びている。結婚式前夜に妊娠が判明し、二人の喜びのもとに生まれてきた息子のザックも10歳になった。順風満帆だったはずの二人なのに、どこでボタンを掛け違えたのだろうか。結婚前夜に佇んでいたテムズ川沿いの同じ場所で、10年前を振り返る二人・・・

もとは、英国の音楽家ローレンス・マーク・ワイスが脚本・音楽を手掛け2006年にロンドンで生まれたミュージカル。舞台はひとつのセットで、二組の男女が、「結婚前夜」と「離婚前夜」の心情を吐露するものだった。オリジナルの初演も演出したニック・ウィンストン監督が、映画化。息子ザックや、まわりの人物も登場させ、舞台とは違うものに仕立てている。

明日からは違う人生を歩み始める二人。いろいろなことが夕暮れの美しい風景の中で脳裏に蘇ってきます。このまま別れてしまうの?と、見ているこちらも切なくなりました。
ビルを演じたラミン・カリムルーが、イラン人で、おぉ~これは!と。革命直前の1978年にテヘランで生まれ、その後、家族でイタリアに移住。3歳の時にはカナダへ。クルーズ船のパフォーマーとして活動ののち、英国を拠点にミュージカル俳優として活動を始め、2002年「レ・ミゼラブル」のフイイ役でウエストエンド・デビュー。ウエストエンド史上最年少の28歳で「オペラ座の怪人」の主役ファントムに抜擢されています。
キャサリン役のサマンサ・バークスも、2010年ミュージカル「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役でウエストエンド・デビューし、ウエストエンド版「アナと雪の女王」でエルサ役など、有名ミュージカルのヒロインを多数演じています。世界最高峰のミュージカル・スター二人の夢の映画初競演です。
ちなみに、お父さん役のオミード・ジャリリもイラン出身でアメリカなどで活躍するコメディアン。ちゃんと血筋、合わせてました。お父さんの出番は少なくて残念でしたが!(咲)


2022年/イギリス/英語/105分
日本語字幕:石田泰子
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給:セテラ・インターナショナル
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/tomorrowmorning/
★2022年12月16日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、シネスイッチ銀座ほか全国公開



posted by sakiko at 02:18| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする