2022年04月17日

インフル病みのペトロフ家  原題:Петровы в гриппе 英語題:Petrov's Flu

infruyami.jpg
© 2020 – HYPE FILM – KINOPRIME - LOGICAL PICTURES – CHARADES PRODUCTIONS – RAZOR FILM – BORD CADRE FILMS – ARTE FRANCE CINEMA -ZDF


監督:キリル・セレブレンニコフ(『LETO -レト-』)
原作:アレクセイ・サリニコフ著「Петровы в гриппе и вокруг него(インフル病みのペトロフ家とその周囲)」(邦訳未出)
出演:セミョーン・セルジン、チュルパン・ハマートワ、ユリヤ・ペレシリド

2004年のロシア、エカテリンブルク。インフルエンザが流行している。ペトロフは高熱にうなされ、妄想と現実の間を行ったり来たり。やがてその妄想は、まだ国がソヴィエトだった子供時代の記憶へと回帰していく…。

キリル・セレブレンニコフ監督は、2017年、国からの演劇予算の不正流用を疑われて詐欺罪で起訴され、自宅軟禁に。かねてよりロシアのジョージア侵攻やクリミア併合、LGBTへの抑圧を批判するなど、政権に批判的な姿勢を明らかにしていたため、この逮捕を不当な政治弾圧と見る向きもあり、演劇界・映画界からセレブレンニコフを支持する声が上がった。2018年のカンヌ映画祭で『LETO ‒レト‒』が上映された際は、軟禁により参加できず、女優のティルダ・スウィントンなどが「セレブレンニコフに自由を」とアピール。2018年8月にはフランス芸術文化勲章最高位(コマンドゥール)を受章。2020年6月10日有罪判決が下され、 3年の保護観察、執行猶予付き3年の刑及び罰金となる。本作の脚本は自宅軟禁中に執筆された。(公式サイトより抜粋)

父親はユダヤ人の外科医、母親はウクライナ人のロシア語教師というセレブレンニコフ監督。この度の、ロシアのウクライナ侵攻についても複雑な思いでいるのではないでしょうか。
『LETO ‒レト‒』のなんとも不思議な世界が忘れられず、今回も期待して拝見。やっぱりセレブレンニコフ監督らしいテイストでした。このワケのわからなさが癖になりそうです。(咲)


◆『インフル病みのペトロフ家』公開記念・無料オンラインレクチャー 
<ロシア・ウクライナ・ベラルーシ映画の知られざる世界 ―今こそ知りたい現状と今後―> 
2022年5月15(日) 17:30~19:30
要・事前申し込み 詳細は下記で!
http://cineja4bestfilm.seesaa.net/article/487048033.html


第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
CST Artist-Technician Prize受賞

2021年/ロシア/146分/DCP/カラー
日本語字幕:守屋愛 
配給:ムヴィオラ
公式サイト:http://www.moviola.jp/petrovsflu/
★2022年4月23日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:20| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモン カモン(原題:C'mon C'mon)

カモンカモン日本版ビジュアル①.jpg

監督・脚本:マイク・ミルズ『人生はビギナーズ』『20 センチュリー・ウーマン』
撮影:ロビー・ライアン
音楽:アーロン・デスナー、ブライス・デスナー
出演:ホアキン・フェニックス(ジョニー)、ウディ・ノーマン(ジェシー)、ギャビー・ホフマン(ヴィヴィ)、モリー・ウェブスター(ロクサーヌ)、ジャブーキー・ヤング=ホワイト(ファーン)

ラジオジャーナリストのジョニーは、アメリカ中を回って子供たちにインタビューしている。気ままな独身で、ロサンゼルスに妹ヴィヴがいる。認知症を患っていた母が1年前に逝って以来、疎遠になっていた。ヴィヴは夫のポールとは別居中だが、彼の手助けをするためオークランドに出かけるという。ジョニーはその間、9歳になる甥のジェシーの世話を引き受ける。ジェシーは賢くてちょっと風変わりな子どもだった。ポールの問題は長引き、ジェシーを連れてニューヨークへ戻ることになった。

両親が亡くなれば、頼りになるのは兄弟姉妹か、近くの他人。ジョニーは子どもと暮らしたことはなかったけれど、妹の役に立ちたかったようです。溺愛された兄は(たぶんたまにしか会わない)母親の妄想に話を合わせられますが、理解されなかった妹は家庭を持ちながら一人で介護を担っていたのでしょう。諍いの原因はそのあたり。
ロサンゼルス、ニューヨーク、デトロイト、ニューオーリンズへとロケーションが移り、ジョニーのインタビューの現場が映ります。ここは脚本ではなく、ドキュメンタリーです。答える子どもたちの何と率直で聡明なこと。ろくに返答もしない大人に聞かせてやりたい。ジェシーからたくさんのことを尋ねられるジョニー、それまで言葉にしなかったあいまいなものと向き合うことになります。取り繕ったりするとすぐに見破られてしまいます。「ぎゃふん」というのは漫画だけかと思いましたが、ジョニーがまさにそうでした。たまに子どもと大人が逆転しています。
ホアキン・フェニックスが素晴らしい俳優なのはいうまでもありません。オーディションのアドリブ演技で天才だ!とうならせたという、ウディ・ノーマン、この子がすごい。成長期の不安定で「天使と悪魔が同居」しているような時期を、これは素!?かと思うほど自然に見せています。(白)


2021年/アメリカ/モノクロ/ビスタ/108分
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.
https://happinet-phantom.com/cmoncmon/
Twitter・Instagram:@cmoncmonmoviejp
★2022年4月22日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 16:39| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミューン 月の守護者の伝説(原題:Mune, le gardien de la lune)

MUNE_日本版KV.jpg

監督:アレクサンドル・へボヤン(『カンフー・パンダ』等)、ブノワ・フィリポン
音楽:ブリュノ・クレ
日本語吹き替えキャスト:大橋彩香(ミューン)、小野友樹(ソホーン)、武藤志織(グリム)、小林千晃(リユーン)、柿原徹也(グリムの父)、森嶋秀太(ネクロス)、蓮岳大(フォスフォ)

空想の世界に暮らす、青白くいたずら好きな森の子、ミューン。
ひょんなことから、夜を運び、夢の世界を守る『月の守護者』に選ばれたミューンだったが、何をするにも失敗ばかり。そしてとうとう月は失われ、太陽は冥界の王に盗まれてしまった。
世界に昼と夜を取り戻すため、ミューンはプライドの高い太陽の守護者ソホーンと、か弱い蝋人形の少女グリム(フランス語版では蝋を意味するシール)と共に旅に出る。これは素晴らしい冒険を経て、ミューンが伝説の守護者となるまでの物語。

Dream Works Pictures 出身のエボヤン監督と、犯罪アクション『略奪者』脚本家フィリポンがタッグを組んだファンタジー。宮崎駿、細田守ほか日本のアニメーションの影響を多大に受けたと言っているとおり、似ているキャラクターや映像が現れます。自分が作り手になれたとき、好きなものをとり入れて自分の味付けをしたくなりますよね。『もののけ姫』の森の神や『千と千尋の神隠し』のススワタリ(まっくろくろすけ)と似たキャラには思わずにっこりしてしまいます。
舞台はファンタジーですが、主人公の成長譚にとどまりません。異なる者同士が対決しても、双方の描写を忘れず、和解に至るまでを描いています。違いでなく、同じところ、共感できるところを探せば争いは減るはず。子どもたちと一緒に大人も観てほしい作品です。
東京アニメアワードフェスティバル(TAAF2015)にて優秀賞を受賞・フランス映画祭 in 横浜 2021 出品作品(白)


太陽と月、それぞれを聖獣と呼ばれる生き物が引っ張って動かし、聖獣をそれぞれの守護神が司る。その守護神の後継者選びにちょっとしたトラブルが起こって、予想外の存在だった主人公ミューンが月の後継者に選ばれます。突然のことに驚いた主人公は聖獣をうまく扱えず、月は軌道を外れてしまいました。
幼い子どもにも理解できるストーリーでありながら、大人をも満足させるのはフランスらしい、センスの良さを感じるキャラクターデザインと色合いのおかげ。月の守護神として成長していくミューンを見ていると、リーダーに必要な資質は腕力ではないことも伝わってきます。太陽や月を奪った悪者を成敗する勧善懲悪モノではなく、悪者にも更生の機会を与える辺りも含めて、今の世界のリーダーたちこそ見てほしい作品ではないかと思わずにはいられません。(堀)


=公開記念特別番組=
番組名: 仏アニメ映画「ミューン 月の守護者の伝説」公開記念 YouTube 生配信
日時: 4 月 23 日(土) 18:30-
出演: 大橋彩香(ミューン cv)、武藤志織(グリム cv)、森嶋秀太(ネクロス cv)
ゲスト:Julie (エンディング「Rescue me」歌手) MC:森遥香
https://www.youtube.com/c/RiskitMovie

2014年/フランス/カラー/シネマスコープ/85分
配給:リスキット
(C)Onyx Films-OrangeStudio-Kinology
https://mune-movie.com/
★2022年4月19日(火)より、日本語吹替え版/国際版 東京都写真美術館先行公開
2022年 5月20日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋を皮切りに全国順次公開


posted by shiraishi at 15:53| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする