2022年02月12日

リング・ワンダリング

ring.jpg

監督:金子雅和
脚本:金子雅和 吉村元希
撮影:古屋幸一
音楽:富山優子
美術:部谷 京子
劇中漫画:森泉岳土
出演:笠松将(間草介)、阿部純子(川内ミドリ/梢)、安田顕(川内青一)、片岡礼子(川内藍子)、品川徹(川内黄太)、田中要次(塩屋)、長谷川初範(銀三)

東京の下町。猟師とニホンオオカミを題材に漫画を描いている草介、なかなか思うように描けず筆が止まっている。絶滅してしまった種のため、モデルを見ることも叶わない。スケッチに出かけた山で出逢った少年は「オオカミはまだいる」と不思議なことを言う。バイト先の工事現場で、古びた動物の骨を見つけて、こっそり持って帰った。夜になってまた出かけた現場で、飼い犬のシロを探している娘・ミドリと出逢う。足を痛めて歩けない彼女をおぶって家まで送ることになった。鳥居をくぐって進み、着いたのは家族で営んでいるという古い写真館。ミドリや家族との会話は草介とどこかかみ合わないが、暖かいひと時を過ごした。

現代の草介の生活と、ミドリと家族が住むいつかの東京の物語を繋ぐのは、草介が描いたシロの絵と古いカメラを持った少年。もうひとつは草介が製作中の漫画の猟師銀三が住む世界。森泉岳士さんの絵と、その実写版が、うまく配されています。
オオカミの絵に苦労する草介は笠松将さん。漫画は遅々として進まず、ぼんやりしてバイト先の工事現場ではベテラン作業員によく邪険にされています。ミドリは阿部純子さん。中原淳一の抒情画に住んでいる女の子はこんな雰囲気です。
ミドリの家族と草介が囲む丸いちゃぶ台、お父さんがまず箸をとってつつく鍋。草介を送るミドリを見る両親、小さな積み重ねがかつてあった世界を優しく、忘れられないものにしています。ラストの画面に、あっ!となりますよ。お楽しみに。(白)


★タイトルの「リング・ワンダリング」とは登山用語で、人が方向感覚を失って無意識の内に円を描くように同一地点を彷徨い歩く現象のこと。
ドイツ語(独: Ringwanderung)で「環形循環」という意味がある。

◆第52回インド国際映画祭(ゴア)金孔雀賞グランプリ受賞
◆第37回ワルシャワ国際映画祭 エキュメニカル賞スペシャルメンション受賞
◆第22回東京フィルメックス メイドインジャパン部門 正式上映

2021年/日本/カラー/1:185/DCP/103分
配給:ムービー・アクト・プロジェクト
(C)2021 リング・ワンダリング製作委員会
https://ringwandering.com/
★2022年2月19日(土)よりイメージフォーラムを皮切りに全国順次公開!

初日舞台挨拶
DSC_4728.jpg
阿部純子、笠松将、金子雅和監督

金子監督「東京生まれの東京育ちなので、一度は東京を舞台にした映画を作りたいと思っていました。ちょうど東京オリンピックに向かって東京が新しく開発され、変わっていく時期で、その地面の下に埋もれた記憶や命があるんじゃないか? と着想しました」

笠松「草介という役は、基本的に僕でした。漫画を描いてるけどうまくいかないし、探し物も見つからない――結構、自分と近くて、無理なく等身大でやれました。当時僕は仕事(俳優)が自分には向いてないと思って、この作品を最後にやめようと思っていました。だからこの作品を一生懸命やりたかった。がむしゃらにやっていたころの作品です」

阿部「笠松さんはチームを引っ張ってくれる存在でした。私を背負って石段を何度も上り下りしても弱音を吐かず、この映画も、私も背負ってくれました」

笠松「2年前僕自身も、もしかしたら、すごく大きな夢の中にいたのかもしれないけど、僕の精一杯は届かないと思ってました。でも2年経って、こうやってたくさんの人に観てもらえました。これからもっともっとたくさんの人に観てもらえるように、僕もならないといけない。いい映画に出会えて、こういう機会をいただけてお会いできたことがすごく嬉しいです。いい時間だなと思えて幸せです。ありがとうございます」

posted by shiraishi at 23:47| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マヤの秘密(原題:The Secrets We Keep)

maja.jpg

監督・脚本:ユヴァル・アドラー
撮影:コーリャ・ブラント
音楽:ジョン・パエサーノ
出演:ノオミ・ラパス(マヤ)、ジョエル・キナマン(トーマス)、クリス・メッシーナ(ルイス)、エイミー・サイメッツ(レイチェル)

1950年代後半のアメリカ。公園で遊ぶ息子を見守っていたマヤは指笛を聞いた。そのとたん戦争中の悪夢がよみがえってくる。ロマ民族のマヤは戦争中ナチスの迫害を受け、マヤは暴行され妹は殺されてしまったのだ。指笛の主は近所に引っ越してきた男で、忘れようとしても忘れられないその兵隊だった。今も夢でうなされているマヤは、男を誘拐して自宅に監禁する。トーマスと名乗る男は人違いだと言い続けるが、マヤは真実を知るまでは解放しないと告げる。夫のルイスはマヤの過去を初めて知って同情するものの、男への暴力に加担したくない。

戦争の傷跡がどれほど深いのか、当事者の心情は想像するのみ。マヤは幸せな家庭を築いて子どもにも恵まれましたが、かつての悪夢のようなできごとは心の奥深くに巣食ったままです。穏やかな暮らしの中で、相手に気づいたばかりに、復讐に駆り立てられてしまいます。いつも強い女のノオミ・ラパス、今作でも夫が引いてしまうほどの過激さです。マヤがナチス兵と思った男も、家庭があり妻も子もいて平和に暮らしています。そこがまた考えどころなのですが。復讐や怒りは連鎖してしまいます。
戦時中に狂気にかられた兵隊たちが犯した女たちは、生き残って何年経とうと決して忘れずにいます。彼らを罰してほしい、赦しを乞い願ってもらいたい。女は戦利品でも慰安物資でもありません。ノオミ・ラパスも女性の身になって、この主演と製作総指揮を務めたのでしょう。ラストは苦いです。(白)


過去にナチスから辱めを受けた主人公のマヤが加害者と思しき男トーマスを拉致して、自白させようとする。邦題はマヤが過去に受けた辱めを夫ルイスに言えなかったことかと思いましたが、抱えた秘密は幾重にも重なっていました。原題は「The Secrets We Keep」。なぜ「We」なのかが疑問でしたが、作品を見ると大いに納得。ただ、この「We」はダブル・ミーニング。マヤとトーマスが経験した事実、マヤとルイスが抱えていく事実の2つあります。どちらも辛い。(堀)

2020年/アメリカ/シネスコ/カラー/93分
配給:STAR CHANNEL MOVIES
(C)2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
https://maja-secret.com/#modal
★2022年2月18日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

posted by shiraishi at 23:32| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッバイ、ドン・グリーズ!

goodbye.jpg

監督・脚本:いしづかあつこ
キャラクターデザイン:吉松孝博
美術監督:岡本綾乃
撮影監督:川下裕樹
音楽:藤澤慶昌
主題歌:[Alexandros]/「Rock The World」
アニメーション制作:MADHOUSE
声の出演:花江夏樹(ロウマ/鴨川朗真)、梶裕貴(トト/御手洗北斗)、村瀬歩(ドロップ/佐久間雫)、花澤香菜(チボリ/浦安千穂里)、田村淳(ロウマの父/鴨川太朗)、指原莉乃(ロウマの母/鴨川真子)

東京から少し離れた田舎町。ロウマは周囲と上手く馴染むことができない少年。同じように浮いた存在だったトトと二人だけのチーム"ドン・グリーズ"を結成する。東京の高校に進学したトトも夏休みに帰ってきた。そこにドロップという男の子が加わって3人チームになった。
「ねえ、世界を見下ろしてみたいと思わない?」というドロップの何気ない一言にのせられて、ロウマたちは山登りへ。その結果、山火事の犯人に仕立て上げられてしまった。空の彼方へと消えていったドローンが唯一の証拠、探しに行かなくては!
3人の小さな冒険は、やがて少年たちの“LIFE=生き方”を一変させる大冒険へと発展していく。

引っ込み思案な男子ロウマ、進学高へ進んだトト、長い付き合いの2人。新しく友達になった金髪のドロップはアイスランドからやってきました。秘密を抱えているようですが、ずっと後まで明らかにされません。

身の回り半径数メールから、次第に広くなっていく世界。表情豊かな少年たちとその軽快な動き、遠景も素敵です。ヴォイスキャストにもご注目を。人気の声優さんに加え、田村淳さんと指原莉乃さんがお父さんお母さん役です。
男の子3人組の冒険をアニメーションに仕上げたのは、いしづかあつこ監督と『サマー・ウォーズ』(2009)のMADHOUSE。
最近では『若おかみは小学生!』(2018)、テレビアニメも「宇宙よりも遠い場所」(いしづかあつこ監督)ほか多数。1月5日からは「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」放映中。今年4月には『時をかける少女』(2006)が4DX版で再上映されます。その前にファンタジックな胸アツのこの作品を。(白)


作画のクオリティの高さに驚きました。ドローンで映した打ち上げ花火は最高。これは絶対にスクリーンで見てほしい。クライマックスはファンタジー感が強いのですが、それもすんなり受け入れられるのも背景画の美しさがあってこそ。
物語は『スタンド・バイ・ミー』的な要素がたっぷり。その中で医者になるために東京の進学高へ進んだトトの葛藤は同じ道を目指す多くの高校生の悩みでもあって、普段、アニメや映画を見ない受験生にも気分転換もかねてぜひ見てほしいと思います。人生の歩み方って人それぞれで、焦らなくてもいいんだよと気が付いてもらえるのではないでしょうか。(堀)


2022年/日本/カラー/95分
配給:KADOKAWA
(C)Goodbye,DonGlees Partners
https://donglees.com/
★2022年2月18日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 23:22| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君が落とした青空

kimi.jpg

監督:Yuki Saito 
脚本:鹿目けい子 
原作:櫻いいよ「君が落とした青空」(スターツ出版刊)
撮影:花村也寸志 
VFXスーパーバイザー:古橋由衣  
音楽:富貴晴美
主題歌:まふまふ「栞」(A-Sketch)
出演:福本莉子(水野実結)、松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)(篠原修弥)、板垣瑞生(本山佑人)、横田真悠(西村トモカ)、莉子(丸井佐喜子)、矢柴俊博 松本若菜

付き合いはじめて2年が経つ高校3年生の実結(みゆ)と修弥(しゅうや)。“毎月1日は何があっても一緒に映画を観に行く”という約束通り、その日もデートへ向かった2人。しかし、修弥は突然「急用ができた」と言い、どこかへ行ってしまう。最近何かを隠しているような彼の態度に不安を感じていた実結。気まずい空気の中、「もう一度話したい」と戻ってきた修弥に会うため向かった待ち合わせ場所で、彼は実結をかばって交通事故に遭ってしまう――。突然の出来事にパニックになるが、目が覚めると自分の部屋のベッドで朝を迎えていた実結。時間が経つにつれて自分がタイムリープをしていることに気がついた。

ケータイ小説として発表されたのは2010年。のちに同名で書籍が発行されました。ある時間を繰り返すタイムループ・ラブストーリーで、これだけで興味しんしんです。実結を『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)、『しあわせのマスカット』(2021)の福本莉子さん。修弥を”Travis Japan/ジャニーズJr.の松田元太さん。2人を見守る佑人を板垣瑞生さん。実結と違うタイプのトモカを横田真悠さん。4人の思いが交錯して切なさ倍増です。
両想いで幸せな日々だった2人がちょっとした行き違いで取返しのつかないことに…なったはずが、何度でもその事故の日に戻っていきます。さて、あなたならどうします?なんとか彼を助けようと、奮闘しますよね。そのたびに辛い思いをしても、何度でも戻っていい方向を探るでしょう。女の子たちに「切ない小説NO.1」と大ヒットしたのも納得。(白)


高校時代にキラキラした青春を経験していなくても、映画を見ることで追体験できるところがエンタメ作品のうれしいところ。福本莉子さんが等身大の女子高生として演じているので、自分の年齢を忘れて、すーっと入り込めます。
といいながら、朝のリビングシーンはつい親目線で見てしまいました。同じ朝を繰り返すことで母親のありがたさに気づく実結。毎朝の食事の支度やお弁当作り、制服のアイロン掛けをターゲットのティーンエージャーたちはきっと当たり前のように思っているのでしょうね。せっかくこの作品を見たのだから、家に帰ってお母さんに「いつもありがとう」といってくれたら、お母さんも大喜びするはずなんだけれどなぁ。(堀)


2022年/日本/カラー/93分
配給:ハピネットファントム・スタジオ 
(c)2022映画『君が落とした青空』製作委員会
https://happinet-phantom.com/kimiao/
★2022年2月18日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:01| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀鏡SHIROMI  英題:SHIROMI

shiromi.jpg
(C)映画「銀鏡 SHIROMI」製作委員会

監督:赤阪友昭
撮影:古木洋平
録音:森英司
音楽:林正樹
歌 :松田美緒

奥日向にある神楽の里、宮崎県西都市銀鏡。
毎年12月12日〜16日、銀鏡神社の例大祭で、夜空に瞬く星のもと、500年以上前の古より伝わる「星の神楽」が奉納される。
この神楽を守り続けるため、銀鏡の人々は、柚子や唐辛子を生産し加工までを担う会社をつくって雇用を生み出し、山村留学を通じて人を育て、学校を残してきてもいる。
人里離れた奥深くにある銀鏡には、今も、自然と人が一体となって存在している・・・

一年に一度、神楽を奉納するため、知恵を絞り、自然の恵みを活かして暮らしている銀鏡の人たちの姿に、日本では太古から、こうして人々は自然と共に生き、神様に感謝を捧げてきたことを思い起こさせてくれました。

公式サイトに
「かぐら」いう言葉は、「かみくら」が約まったものと言われ、「神蔵」や「神倉」、「神座」などと表することから、「神」という存在を招き入れ顕現を呼び起こす儀礼を指した。これに「神楽」という文字を当てるのは、日本神話で語られるアマテラスを岩戸から導き出したアメノウズメのように、その儀礼が手鈴などを使った賑やかな動きのある身体表現を用いて神を楽しませることに由来する。この神話からもわかるように神楽の主たる目的と起源は、一年のうち最も日の短い冬至を境とした太陽の復活、そして生命力の再生を願うことにある。
とあります。冬至を太陽が生まれた日として祝う風習は、イランにもあります。イスラームの入るよりずっと以前からのもの。自然の摂理は、地球上のどこであろうと変わらないもの。人々がそれを大事にして生きてきたことも、本作は教えてくれました。(咲)


2022年/日本/113分/カラー/DCP
配給:映画「銀鏡 SHIROMI」製作委員会事務局
後援:宮崎県、西都市
公式サイト:https://shiromi-movie.com/
★2022年2月19日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開
posted by sakiko at 02:51| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白いトリュフの宿る森(原題:The Truffle Hunters)

白いトリュフ.jpg

監督:マイケル・ドウェック、グレゴリー・カーショウ

世界で最も希少で高価な食材といわれるアルバ産白トリュフ。その名産地である北イタリアのピエモンテ州では、老人たちが訓練された犬たちと共に、危険のつきまとう森の奥深くで宝探しを愉しむように白トリュフを探し出す。気候変動や森林伐採により供給量が減り、世界中のシェフやバイヤーらが、トリュフ探しの極意を聞き出そうと躍起になるが、彼らはトリュフが実る場所やその方法を決して誰にも明かさない。それは長年連れ添った妻や友人にさえも、絶対に―。
写真家のマイケル・ドウェック監督は3年間にわたって彼らの生活に入り込み、信頼関係を築いたうえで貴重な撮影に成功。大地に寄り添い、時の流れが止まったかのような純粋で美しい暮らしを映し出す。

年明け早々、「ジャにのチャンネル」の動画をきっかけにTruffle BAKERY(トリュフベーカリー)の白トリュフの塩パンが話題になっています。いつ行っても行列ができていて、1人2個しか買えない貴重なパン。せっかくなので並んで買って食べてみました。普通の塩パンにはない香りがしましたが、きっと白トリュフなのでしょう。
その白トリュフを題材にしたドキュメンタリー作品が『白いトリュフの宿る森』です。登場する白トリュフ探しの達人たちの生活は自然とともにあり、まるでミレーの絵画を見ているかのよう。悠久の時の中でゆったりと生きている彼らの姿を見ているだけで癒される気がします。
一方で、バイヤーの手に渡ってからの白トリュフは人間の欲にまみれていく。クッションの上に鎮座まします白トリュフはその象徴でしょう。群がる人間たちの業が悲しい。達人たちが今のままの生活を続けていけることを祈らずにはいられません。(堀)


2020年/イタリア、アメリカ、ギリシャ/84分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2020 GO GIGI GO PRODUCTIONS, LLC
公式サイト:https://www.truffle-movie.jp/
★2022年2月18日(金)ロードショー

posted by ほりきみき at 00:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする