2021年10月24日

モーリタニアン 黒塗りの記録   原題:THE MAURITANIAN

maulitanian.jpg
(C)2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督:ケヴィン・マクドナルド(『ラストキング・オブ・スコットランド』『消されたヘッドライン』)
原作:モハメドゥ・ウルド・スラヒ「モーリタニアン 黒塗りの記録」(河出文庫)
出演:ジョディ・フォスター ベネディクト・カンバーバッチ タハール・ラヒム シャイリーン・ウッドリー ザッカリー・リーヴァイ

2001年11月、モーリタニア。モハメドゥ・スラヒ(タハール・ラヒム)は、9.11同時多発テロの首謀者の1人として拘束される。ヨルダンなどを経て、キューバにある米軍のグアンタナモ収容所に移送される。裁判は一度も開かれないまま時が経ち、2005年、人権派弁護士ナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)が、「不当な拘禁」だとしてモハメドゥの弁護を買って出る。時を同じくして、9.11 の戦犯法廷で政府が望む死刑第 1 号にモハメドゥの名があがり、起訴をスチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)が担当する。中佐はハイジャックされた機の副操縦士だった親友の無念を晴らそうと意気込んでいた。
ナンシーは通訳兼アシスタントの若手弁護士テリー・ダンカン(シャイリーン・ウッドリー)を伴ってモハメドゥと面談し、証言として手記を書くよう説得する。ナンシーたちは、モハメドゥの手記から厳しい尋問や拷問が横行する実態を知り息を飲むと共に、彼のユーモアと人間味に溢れた人柄に惹かれていく。政府に請求していた軍による調査資料がようやく届くが、中身はほとんど真っ黒に塗りつぶされていた。スチュアート中佐側に届く資料も同様だった・・・

本作の原作であるモハメドゥ・ウルド・スラヒの手記「モーリタニアン 黒塗りの記録」が出版されたのは、まだモハメドゥ本人がキューバのグアンタナモ米軍基地に収容中の2015年のこと。軍による調査資料が黒塗りだったのと同様、アメリカ政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされた状態のまま出版されています。
手記を読んで、モハメドゥの文章にあるウィットや詩のような美しさや英知に驚き、彼のストーリーに心を動かされた製作のロイド・レヴィンたちが、手記のオプション権を獲得し、製作を決めたのは、まだモハメドゥがグアンタナモに収容中のことでした。何らかの罪で起訴されることなく、2016 年 10月 16 日にようやく釈放されました。拘禁は 14 年 2 か月にも及びました。
悪名高きグアンタナモ収容所には、少なくとも 15 人の子どもを含む約 780 人が各地から連行され、司法手続きなしに厳しい尋問や拷問、長期拘禁を強いられています。国際社会や人権団体からの非難が相次ぎ、2009 年オバマ政権が閉鎖を表明しましたが、いまだに閉鎖されていません。

映画の中で、モハメドゥの「アメリカは正義の国と信じていたのに、恐怖で支配するとは思っていなかった」とう言葉が、まさにそうだ!と胸に響きました。(正確にいえば、「アメリカは正義をふりかざす国と思っていたのに」が、私の気持ちですが)
冒頭、モーリタニアの大きなテントの中で結婚を祝う宴が開かれている最中、モハメドゥは母たちが心配する中、突然連行されます。9・11同時多発事件後の「テロとの戦い」のもと、グアンタナモに収容された780人だけでなく、世界で多くの人たちが、いわれなき罪に問われ、このように家族との平穏な日々を壊されたことに思いが至りました。拘束されないまでも、イスラーム圏の出身者というだけで監視されたり偏見の目で見られることは欧米だけでなく、日本でも聞きます。

モハメドゥは、あれほどまで長年にわたり自由を奪われ屈辱的な拷問も受けたのに、「私は許そうと思う。それが私の神の教えだから」と語ります。映画の最後に、モハメドゥ本人が釈放されて、故国で大勢に出迎えられ、目を輝かせている姿が映し出されます。タハール・ラヒムが、限りなく本人の雰囲気に近づけて演じていたのを感じました。

ちょうど、この映画の紹介記事を書こうと思っていた矢先に、友人でエッセイスト・写真家の加藤智津子さんから、『モーリタニアン 黒塗りの記録』についてお便りをいただきました。何度もモーリタニアに通っていて、日本モーリタニア友好協会の理事でもある加藤さん。映画を未見の立場で書かれていますが、とても参考になります。映画の中で映し出された美しいモーリタニアの風景をもっと味わえるブログです。
https://www.chizukokato.com/blog

このブログの中で、映画の最後に出てきたモハメドゥ本人が帰国した時の映像が含まれた「Guardian」が制作したドキュメンタリー(22分)もご紹介されています。
「My Brother’s Keeper: a former Guantánamo detainee, his guard and their unlikely friendship」
https://www.youtube.com/watch?v=IH-h3h22Hck
最後に会ってから13年後、元看守のひとりである Steve Wood がモーリタニアまで会いにきます。Steve は、イスラームに改宗していて、モハメドゥと並んで祈る姿にじ~んとさせられました。 (咲)



2021 年/イギリス/英語・アラビア語・フランス語/129 分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ
字幕翻訳:櫻田美樹
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
© 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://kuronuri-movie.com/
★2021年10 月 29 日(金) TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー



posted by sakiko at 19:50| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老後の資金がありません!

劇場公開日 2021年10月30日 劇場情報

640_R.jpg
(C)2021映画「老後の資金がありません!」製作委員会

監督:前田哲
原作:垣谷美雨
脚本:斉藤ひろし
企画プロデュース:平野隆
プロデューサー:岡田有正 下田淳行
音楽:富貴晴美
主題歌:氷川きよし
出演
後藤篤子:天海祐希
後藤 章:松重豊
後藤まゆみ:新川優愛
後藤勇人:瀬戸利樹
松平琢磨:加藤諒
神田サツキ:柴田理恵
桜井秀典:石井正則
桜井志津子:若村麻由美
本間:友近
城ケ崎君彦:クリス松村
レイナ:高橋メアリージュン
松平金造:佐々木健介
松平美和:北斗晶
荻原博子
後藤芳乃:草笛光子

舅の葬儀、娘の派手婚、夫婦W失職、浪費家の姑との同居!
貯めたお金がみるみる減っていく!
老後の資金がありません!

「人生100年時代」に近づいてきた日本。年金や貯蓄だけで老後の生活は大丈夫なのだろうか。社会の仕組みがどんどん変わってきて、高齢になっても働かなくてはなりたたない状況が…。「老後の資金は2000万円必要」と言われる中、生活をしていくのにどんな備えが必要なのか? 現代日本が抱える問題に普通の主婦が立ち向かう! 痛快! お金のコメディ・エンターテイメント!
原作は、稀代のストーリーテラー垣谷美雨の34万部を突破したベストセラー小説「老後の資金がありません」(2011年/中公文庫)。巧みな設定で読者の共感を呼ぶ。親の葬式、娘の派手婚、夫の失職に続き、自分も失職。さらに浪費家の姑との同居と、お金の必要なことが続き、老後のために節約してためてきた貯金がどんどんなくなっていく。お金の「災難」に振り回される主婦・後藤篤子の奮闘がユーモラスに小気味よく綴られる。老後の資金問題という深刻なテーマを、コメディタッチで描いた。
主人公の主婦を元タカラジェンヌの天海祐希が演じ、周りの人たちに癖の強い俳優陣を配し、盛り立てる。監督は『ブタがいた教室』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲。

天海祐希、けっこう好きです。あのきっぱりとした立ち姿がかっこいい。私は宝塚ファンではないけれど、彼女のサバサバとした性格(ほんとのところは知りませんが)が小気味よい。なので、主婦役といってもイメージではないのですが、この映画で演じた主婦の役は彼女ならでは。コメディアンヌのセンスも抜群。
それにしても、この映画の設定甘すぎません? 舅が亡くなって葬式代を長男が負担というのも変。あんな高価な高齢者マンション?(老人ホーム?)に入っているのに自分の葬式代を用意していないなんて普通ないと思うのだけど。それとも子供たちが費用を負担してするのが当然と思っているのか…。私は自分の葬式代くらい用意しておこうと思って、葬式代と、そのあとの部屋の片づけ代などを想定して用意はしているけど。それに娘だって自分が結婚するのに結婚式の費用、全部親持ちって考えているというのは考えられない。結婚相手の息子だって、相手の家の事情を考えずに結婚費用を半々持ちと考えるような男と結婚させる? 姑も息子の家の経済事情も考えず、好き勝手というのもなあ。ま、『老後の資金がありません!』というタイトル設定上、極端な形にしたのか。それでも最後はほっとしました(暁)。


公式HP 
2021年製作/115分/G/日本
製作:映画『老後の資金がありません!』製作委員会
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東映

予告
posted by akemi at 18:30| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする