2021年10月23日

芸術家・今井次郎

imaijirou.jpg


監督・撮影・編集:青野真悟、大久保英樹
プロデューサー:橋本佳子
出演:今井次郎
時々自動
佐藤幸雄とわたしたち
uni-marca/ユニ・マルカ
石川浩司
オジュデュイイルフェボウ
with モモンガ・コンプレックス
テニスコーツ
とんぷくユニット
(向島ゆり子、近藤達郎、久下惠生、いしかわともこ)

2018 年、今井次郎のトリビュートライブが開催された。2012年に亡くなった今井が関わったバンドや劇団、今井にインスパイアされ、彼を尊敬している若いミュージシャンが集い、追悼ではなく「今こそ必要な音楽」として今井作品を演奏した。この一夜限りのライブ映像を主軸に、今井本人のパフォーマンス映像や今井作品の広がりについての取材映像などをリミックス。
一人の「そのようにしか生きられなかった芸術家」を基点にした、シリアスだけどユーモアにあふれた最高にハッピーな音楽ドキュメンタリー。

今井次郎3.jpg

この映画を観るまで今井さんを知りませんでした。きっと真面目で狙っているわけではないだろうに、ご本人とそのパフォーマンス、作られたもの、それぞれが面白いのです。おかしいではなく、興味深い面白さ。
今井さんに出逢った、関わった方々の言葉には、思い出と一緒に「会いたいなぁ」という気持ちがいっぱいつまっていました。今井さんが遺した曲や手作りの愛しいものたちが画面に登場します。SNSで発信し続けた”病院食を動物や人に変身させたミールアート”は、写真集「 JIROX MEALS」になりました。購入はブックギャラリーポポタムへ。
互いに10代からのご縁という青野真悟監督、大久保英樹監督のお2人にお目にかかれました。
スタッフ日記はこちら
インタビュー記事はこちら
ポポタムでの展示はあと29日(金)~31日(日)の3日間です。こちら
(白)


私もこのドキュメンタリーを観るまで、今井次郎さんのことを知りませんでした。私はしかも同い年。今井次郎とはいったい何者なのか。ミュージシャン、作曲家、パフォーマンサー、造形作家。様々な表現方法で「自分のやりたいことを続け生きた人」ともいえる。ユニークなものを使って表現活動を続け、「役に立たない大切なもの」で死ぬまで楽しいことを続け60歳まで生きた。特に目を見張ったのは、ガン病棟の病院食を使って表現した「アート」。こんな人がいたんだと目からうろこだった。
『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎 90 歳』『ひろしま 石内都・遺されたものたち』『沖縄スパイ戦史』などの橋本佳子がプロデューサーを務めた(暁)。

640 (1)_R.jpg


*参考記事
橋本佳子プロデューサー関連記事

●『ひろしま 石内都・遺されたものたち』
リンダ・ホーグランド監督・橋本佳子プロデューサーインタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2013/hiroshima/index.html

●『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』
長谷川三郎監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2012/nipponnouso/index.html

2021年/日本/カラー,一部モノクロ/94分
配給:ドキュメンタリージャパン
(C)2021「芸術家・今井次郎」製作委員会
公式HP imaijiro.com
★2021年10月30日(金)ユーロスペースほか全国順次公開

posted by shiraishi at 23:56| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョゼと虎と魚たち(原題:Josee)

josee.jpg

監督・脚本:キム・ジョングァン
原作:田辺聖子
出演:ハン・ジミン(ジョゼ)、ナム・ジュヒョク(ヨンソク)

卒業を控えた大学生のヨンソクは、ある日、道端に倒れている車椅子の女性に遭遇する。壊れた車椅子と彼女を家まで送り届けたヨンソクは、お礼に夕飯を振る舞われる。足が不自由な彼女は祖母と二人で暮らしていた。自分をジョゼと呼んでという彼女の身の上と、豊かな知識と空想の独特な世界を知ったヨンソクはジョゼに惹かれていく。ジョゼもまた次第にヨンソクに心開くようになった。

原作は田辺聖子さんの短編小説。1985年に短編小説集に収録されています。2003年に犬童一心監督が同名で映画化し、好評でした。大学生の恒夫(妻夫木聡)、ジョゼ(池脇千鶴)2人の愛情の行方を見つめました。ジョゼの手料理が美味しそうで、糠漬けをしなくちゃと思ったものです。2020年公開のアニメ版はこちら。子どもも観られる明るいものになっています。
またリメイク?韓国で?と意外でしたが、キム・ジョングァン監督がぜひともと送り出した本作。皮肉屋で空想家のジョゼ、素直なヨンソクの性格は変わりません。ジョゼの家や部屋、2人を包む風景などが違ってまた新鮮に観ることができます。(白)


恥ずかしながら、犬童一心監督の『ジョゼと虎と魚たち』(2003年)を予告編しか観たことがなく、もちろん田辺聖子さんの原作も読んでいない立場で本作を拝見。しっかり韓国を舞台にした、切なくて愛おしい物語でした。結末を知らなかったのは逆によかったと思いました。これから犬童一心監督作品を観てみたいと思います。そして原作も!
ジョゼという名前は、犬童監督作品が公開された時から気になっていたのですが、フランソワーズ サガンの小説の主人公の名前。「一年ののち」「すばらしい雲」「失われた横顔」がジョゼを主人公とする三部作だそうです。
韓国版のジョゼの暮らす一軒家は、海辺の町・木浦にある1980年代に韓国で建てられていた様式の平屋。とても趣があります。リヤカーを引いて段ボールや廃品を集めて日銭を稼ぐ姿や、ヨンソクの大学生の彼女が考試院(コシウォン)という簡易宿泊所で暮らしていることなどからも韓国らしさを感じさせられました。
紅葉、雪、そしてはらはらと散る桜と、四季折々の美しい風景も心に残りました。(咲)



2020年/韓国/カラー/シネスコ/117分
配給:キノシネマ
Original Film (C) 2003 "Josee, the Tiger and the Fish" Film Partners. All Rights Reserved.
(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
https://movie.kinocinema.jp/works/josee/
★2021年10月29日(金)キノシネマ他、全国順次公開
posted by shiraishi at 23:34| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スウィート・シング(原題:Sweet Thing)

sweet thing.jpg

監督・脚本:アレクサンダー・ロックウェル
出演:ラナ・ロックウェル(ビリー)、ニコ・ロックウェル(ニコ)、ウィル・パットン(アダム)、カリン・パーソンズ(イヴ)、ジャバリ・ワトキンス(マリク)

普段は優しいのに酒を飲むと人が変わる父アダム。母親イヴが出て行ってから、父は酒浸りになってしまった。15歳の姉ビリーと11歳の弟ニコは母と恋人の暮らす家に行くが、居心地が悪い。ある日出会った元気な少年マリクとともに、彼らは逃走と冒険の旅に出る。世界はとても悲しい。でも、幸福な1日はある。3人は宝物のような一日を過ごす。

アレクサンダー・ロックウェル監督、25年ぶりの日本公開作品だそうです。1992年制作の『イン・ザ・スープ』は2006年リバイバル公開を見ていました。そちらの主演はスティーブ・ブシェーミとジェニファー・ビールス。当時監督夫人でしたが離婚しました。ウィル・パットンはブシェーミを翻弄するシーモア・カッセル(2019没)の弟役でした。『ミナリ』では十字架をかついでいました。今作ではアル中の父アダム、好きな歌手ビリー・ホリディの名前を娘につけています。
イヴを監督の妻で女優のカリン・パーソンズ、子どもたちを実の娘ラナと息子ニコが演じ、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で最優秀作品賞を受賞しました。少女から大人の女性に変っていくビリー役のラナがとても綺麗です。弟のニコも愛くるしく、自分の家族をこんな風にフィルムに焼き付けることのできたロックウェル監督、さぞ嬉しかったのではないかしら。守ってくれる大人がいない子どもたちの映画ですが、実は監督の愛情があふれています。16ミリのモノクロ映画中、子どもたちが幸せなシーンはさあっとカラーに変わります。父母の名前がアダムとイヴなのもミソ。(白)


なんと愛おしい映画なのでしょう。
始まりはクリスマス。パパはサンタのバイト中。
サンタに「銃とナイフをください」とお願いする弟ニコ。
サンタのパパはクリスマスツリーを抱えて帰ってくる。
恋人ボーのもとに行ってしまったママと、パパは久しぶりに中国料理店で一家団欒の時を約束していたのに、ボーも同席させるというのでおじゃんに。
ますます酒浸りになったパパは、断酒のために病院送りに。
夏、ママのいる海辺の彼の別荘へ。ニコがボーを相手に事件を起こしてしまった日、元気な少年マリクに導かれて、ビリーとニコは冒険の旅に出るのですが、マリクが実は悲しい運命を背負っていることを知ります。いろんな思いを抱えた3人の忘れられない一日・・・ どこか懐かしい曲の数々が心に響きました。(咲)


2020年/アメリカ/モノクロ+パートカラー/DCP/91分
配給:ムヴィオラ
Photo Credit: Lasse-Tolboll
公式Twitter→ https://twitter.com/sweetthing_eiga
http://moviola.jp/sweetthing/
★2021年10月29日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

ロックウェル監督から<メッセージ動画>とファンの質問に答える<スペシャルQ&A動画>が届けられ、『スウィート・シング』を上映する映画館での限定上映が決定しました。<メッセージ動画>は1週間限定、<スペシャルQ&A動画>は10/29&30の両日のみの限定上映の予定。詳しくはHPにて。
posted by shiraishi at 22:56| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする