2021年10月10日

パリのアメリカ人  原題:An American in Paris - The Musical

パリのアメリカ人_ポスタービジュアル.jpg
ⒸAngela Sterling

映画版監督:クリストファー・ウィールドン
出演:
ジェリー・マリガン役:ロバート・フェアチャイルド
リズ・ダッサン役:リャーン・コープ
アンリ・ボーレル役:ハイドゥン・オークリー
マイロ・ダヴェンポート役:ゾーイ・レイニー
アダム・ホックバーグ役:デイヴィッド・シードン=ヤング
マダム・ボーレル役:ジェーン・アッシャー

『パリのアメリカ人』は、アメリカのミュージカル映画史上に君臨する「巴里のアメリカ人」(1951年)の舞台版。
2015年、ブロードウェイでトニー賞12部門ノミネート中最多4部門を獲得。本作は、ブロードウェイ・プロダクションとキャストによる、2018年のウェストエンド公演(Dominion Theatre)を特別に撮影した作品。

サブ(3)_パリのアメリカ人.jpg
ⒸAngela Sterling

*物語*
1945年、第二次世界大戦が終結し、やっとナチスから解放されたパリ。
アメリカの退役軍人ジェリー・マリガン(ロバート・フェアチャイルド)は、画家としての新たな人生を夢見てパリに残る決意をする。ジェリーは若く美しいダンサーのリズ(リャーン・コープ)と運命的に出会い、一目で恋に落ちる。
ジェリーは、作曲家を目指すアダムと、ショーマンを夢見るアンリに出会い、友情で結ばれる。ある日、アダムに連れられてスケッチのために訪れたバレエスタジオで、ジェリーはリズと再会する。一方、アダムもまたリズの踊りに魅せられ、彼女に恋してしまう。実は、彼らの友人アンリもまたリズに恋していた。リズは、ナチス占領下のパリでアンリの一家に匿われていた恩義があって、アンリと婚約するが、自由な世界へ自分を連れ出そうとするジェリーにも惹かれ、激しく揺れ動く・・・

冒頭、戦争中、友人や隣人の密告もあって、戦争の傷跡はすぐには消えないと語られます。ナチスの占領下で、フランスのビシー政権がユダヤ人弾圧に加担。リズの両親は犠牲になり、リズ自身はアンリの家に隠れていたのです。ジェリーが下宿探しをしていると、ユダヤ人の芸術家なら家賃はいらないといわれ、パリの人たちの罪悪感がみられます。
『巴里のアメリカ人』(1951年)というタイトルは知っていたものの、映画は観てなくて、今回、こんな深い背景のある物語だったことを初めて知りました。まだ戦時中の記憶の生々しかった頃に作られたものですが、70年近くの時を経た今また観る意義は大きいと思います。華麗なミュージカルに込められた自由・平等・博愛の精神をずっしり感じました。(咲)


サブ (4)_パリのアメリカ人.jpg
ⒸAngela Sterling


【楽曲一覧】
第1幕
「協奏曲 ヘ長調」カンパニー
「アイ・ガット・リズム」アンリ、アダム、ジェリー、カンパニー
「セカンド・プレリュード」リズ、女性アンサンブル
「ビギナーズ・ラック」ジェリー
「ザ・マン・アイ・ラブ」リズ
「ライザ」ジェリー
「スワンダフル」ジェリー、アダム、アンリ、カンパニー
「シャル・ウィ・ダンス」マイロ
「セカンド・ラプソディ&キューバン・オーバチュア」カンパニー

第2幕
「アントラクト」オーケストラ
「足がウズウズ」ジェリー、カンパニー
「フー・ケアズ?」マイロ、アンリ
「きみに 僕に 永遠に」アンリ、ジェリー、リズ、マイロ
「バット・ノット・フォー・ミー」アダム、マイロ
「パラダイスへの階段」アンリ、アダム、カンパニー
「パリのアメリカ人」カンパニー
「決して奪えはしない」アダム、アンリ、ジェリー

2018年/イギリス/139分/G
配給:松竹
公式サイト:https://broadwaycinema.jp/
★2021年10月15日(金)から東劇(東京)、なんばパークスシネマ(大阪)、ミッドランドスクエア シネマ(名古屋)ほか全国順次限定公開
posted by sakiko at 19:09| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE MOLE(ザ・モール) 原題:THE MOLE - UNDERCOVER IN NORTH KOREA

The Mole.jpg

(C)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS

監督:マッツ・ブリュガー(『誰がハマーショルドを殺したか』)
出演:ウルリク・ラーセン

10年前、ブリュガー監督のもとに、コペンハーゲン郊外在住の元料理人ウルリク・ラーセンからメールが届く。謎に満ちた独裁国家、北朝鮮の真実を暴くため、自ら潜入捜査するので、それを追ったドキュメンタリーを作ってほしいという。
コペンハーゲンの北朝鮮友好協会に入会したウルリクはたちまち信頼を得て、2012年に協会の一員として北朝鮮を初訪問。文化省の高官カンに迎えられ、北への貢献を称えるメダルを授与される。ウルリクは、現地でKFA(朝鮮親善協会)会長のスペイン人アレハンドロ・カオ・デ・ベノスと出会う。アレハンドロの信頼を得たウルリクは、翌年新設されたKFAデンマーク支部の代表に任命される。2015年、アレハンドロから、北朝鮮に関心がある投資家を探すよう命じられたことをウルリクから報告を受け、監督は、かつてフランス軍の外人部隊に所属していた“ジム”という男を、ミスター・ジェームズという偽の投資家役に起用する。ウルリクとジェームズは、北朝鮮が生産する武器や覚醒剤の違法取引に深く関わり、実態を暴き出していく・・・

マッツ・ブリュガー監督は、映画デビュー作『ザ・レッド・チャペル』(2009)で北朝鮮の怒りを買い、入国禁止になっていて、北朝鮮での撮影は、ウルリク自身の隠しカメラによるもの。よくぞ見つからずに撮影できたと驚きます。怪しまれたら、拘束されるのは必至の北朝鮮。
ウガンダに秘密工場を建設する話が進み、北朝鮮だけでなく、スペイン、ヨルダン、カンボジア・・・と、要人との打合せに飛ぶウルリクたち。2019年、これ以上の潜入は危険との監督の判断により二人は潜入から身を引きます。10年間のスパイ活動を妻に明かすウルリク。「存在が薄くなって、しっかりしてと言いたかった」と、夫がスパイだったとは全く気づいてなかった妻。
『クーリエ 最高機密の運び屋』(9月23日公開)でも、妻たちは夫のスパイ活動に気がついていませんでした。スパイたるもの、まずは家族を欺くことが肝心なのだと、長年、まったく家族に気づかれなかったことに感嘆するばかりです。それにしても、この映画を北朝鮮などの関係者が観て、ウルリクたちに危険が及ぶのではと心配になりました。(咲)



2020年/ノルウェー、デンマーク、イギリス、スウェーデン/135分/DCP/映倫区分G/
協力:NHKエンタープライズ 
配給:ツイン
(c)2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
公式サイト:https://themole-movie.com/
★2021年10月15日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

posted by sakiko at 18:53| Comment(0) | ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かそけきサンカヨウ

kasokeki.jpg

原作:窪美澄「かそけきサンカヨウ」(「水やりはいつも深夜だけど」角川文庫刊所収)
脚本:澤井香織、今泉力哉   
音楽:ゲイリー芦屋
主題歌:「幽けき」(Sony Music Labels) 崎山蒼志
出演:志田彩良 (国木田 陽)、井浦 新(国木田 直)、鈴鹿央士(清原 陸)、中井友望(鈴木沙樹)、鎌田らい樹(有村みやこ)、遠藤雄斗(宮尾数人)、菊池亜希子(国木田美子)、梅沢昌代(清原絹枝)、西田尚美(清原 夏紀)、 石田ひかり(三島佐千代)

幼い頃に母が家を出て、父と二人暮らしの陽はずっと主婦のように家事をこなしている。これからもそんな暮らしが続くと思っていたが、ある夜父から「恋人ができた。その人と結婚しようと思う」と告げられる。父の再婚相手である美子とその連れ子の4歳のひなたと、4人家族の新たな暮らしが始まった。一方、幼なじみの陸は心臓の手術を終え、これまでのように将来の夢が描けず、生活が変わっていく不安を感じていた。陽は陸を誘って実の母であることは伏せたまま、三島佐千代の個展に出かける。

タイトルの「サンカヨウ」は花の名前。どんな花か知らなかったので、すぐ画像を探してみました。映画の中では、陽の古い思い出の中の母の姿とともに現れてきます(でも背中合わせにおんぶされてると見えないんですけど>お母さん)。
春から初夏にかけ冷涼な山地など限られた地域で見られるようです。元は白い花びらが朝露や雨などで水にぬれると透明になって、ガラス細工のように変わるんだそうです。それは見てみたい!(wikiはこちら
映画は受験前から高校1年生の陽と陸を中心に、それぞれの家族や友人たちとが描かれています。淡くてはかない感じのサンカヨウの花のように、静かでさわやかな青春劇。恋愛と友情のあわいを揺れるような2人を描いて、「とにかく恋愛成就にまっしぐら!感」はひとかけらもありません。そんな中で母子家庭でバイトを続けている沙樹の、地に足がついている台詞が印象に残ります。子どもたちを見守る母たち3人+父1人の視線も優しく、ベタベタしません(あ、おばあちゃんはちょっと…私も気をつけよう)。レモンスカッシュみたいな作品でした。(白)


2020年/日本/カラー/シネスコ/115分
配給:イオンエンターテイメント   
©2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会
https://kasokeki-movie.com/
★2021年10月15日(金)より、テアトル新宿ほか、全国公開
posted by shiraishi at 15:35| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WHOLE/ホール

whole.jpg
(C)078


監督・編集:川添 ビイラル
脚本:川添 ウスマン
主題歌:「Wouldn't It Be Great」rei brown
出演:サンディー海 川添 ウスマン 伊吹 葵
菊池 明明 尾崎 紅 中山 佳祐 松田 顕生

ハーフの大学生、春樹(サンディー 海)は親に黙って海外の大学を辞め、日本の実家に帰ってくる。「中退してどうするの」とつれない母。生まれ故郷なのに、電車に乗っていても、よそ者を見るような視線を感じてしまう。幼馴染の仁美(伊吹 葵)からクラス会に誘われても、小学校時代の疎外感を思い出して、気が進まない。
ある夜、春樹は鍵がなくて家に入れず、入ったラーメン屋で建設作業員のハーフの青年・誠(川添 ウスマン)と知り合う。母親と二人で暮らす団地の部屋に泊めてもらい、一見ぶっきらぼうな誠が母親に甲斐甲斐しく尽くしている姿をみる。そんな誠から、春樹は英語の手紙を訳してくれと頼まれる。国籍も知らず会ったこともない父親からの手紙だった・・・

神戸で生まれ育ち、日本のパスポートしか持っていない、監督の川添ビイラルと脚本・主演の川添ウスマン兄弟。日本のメディアが伝えるハーフのイメージが特定の偏った人たちを描いていると感じ、日本で普通に暮らすハーフを主人公にした映画を作ることを決意。知り合いの紹介で、同じく日本で生まれ育ったサンディー 海に出会い、春樹役に抜擢。自らのアイデンティティーに戸惑い、自分探しをする姿を繊細に描き出しました。

冒頭、日本に帰ってきた春樹が乗っている電車(ポートライナー)から、六甲山の麓に広がる神戸の町が見えてきて、神戸生まれの私はそれだけで胸がいっぱいに。幼馴染の仁美と会う神社は、なんと、私が住んでいた岡本の家の裏山にある保久良神社でした。
脚本・主演の川添ウスマンさんというお名前。ムスリムに違いないと、川添兄弟のルーツも気になり、インタビューを申し入れました。サンディー 海さんも是非一緒にとのことで、3人にお話を伺ったのですが、ウスマンさんと海さんは終始じゃれあい、楽しいひと時となりました。日本語が上手だねと言われることは、1週間に一度はあるとのこと。そんなハーフならではの体験も盛り込み、ちょっとセレブな春樹と、建設作業員の誠という対照的なハーフの二人の友情を描いた素敵な物語です。(咲)


cinemajournal_top1 320.jpg
『WHOLE/ホール』公開を前に映画にかけた思いを聞く
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/483861021.html

第14回大阪アジアン映画祭 JAPAN CUTS Award受賞
ニューヨーク・JAPAN CUTS 2019 正式出品作品
ソウル国際映画祭2019 正式出品作品

2019年/日本/カラー/44分/16:9/Stereo
配給宣伝:アルミード
公式サイト:https://www.whole-movie.com/
Twitter:@WHOLE_Film21 Facebook: @filmwhole
Instagram: @078firm
★2021年10月15日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにてロードショー




posted by sakiko at 00:16| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする