2021年08月22日

ホロコーストの罪人 原題:Den største forbrytelsen 英題:Betrayed  

holocosut.jpg

監督:エイリーク・スヴェンソン
出演:ヤーコブ・オフテブロ、ピーヤ・ハルヴォルセン、ミカリス・コウトソグイアナキス

ノルウェー警察&市民がホロコーストに加担していた!

1942年10月26日、早朝。まだ薄暗い中、秘密警察を乗せたタクシーが一斉にユダヤ人宅に向かう。その日、ノルウェーに住むユダヤ人全員がオスロ港へと強制連行された。港で待ち構えていたのは、アウシュヴィッツへと向かう船“ドナウ号”だった。

リトアニアからノルウェーに亡命してきたユダヤ人のブラウデ家。次男チャールズは、ノルウェーを代表するボクサーとして活躍し、非ユダヤ人の女性ラグンヒルと結婚し、幸せな日々を送っていた。
1940年4月、ナチス・ドイツがノルウェーに侵攻。ユダヤ人は身分証明書にユダヤ人の印「J」のスタンプが押される。男性はベルグ収容所に連行され、過酷な労働を強制される。ブラウデ家もチャールズと兄イサクに弟ハリー、そして父ヘンツェルの4人が収容所に連行され、家には母サラと、チャールズの妻ラグンヒルが残される。スウェーデンに逃れた姉ヘレーンを追って、母もスウェーデンに逃れることを考えていた矢先、1942年10月26日の朝を迎える・・・

ベルグ収容所にいたチャールズは、「非ユダヤ人の妻に感謝しろ」と、アウシュヴィッツ行きを免れ、生き延びます。本作は、家族を引き離されたブラウデ家に焦点を当てて描いたマルテ・ミシュレのノンフィクションの原作を基に映画化したもの。エイリーク・スヴェンソン監督は、ノルウェー警察や市民がホロコーストに加担していたことを知って、過去のあやまちを知らしめ、今も世界にはびこる人権侵害に目を向けてほしいと警鐘を鳴らしているのです。
なお、事件から70年経った2012年1月、当時のノルウェー・ストルテンベルグ首相は、ホロコーストにノルウェー警察や市民らが関与していたことを認め、政府として初めて公式に謝罪の表明を行っています。
フランスでは、1995年にシラク大統領が、ナチス占領下のヴィシー政権がユダヤ人の強制連行に加担していたことを国家として認めて謝罪しています。
「当時の状況下では仕方なかった」ではなく、二度と過ちを繰り返すことのないよう、映画で描かれた悲劇を胸に刻みたいものです。
もちろん、匿うことで罰せられることも恐れず、ユダヤ人を救った人たちもいて、美談を描いた映画も数多く作られています。本作と同じ8月27日に公開される『沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家』も、後にパントマイムの神様と称えられたマルセル・マルソーが、ナチスに親を殺されたユダヤ人の子どもたちを助けた実話に基づく映画です。併せてご覧ください。(咲)

2020年/ノルウェー/ノルウェー語・ドイツ語/126分/カラー/ビスタ/5.1ch/PG12
日本語字幕:高橋澄
後援:ノルウェー大使館
配給:STAR CHANNEL MOVIES
©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://holocaust-zainin.com/
★2021年8月27日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開




posted by sakiko at 13:04| Comment(0) | ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家   原題:Resistance

resisutance.jpg

監督・脚本・製作:ジョナタン・ヤクボウィッツ
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クレマンス・ポエジー、マティアス・シュヴァイクホファー、フェリックス・モアティ、ゲーザ・ルーリグ、カール・マルコヴィクス、ヴィカ・ケレケシュ、ベラ・ラムジー、エド・ハリス、エドガー・ラミレス

1938年、フランス、ドイツ国境に近いストラスブール。アーティストを夢見る青年マルセルは、昼間は精肉店で働き、夜はキャバレーでチャップリンに似せた姿でパントマイムを披露していた。戦争が激化し、親をナチに殺されたユダヤ人の孤児たち123人がストラスブールに疎開してくる。マルセルは、兄アランや従兄弟のジョルジュ、思いを寄せるエマと共に、子どもたちの世話にあたる。悲しみに暮れる子どもたちをパントマイムで和ませるマルセル。
そんな中、フランスでもユダヤ人迫害が激化。マルセルはフランス風にマルソー名乗る。
“リヨンの虐殺者”と恐れられたナチのクラウス・バルビー親衛隊中尉がユダヤ人やその協力者たちを拷問し射殺。それに対し武力で復讐しようという恋人エマに、マルソーは一人でも多くの命を救おうと、ユダヤ人孤児たちをフランスからスイスへと逃がすことを提案する・・・

<パントマイムの神様>と称えられたマルセル・マルソーですが、2007年9月22日にパリで亡くなるまで、第二次世界大戦中にナチスに加担したフランスのヴィシー政権に対するレジスタンス運動に身を投じていた活動内容を自ら語ることはなかったとのこと。没後10年以上の時を経て、マルセルたちがユダヤ人の孤児たちを助けた実話が映画化されました。ジョナタン・ヤクボウィッツ監督は、1978年、ベネズエラ、カラカス生まれのポーランド系ユダヤ人。
マルセルの家族も食事の前のお祈りのあとの「ポーランドでのユダヤ人差別から逃げてきたのに、ヒトラーはいずれフランスにも侵攻してくる」という言葉からポーランド系ユダヤ人だとわかります。
ナチスの侵攻を察知して、ストラスブールのフランス人の多くが南部に疎開する中、マルセルたちは逃げることなく、ユダヤ人の孤児たちを助けたのです。
父に、「芸術に何の意味が?」と尋ねられたマルセルが、「なぜトイレに?」と問い、「体が求めるから」と答える父に、「僕の答えも同じ」という場面があります。そんな父も、歌手になることが夢だったのです。「戦争が終わったら一緒に舞台に立とう」と父はマルセルに語るのですが、父はホロコーストの犠牲になり、夢が叶うことはありませんでした。
戦後、マルセルがどんな思いを抱えて、パントマイムで皆を笑わせていたのかと思うと涙が出ます。人種や宗教で人を差別する風潮は、今また激化しています。差別することなく共生できる世界の実現を願うばかりです。
本作はユダヤ人を救った美談ですが、同じ8月27日公開の『ホロコーストの罪人』は、ノルウェーで警察と市民がホロコーストに加担していたことを暴いた物語です。人は状況次第で善にも悪にもなりえることをずっしり感じます。(咲)


2020 年/アメリカ・イギリス・ドイツ/英語・ドイツ語/120 分/カラー/スコープ/5.1ch
日本語字幕:高内朝子
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://resistance-movie.jp/
©2019 Resistance Pictures Limited.
★2021年8月27日(金)TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー




posted by sakiko at 12:55| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショック・ドゥ・フューチャー   原題:Le choc du futur

shock du future.jpeg

監督:マーク・コリン(音楽ユニット“ヌーヴェル・ヴァーグ” )
出演:アルマ・ホドロフスキー、フィリップ・ルボ、クララ・ルチアーニ、ジェフリー・キャリー、コリーヌ

1978年、パリ。若手女性ミュージシャンのアナは、CMの作曲を依頼され、インドの道場に修行にいっているミシェルの音楽機材を置いてある部屋を貸してもらう。自分には高くて買えないシンセサイザーで作曲に取り組むが、なかなか思うような曲が書けない。プロデューサーと約束した締め切りは過ぎ、明朝にはクライアントに提出しないといけないのに、シンセサイザーが故障してしまう。修理に来た技術者が持っていた日本製のリズムマシンROLAND CR-78に魅せられたアナは、これがあれば素晴らしい曲が作れると、頼み込んで貸してもらう・・・

男性優位の音楽業界で、新しいエレクトロミュージックに挑む若き女性ミュージッシャンの姿を描いた瑞々しい作品。
「男なら期限に間に合わせる」などと、レコード会社の男性の口から出てきて、男だって期限を守れない人もいると、ムッとしますが、私自身、なかなか締め切りを守れないので何もいえません。
主人公のアナを演じているアルマ・ホドロフスキーが、あのアレハンドロ・ホドロフスキー監督の孫というだけで、もうこの映画にぐっと惹かれます。
思うように曲が書けない苦悩、そして、電子楽器が醸し出す新しい音色に魅せられ生き生きとするアナを、アルマ・ホドロフスキーは素敵に体現しています。
映画の最後には、実在する女性ミュージシャンの人たちの名前が掲げられています。マーク・コリン監督が、なかなか日の当たらない女性たちに敬意を表した映画でもあります。

ローランドのリズムマシンで思い出すのが、1970年代後半に大学のジャズバンドでキーボードを担当していた妹のこと。倉庫から楽器がごっそり盗まれたことがあって、妹が使っていたローランドのマシンも、もしかしたらこれではないかと警察から連絡があって見に行ったものの、キズをつけないよう綺麗に使っていたので見極められなかったということがありました。妹に型番を聞いたら、もう忘れてしまったとのこと。当時としては、いろんな音が出て画期的で面白かったそうです。譜面通りにしかピアノを弾けなかった私には、自由自在に弾くことのできる妹がうらやましかったことも思い出しました。(咲)


2019年/フランス/78分/5.1ch/シネマスコープ/DCP/映倫区分G
配給:アットエンタテインメント
公式サイト:https://chocfuturjp.com/
(C)2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films
★2021年8月27日(金)より新宿シネマカリテ、渋谷ホワイトシネクイントほかにて公開


posted by sakiko at 04:15| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする