2021年08月21日

大地と白い雲 原題「白雲之下」

2021年8月21日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー!
上映情報
c22748c9a7c94242_R.jpg
©2019 Authrule (Shanghai) Digital Media Co.,Ltd, Youth Film Studio All Rights Reserved.

思いがすれ違う一組の夫婦の喪失と再生の物語

監督:王瑞(ワン・ルイ)
原作:「羊飼いの女」漠月著
脚本:チェン・ピン
字幕:樋口裕子
字幕監修:山越康裕
キャスト
ジリムトゥ:チョクト役
タナ:サロール役
ゲリルナスン
イリチ
チナリトゥ
ハスチチゲ

内モンゴル自治区フルンボイル草原に暮らす一組の夫婦。夫チャクトは妻サロールと一緒に都会で暮らしたいが、サロールは伝統的なパオでの暮らしに満足で都会には住みたくない。ここではないところへ思いを巡らせ、ふらりといなくなるチョクトに腹を立ててはいても、夫を愛するサロール。どこまでも続く大草原、白い雲。群れをなす羊、草原を駆けまわる馬も映し出される。しかし、モンゴルの草原でも、今では往来は馬でなく、ほとんどがバイクや車。でも年1回の馬追いの行事では馬乗りの妙技が披露される。
夫がふらっと出かけてしまうと、いつ帰ってくるかわからず、妻はひとりで家畜の羊の世話を続けるが気が気でない。雄大で壮大な大平原の厳しい大自然の中、新しい社会に憧れる夫と、今の暮らしを継続したい妻の間には心のすれ違いが広がっていく。ともに生きていきたいと願いながらも、時代の変化や価値観の多様化の中ですれ違っていく1組の夫婦と変わりゆくモンゴル草原の姿を描く。
北京電影学院の教授でもある王瑞監督が、内モンゴル出身の作家・漠月(モー・ユエ)の小説「放羊的女人」を原作に10年の歳月をかけて映画化。草原の生活の質感と四季の美しさにこだわり、内モンゴル出身の俳優やスタッフたちとともに、モンゴル語で挑んだ本作は中国映画に新たな可能性と多様性を提示し、中国最大の映画祭である金鶏奨で最優秀監督賞を受賞。東京国際映画祭2019では最優秀芸術貢献賞を受賞(映画祭での上映タイトルは『チャクトゥとサルラ』)。王瑞監督の長編5作目。
*シネマジャーナルHP 特別記事
第32回東京国際映画祭 クロージングセレモニー
http://www.cinemajournal.net/special/2019/tiff/index4.html

王瑞ワン・ルイ東京国際映画祭2019_R.jpg
東京国際映画祭2019授賞式での王瑞監督

チョクト役のジリムトゥさん補正_R.jpg
チョクト役のジリムトゥさん(東京国際映画祭2019で)

果てしない大空、大自然の美しさが描かれるが、厳しさも描かれ、激烈な吹雪のシーンも圧巻。零下40度のなか撮影が行われたそう。バイクに車、スマホまで登場し、草原の中には鉄塔も見える。草原の暮らしも便利になり、以前の暮らしからは大きく変わってきて、近代化からは逃れようもない。そんな中で描かれる未知のものへの憧れと、すでにある暮らしの満足。その狭間でゆれる気持ち。誰しもある普遍的なテーマ。
妻への思いはあっても、都会に行きたい夫の気持ち。束縛せずお互いの気持ちを大事にして、そのすれ違いをすり合わせることができなかったのだろうか。彼らが暮らしているところは都会からあまり離れていない場所のようなので、草原に住みながら都会にも時々行くとか何か方法はなかったのではないだろうかと私は思ってしまった。私自身は都会というより自然への憧れが強いけど、あちこち行きたい人なので夫の気持ちがよくわかる。空の大きさ、壮大な草原、そして羊や馬、そしてパオでの生活。そんな生活に憧れてはいるけど、毎日そこにいる人は刺激の多い都会に憧れるのだろう。
音も印象的。羊や馬の鳴き声、草原を渡る風の音、嵐の音、雪の上を歩く音。そして歌と馬頭琴。草原に響き渡る歌声が素晴らしかった。馬追いの映像も素晴らしかった。でもこの馬追いのレースは、映像の中だけ? 今はないのだろうか(暁)。


2019年の東京国際映画祭の折、EXシアターの大画面で拝見。映画祭での上映タイトルは、『チャクトゥとサルラ』。内モンゴルの草原で暮らす新婚夫婦。町に出たい夫と、草原で羊を飼う生活を続けたい妻。まったくのすれ違い夫婦。
TIFF 2019 chakut salura.jpg

ふいと出ていって、何か月も帰ってこない夫に呆れかえっていたら、上映後に登壇した夫チョクト役のジリムトゥさん(写真:右端)、「大きな画面で自分の演技を観て感動した」と、なんとも大らかな言葉! もしかしたら、普段から空気が読めない人?なんて、思ってしまったのを思い出す。若い人たちが都会に出たがって、地方がすたれるのはいずこも同じ。普遍的な問題を内蔵した物語。(咲)



配給:ハーク
配給協⼒:EACH TIME
2019 年/中国映画/中国語・モンゴル語/111 分
posted by akemi at 14:53| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする