2021年07月25日

返校 言葉が消えた日 原題:返校

2021年7月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
劇場情報

●チラシomote_R_R.jpg
(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.


台湾戒厳令下の時代を描いたミステリー

監督・脚本: 徐漢強(ジョン・スー) 
製作:李烈(リー・リエ) 、李耀華(アイリーン・リー)

出演:
ファン・レイシン役:王淨(ワン・ジン)
ウェイ・ジョンティン役:曾敬驊(ツォン・ジンファ)
チャン・ミンホイ役:傅孟柏(フー・モンボー)
イン・ツイハン役:蔡思韵(チョイ・シーワン)
ホアン・ウェンション役:李冠毅 リー・グァンイー
ヨウ・ションジエ役:潘親御(パン・チンユー)
バイ教官役:朱宏章(チュウ・ホンジャン)

台湾で2017年に発売され大ヒットしたホラー・ゲーム「返校」を実写映画化したもの。台湾では1947年に「二・二八事件」が起き戒厳令が敷かれ、蒋介石率いる国民党が反体制派に対して政治的弾圧を行った。そして1987年に解除されるまでの40年間戒厳令下だった。国民に相互監視と密告が強制され、多くの人々が投獄、処刑された。この時代は「白色テロ時代」と呼ばれ、『悲情城市』(侯孝賢/ホウ・シャオシェン監督・1989年)や、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(楊德昌/エドワード・ヤン監督1991年)、『GF*BF(原題:女朋友。男朋友 GF*BF)』(楊雅喆/ヤン・ヤーチェ監督2012年)などでも描かれているが、今作でジョン・スー監督は、台湾人が忘れてはならないこの負の歴史を背景にしたダーク・ミステリーを作り上げた。

1962年、国民党の独裁政権下の台湾。翠華高校に通う女子高生のファン・レイシンは放課後の教室で寝込んでしまい、目を覚ますと学校には誰もいなくなっていた。誰もいない校内を彷徨うファンは男子学生ウェイ・ジョンティンと会い、協力して学校からの脱出を試みるがどこからも外に出ることができない。ジョンティンは、政府から禁じられた本を読む読書会メンバーで秘かにファンを慕っていた。彷徨う二人は悪夢のような恐怖と闘うなか、学内で起こった政府による暴力的な迫害事件と、原因を作った密告者の哀しい真相に近づいていった。
この作品は2019年度台湾映画No.1大ヒットを記録。第56回台湾金馬奨で12部門ノミネートされ、最優秀新人監督賞を含む最多5部門受賞を獲得した。

『返校 言葉が消えた日』の話を聞いた時、ゲームが元で、ホラー作品というので、ゲームに興味がなく、ホラー映画が好きでない私は、別に観なくてもいいかなと思ったのだけど、「二・二八事件」事件を背景にした話と聞き、それは観ておかなくてはと出かけた。「二・二八事件」や「戒厳令下」を物語の背景や時代の背景に描いた映画は何本も観てきたけど、ホラーやミステリー仕立てで描いた作品というのは観たことがなかった。ホラーと聞いただけで、ただでさえ恐ろしいのに、「相互監視と密告が強制された時代」というのまで加わって、よけい恐ろしかった。ストレートな物語で観たかったけど、こういうのでないと観ないという人もいるとしたら、こういう形で歴史的な出来事を描いていくのも必要なことなのかもしれないと思った。なんせ台湾では大ヒットしたとのことなので。ま、私はホラーだけだったら観なかったけど、こういう歴史的事実は繰り返し、何かの形で伝えていかなくては忘れ去られてしまう。日本にもそういう出来事がたくさんある。戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさ、環境破壊や公害のことなど、これからもいろいろな形で、若い人たちに繰り返し伝えて行ってほしい。日本でも、戦前、戦中の言論弾圧があり、人々を戦争に駆り立ててしまったことがあったわけだから、ぜひそういう映画もできてほしい(暁)。


『返校 言葉が消えた日』公式」HP
2019年/台湾/カラー/103分/シネスコ/5.1ch/
字幕翻訳:岡田 美希 配給:ツイン    
宣伝プロデュース:ブレイントラスト
posted by akemi at 20:21| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンケーキを毒見する

2021年7月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開
劇場情報
ポスター_R_R.jpg
(C)2021「パンケーキを毒見する」製作委員会

企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 
監督:内山雄人 
音楽:三浦良明 大山純(ストレイテナー)
アニメーション:べんぴねこ
ナレーター:古館寛治

たたき上げ?権力志向?勝負師? 
菅首相の素顔(スガオ)に迫る!
かつてない政治バラエティ映画が誕生!!

第99代内閣総理大臣・菅義偉。世界が未曾有のコロナ禍に直面する中、2020年9月14日、安倍晋三に代わる新たな総裁として、国民の命と激動の時代の舵取りは、この男に託された。官邸政治の闇や菅義偉(すが よしひで)首相(当時官房長官)をウォッチし、『新聞記者』『i 新聞記者ドキュメント』という社会派作品を送り出してきた映画プロデューサー・河村光庸が企画・製作・エグゼクティブプロデューサーを務め、“今、一番日本人が知りたい男”に迫る。「新聞記者」2部作で、官房長官時代の東京新聞記者・望月衣塑子さんとの会見でのバトルが有名になったが、菅義偉氏がこれまでどのように政治家としてやってきたのかというのは知られてあまり知られていない。安倍政権のNO2を長く務め、ついにトップの座についた「菅義偉」とはどんな人物なのか? 彼が進める政治の向こうに、報道からは見えてこない「ニッポンの現実」が浮かび上がってくる。果たして日本の将来はどうなっていくのか? ブラックユーモアを交えながらシニカルな視点で日本政治の現在を捉えた。

「世襲議員ではない叩き上げ」の首相の誕生で、“令和の田中角栄”といわれることも…。首相に就任してからは、携帯料金値下げ、ハンコ廃止、デジタル庁の新設など、一般受けする政策を行う一方で、学術会議の任命拒否や中小企業改革などを断行。国会で質問を受けても、不誠実な答弁を繰り返す姿は、政治への関心を国民から奪うための戦略なのではないかとさえ見えてくる。果たして、菅首相は何を考えているのか?
秋田のイチゴ農家に生まれ、上京。段ボール工場で働いた後に進学。国会議員の秘書、横浜市議会議員、衆議院議員を経て、その気配りと才覚で首相にまで登りつめた。安倍政権の官房長官時代は、無表情で公式見解を繰り返し「鉄壁のガースー」とも呼ばれた。側近たちを重用し、メディアをコントロールする「影の支配者」として君臨して、いつの間にか日本中が彼の思惑どおりに管理・支配されるのではないかという不安がよぎる。
ナレーターに古舘寛治を迎え、自由民主党の石破茂や村上誠一郎、立憲民主党の江田憲司、日本共産党の小池晃など、現役の国会議員、経済産業省出身・古賀茂明、元文部科学事務次官・前川喜平ら元官僚、そして、菅首相をよく知るジャーナリストの森功、元朝日新聞記者・鮫島浩という人たちが、それぞれの立場から、菅義偉の人間像や菅政権の目指すもの、日本の現状とその危うい将来を語る。さらに「国会パブリックビューイング」代表として、国会審議を可視化する活動を行っている法政大学の上西充子教授が登場。菅首相が国会で行なってきた答弁を徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に隠されているものを探る。
しかし、いたずらに意義を唱えたり、スキャンダルを暴く政治ドキュメンタリーではなく、ブラックユーモアや風刺アニメを愉しみつつ、様々な角度から浮き彫りにされる、菅政権や日本の行方を考えてもらう政治バラエティ映画となっている。ふわふわに膨らんで美味しそうなのに中身はスカスカ、まるでパンケーキのような菅政権を作ったのは誰なのか? 有権者の皆さん、それに気づいていますか? 日本の未来はヒトゴトではありません。このままでいいのでしょうか? 観客に突きつける。

サブ2_R_R.jpg
(C)2021「パンケーキを毒見する」製作委員会

相次ぐ取材NGからスタートしたというこのドキュメンタリー。菅氏に近い自民党議員たち、マスコミ、評論家、さらにはホテルやスイーツ店までが取材拒否し、最初、スムーズには進まなかったという。そんな中、取材に応じてくれたのは、菅氏の半生を丹念に追いノンフィクション「菅義偉の正体」にまとめたジャーナリストの森功氏や、かつて自民党宏池会を担当した朝日新聞の記者鮫島浩氏などが登場。「庶民的で親しみ易い、秘書出身の気配りの人」と語り、アクアラインの通行料金や携帯料金、ふるさと納税といった政策で人々の心をつかんできたと分析。これらの話の中で一番面白かったのは、「国会パブリックビューイング」代表、法政大学上西充子教授の話。「議論の答えにならない、噛み合わない、不誠実で意味のない国会答弁を繰り返す」映像を見せながら解説するシーン。こうした答弁を続けることで、国民の政治に対する関心が失われることを狙っているのではと懸念する。もっともこれは前作「新聞記者」シリーズ2本でも繰り返し出てきた場面ではある。
「政治なんて人ごと」とは思わないけど、小選挙区制による、自民党に有利な選挙制度をいつのまにか作り上げてしまったことが、こういうことを生んでいると思う。私なんか、いくら投票に行ってもなかなか思う人が当選しないし、最近は出てほしい人が、自分の選挙区に出てこられなくなった。それで選挙にも行く意味を見出せなくなった。そういうのを狙っているのでしょうね。選挙に行くのもむなしい気持ちを抱えている私です。それでもこういう作品を作っている川村光庸氏のような人がいるということが、せめてもの希望。藤井道人監督『新聞記者(19)、森達也監督『i 新聞記者ドキュメント』(19)を始め、イ・チュンニョル監督のドキュメンタリー映画『牛の鈴音』(08)、ヤン・イクチュン監督の『息もできない』、ヤン・ヨンヒ監督の『かぞくのくに』(11)の配給や制作に関わった方なんですね。『MOTHER マザー』(20)、『宮本から君へ』(19)、『あゝ、荒野』(16)などの話題作は観ていないけど、最新プロデュース作は吉田恵輔監督作『空白』(21)を観てみたい。監督の内山雄人氏はテレビマンユニオン所属の方で、主にTV界で活躍してきた人。情報エンターテインメントやドラマ、ドキュメンタリー等、特番やレギュラー立ち上げなどで活躍しているとのこと。「歴史ドラマ・時空警察」「世界ふしぎ発見!」など好きです(暁)。


いや~、面白いドキュメンタリーでした。
菅義偉首相が誕生した時、安倍さんが体調を崩して降りると言って、棚ぼたで首相になったという感を否めませんでした。消去法で菅さんか・・・と。官房長官を長く務めていらしたのに、存在感がなくて、正体不明。そも、(すが よしひで)とフリガナが振ってなければ、お名前の読み方もわからない。選挙の時には不利だと思うのに、ここまで上り詰めたということは、それなりに人を惹きつけるものがあったのでしょう。
横浜市議会議員時代に、アクアラインの通行料金値下げや、みなとみらい開発に尽くしたということなど、確かな実績をお持ちなことには、ちょっと感心しました。
それにしても、菅さん、正体不明。何をお考えになっているかも、結局、よくわかりませんでした。
一方で、若者がなぜ自民党に投票してしまうのかのヒントになるような、若い人の声も出てきて、興味深かったです。日本がこの先どうなるのか・・・ いい加減な政権を作ってしまったのは、私たち国民にも責任があると、ドキッとさせられた次第です。(咲)


記者会見や国会の答弁を見て、質問の答えになっていない空疎なことばのくりかえしにイラっとした人多いでしょう。そうやってはぐらかしても、追求していく人はまれです。慣れたらいけません。
そんな中、この映画に出演し、苦言を呈してくれた政治家のみなさま、えらい。覚えておきます。最近「役人が最も嫌いな言葉は”責任”」とどこかで目にしました。昔なら責任をとるということはトップが切腹=死ぬことでした。今は現場の人間に押し付けて、上は変りません。
私たちができることと言えば、先人が必死で獲得してくれた選挙権を行使すること。直接参加できる唯一の機会なのに、しないでどうしますか。「入れる人がいない~」と言う人、今のままでいけないと思うなら反対側に投票するの!その人がたとえ当選しなくても、反対意見を表明したことになるでしょ。
この作品はとても親しみやすい方法で、笑うところも混ぜ込みつつ、大事なことを見せてくれています。政治なんてわかりません、という方ほどぜひ。(白)


『パンケーキを毒見する』予告編
『パンケーキを毒見する』公式サイト
2021年/日本映画/104分/カラー/ビスタ/ステレオ
制作:テレビマンユニオン 
配給:スターサンズ 配給協力:KADOKAWA
©2021『パンケーキを毒見する』製作委員会 

*シネマジャーナルHP 特別記事
『パンケーキを毒見する』内山雄人監督インタビュー記事
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/pancake-movie.html
posted by akemi at 20:15| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名もなき歌(原題:Cancion sin nombre)

namonakiuta.jpg

監督・脚本・製作:メリーナ・レオン
撮影:インティ・ブリオネス
音楽:パウチ・ササキ
出演:パメラ・メンドーサ(へオルヒナ)、トミー・パラッガ(ペドロ・カンボス)、ルシオ・ロハス(レオ)、マイコル・エルナンデス(イサ)

1988年、政情不安に揺れる南米ペルー。貧しい暮らしを送っている先住民の女性、ヘオルヒナ20歳。結婚して子供が授かったが臨月の今も町に出て野菜を売っている。妊婦を無償でみてくれる財団の存在を知って、リマのクリニックを受診した。陣痛が始まって、やっとクリニックに到着したヘオルヒナは無事に女児を出産する。子どもを見せてほしいのに、看護師にゆっくり休めと言われる。目がさめると赤ん坊をほかに移したと言われ、一度も我が子に会えないまま締め出されてしまった。再び訪ねるとクリニックはもぬけの殻で、警察や裁判所に訴えても有権者番号を持たない夫婦はとりあってもらえない。新聞記者のペドロは、新聞社に押しかけ泣きながら窮状を訴えるヘオルヒナに事情を尋ねる。

ペルーの女性監督メリーナ・レオンの長編デビュー作。カンヌ映画祭監督週間で上映されたほか、アカデミー賞の国際長編映画賞に向けたペルー代表作品に選出されました。
テレビのような画角の白黒の画面に、荒涼とした風景が映っています。画面を横切る線上に小さな人影が現れ、粗末な家に入っていきます。祖先の開いた土地を代々守ってきた原住民を追いやる政治、ここペルーだけの話ではありません。人種により差別し、人間としての尊厳を認めない過酷な現実も世界中のあちこちで観られます。
この映画は弱い立場のものが虐げられていた事実を元に作られた作品です。ヘオルヒナを演じたパメラ・メンドーサはこれが初めての映画出演。寡黙でひたむきな若い母親を体現しています。ここにあるように我が子を取り上げられた母親たち、現実を変えようとテロに走った若者たちがどれだけいたことでしょう。
美しくも厳しい画面の中に、絶望する母親と、使命感に燃えながらあまりにも大きな壁に苦悩するペドロの表情が映し出されます。ペドロにも同性愛者というマイノリティのくびきがかけられています。30年余りたった今、差別や貧困が蔓延する社会がどこまで変わったのか、変えることができたのか、問わずにいられません。(白)


2019年/ペルー、スペイン、アメリカ合作/モノクロ/スタンダード/97分
配給:アークフィルムズ
(C)Luxbox-Cancion Sin Nombre
http://namonaki.arc-films.co.jp/
★2021年7月31日(土)ユーロスペース、伏見ミリオン座ほか全国順次公開

posted by shiraishi at 19:44| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウシュヴィッツ・レポート 原題:Správa  英題:The Auschwitz Report

Auschwitz.jpg

監督・脚本 ペテル・ベブヤク
共同脚本:トマーシュ・ボンビク
製作:ラスト・シェスターク
出演:ノエル・ツツォル、ペテル・オンドレイチカ、ジョン・ハナーほか

1944年4月、二人のスロバキア系ユダヤ人、アルフレート・ヴェツラーとヴァルター・ローゼンベルク(後に、ルドルフ・ヴルバに改名)は、アウシュヴィッツのビルケナウ・ナチス絶滅収容所から決死の思いで脱出する。
1942年に強制収容され、遺体の記録係をさせられていた二人は、毎日のように列車で運ばれてくるユダヤ人の多くがガス室で殺害されている実態を、なんとか世に伝えなければと脱走を決意したのだ。脱走11日目、ようやく国境を越え、スロバキアにたどり着いた二人は赤十字職員に救出される。接見した弁護士に脱走した経緯や壮絶な収容所のことを話すと、言葉を失った弁護士は二人にタイプライターを差し出し、実態をレポートとしてまとめるように伝える。収容所の内部やガス室の詳細などをまとめた「ヴルバ=ヴェツラー・レポート(通称アウシュヴィッツ・レポート)」は赤十字に提出される。赤十字職員ウォレンは自分たちが調査し見聞きしていた実態とかけ離れた信じがたい内容に驚くが、二人の話にようやく耳を傾けていく。二人の脱走から22日目のことだった・・・

二人の勇気ある行動のお陰で、12万人以上のハンガリー系ユダヤ人がアウシュヴィッツに強制移送されるのを免れました。この史実を、壮絶な強制収容所から私たちは体感することになります。
脱走を決意した二人は、まず、積み上げられた木材の下に隠れます。点呼で二人がいないことが発覚すると、同じ9号棟の収容者たちは二人が見つかるまで外で立たされます。(3日間が期限らしい) 隙間から収容者仲間がひどい目にあっているのを息を殺してみるしかない二人。木材が積み上げられて、脱出することができなくなるのではとハラハラ。こちらも息苦しくなりました。やっとの思いで、国境を越えますが、強制収容所の壮絶な実態をにわかには信じてもらえません。実態を詳細に記載したアウシュヴィッツ・レポートは、連合軍に報告され、結果、ハンガリー系ユダヤ人12万人を救ったのですが、なぜ彼らの故国スロバキアのユダヤ人でなくハンガリーだったのか? そして、なぜ、ほかの国にいたユダヤ人を救えなかったのか?と、残念でなりません。
それどころか、国家権力がナチスに加担した例も!
2021年8月27日公開の『ホロコーストの罪人』では、ノルウェーの秘密国家警察がホロコーストに加担していた事実が語られています。フランスでナチス占領下のビシー政権がユダヤ人狩りに加担していたことを描いた映画では、『サラの鍵』や『ある秘密』が印象に残っています。
思えば、今も、パレスチナやシリアをはじめ、世界のあちこちで虐げられている人たちを私たちは見て見ぬふりをしていることに気づきます。
本作から、ホロコーストは決して過去の問題ではないことを学ばないといけないのですが、国家権力者の無謀な行いを制することもできないでいることが悲しいです。(咲)


アカデミー賞(R)国際長編映画賞 スロバキア代表

2020 年/スロバキア・チェコ・ドイツ/94 分//英語・チェコ語・ポーランド語・スロバキア語・ドイツ語/カラー/シネスコ/5.1ch /PG12
日本語字幕:川又勝利.
配給:STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト:https://auschwitz-report.com/
★2021年7月30日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by sakiko at 13:37| Comment(0) | スロバキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする