2021年07月11日

ジャッリカットウ 牛の怒り   原題:Jallikattu

Jallikattu.jpg

監督:リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ
出演:アントニ・ヴァルギース、チェンバン・ヴィノード・ジョーズ、サーブモーン・アブドゥサマド、ジャーファル・イドゥッキ、シャーンティ・バーラクリシュナン

南インド、ケーララ州の奥深い森の中にある小さな村。土地が買えなくて肉屋になったさえない男アントニ。水牛を屠ろうと鉈を研ぎ振りおろそうとすると、命の危機を察した牛は怒り狂って全速力で逃げ出す。夕食のカレーや、婚約式の料理のために屠られるのを待ち構えていた人々も、アントニと共に一団となって牛を追いかける。暴走する牛は、村の商店を破壊し、ハーブやタピオカ畑も踏みつぶして台無しにしてしまう。
農場主や教会の神父、地元の警察官も交え教会に集まり対策を立てる人々。穴を掘りワナをしかける。
アントニは恋心を寄せるソフィに愛想を尽かされていたが、自分の手で牛を捕まえてソフィに見直してもらいたいと奮闘する。一方、かつて密売の罪で村を追放された荒くれ者の猟銃使いクッタッチャンが呼び戻される。ソフィをめぐっていがみあい、自分を密告したアントニを恨んでいた。牛追い騒動は、いつしか人間同士の醜い争いになっていく・・・

松明をかかげて、牛を追って森の中を疾走する大勢の男たちの姿に度肝を抜かれます。
バリ島のケチャにも似た掛け声が森の中に不気味に響きます。正常心を失って、人間ピラミッドまで作ってしまう男たちに対し、家で静かに過ごしている女性たち。女性は家にいるものという考えがあるのかもしれませんが、かえってしたたかで賢く思えます。
ケーララは、インドの中でもキリスト教徒の多い地ですが、この村にも土地持ちの人が寄付した場所に教会が建てられています。
ヒンドゥー教徒は牛は神聖なものとして食べませんが、キリスト教徒はOK? というか、牛と水牛は別物なのでヒンドゥー教徒も食べるのか?と、関係のない疑問がちょっとわきました。
それにしても、CGをほとんど使わないで、実物の水牛とアニマトロニクスを駆使して描いた水牛がリアルです。監督はスタッフと一緒に『ジョーズ』と『ジュラシック・パーク』のシーンを何度も繰り返して観て作り上げたのだそうです。牛だけでなく、どうやって撮影したのかと思う場面が多々あります。撮影監督のギリーシュ・ガンガーダランは、イスラーム映画祭6で上映された『青い空、碧の海、真っ赤な大地』の撮影も担当された方。
とにかく凄い映画なのですが、最後のオチで和やかな気分にさせられました。(咲)


2021年度アカデミー賞国際長編映画賞インド代表作品

2019年/インド/マラヤーラム語/91分/スコープサイズ/カラー/5.1ch
字幕:松岡環 / 字幕監修統括:粟屋利江
配給:ダゲレオ出版(イメージフォーラム・フィルム・シリーズ)
(C)2019 Jallikattu
公式サイト:http://www.imageforum.co.jp/jallikattu/
★2021年7月17日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー

posted by sakiko at 19:58| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17歳の瞳に映る世界   原題:Never Rarely Sometimes Always

17sai.jpg

監督・脚本:エリザ・ヒットマン
製作総指揮:ローズ・ガーネット、バリー・ジェンキンス
音楽:ジュリア・ホルター
出演:シドニー・フラニガン タリア・ライダー セオドア・ペレリン ライアン・エッゴールド シャロン・ヴァン・エッテン

17歳のオータム。高校の文化祭でギターの弾き語りをする彼女に「メス犬!」と野次が飛ぶ。それでも歌い続けるオータム。愛想がなく、友達といえば、同じスーパーでバイトをしている従妹のスカイラーくらいだ。ある日、オータムは予期せぬ妊娠をしたかもしれないとウィメンズ・クリニックに行く。陽性。でも、地元ペンシルベニア州で未成年が中絶するには親の同意が必要だ。スーパーでレジ打ちしている時に吐き気を催す。察したスカイラーが付き添って、親の同意なしに中絶できるニューヨークに向かう・・・

エリザ・ヒットマン監督が、本作を作ろうと思ったきっかけは、2012年、アイルランドで中絶が違法で中絶手術を受けられなかった為に亡くなった女性がいるという記事を読んだこと。アイルランドの女性は中絶するためにイギリスに渡ることも知りました。(アイルランドでは、2018年に妊娠24週まで中絶が可能に)
その後、中絶手術を受けるためにニューヨークにやってきたものの、莫大な費用のために夜をベンチで過ごすという記事をみたことなどから、舞台をアメリカに。監督自身も妊娠を経験し、ウィメンズ・クリニックなどでのリサーチも重ねて、この物語を紡ぎました。
原題の「Never Rarely Sometimes Always(まったくない、ほとんどない、時々ある、常にある)」は、クリニックで、妊娠した女性に生理や性交渉などについて質問する時の回答の選択肢。妊娠がどんな状況の性行為から起きたものだったかもあぶりだしていきます。
一方で、クリニックのカウンセラーの女性ケリーが、「中絶を誰にも強要されずに自分で決めたなら何の問題もない」とオータムに語ります。罪悪感に捉われがちの女性に対して、なんと心強い言葉でしょう。
このケリーは、監督がクイーンズにあるチョイシズ・ウーマン・メディカル・センターを取材した時に知り合い、彼女の言葉に感銘を受けて、カウンセラー役に抜擢したとのことです。
ニューヨークで、費用の工面をアドバイスしてくれるなど、親に知られることなく中絶できる体制があることに感心しました。日本ではどうなっているのか気になりました。
予期せぬ妊娠をして親にも言えなくて、たいていの場合、一人で悩むところ、オータムにはそばにいてくれる従妹がいて、どんなにやすらいだことかと思いました。多くを語らず、そばに寄り添ってくれるというのは、心地よい支えだと感じました。
観終わったときには、10代、20代の若い女性たちに是非観てもらって、望まない妊娠で苦しむことのないよう注意してほしいと思ったのですが、これは、若い男の子にこそ観てもらって、迂闊な行為が相手の女の子を苦しめるかもしれないことを心してほしいと思いました。避妊の大切さを、男女共に映画から学んでほしいものです。(咲)



第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)
サンダンス国際映画祭ネオリアリズム賞

2020年/アメリカ/101分/ユニーバサル作品
字幕翻訳;稲田嵯裕里
配給:ビターズ・エンド、パルコ
公式サイト:https://17hitomi-movie.jp/
★2021年7月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー




posted by sakiko at 18:50| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少年の君 原題:少年的你 英題:BETTER DAYS

劇場公開 2021年7月16日
新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー

(C)2019 Shooting Pictures Ltd., China (Shenzhen) Wit Media. Co., Ltd., Tianjin XIRON Entertainment Co., Ltd., We Pictures Ltd., Kashi J.Q. Culture and Media Company Limited, The Alliance of Gods Pictures (Tianjin) Co., Ltd., Shanghai Alibaba Pictures Co., Ltd., Tianjin Maoyan Weying Media Co., Ltd., Lianray Pictures, Local Entertainment, Yunyan Pictures, Beijing Jin Yi Jia Yi Film Distribution Co., Ltd., Dadi Century (Beijing) Co., Ltd., Zhejiang Hengdian Films Co., Ltd., Fat Kids Production, Goodfellas Pictures Limited. ALL Rights reserved.

ただ明日を信じて生きる孤独な少女と、今日を生き抜く事で精一杯の不良少年。
孤独な魂が惹かれあった先にあるのは、美しい奇跡か、残酷な現実か。


スタッフ・キャスト
監督:曾國祥(デレク・ツァン)
脚本:林詠琛(ラム・ウィンサム)、李媛(リー・ユアン)、許伊萌(シュー・イーメン)
撮影:余靜萍(ユー・ジンピン)
字幕翻訳:島根磯美
キャスト
陳念(チェン・ニェン):周冬雨(チョウ・ドンユィ)
小北(シャオベイ):易烊千璽(イー・ヤンチェンシー)
尹昉(イン・ファン)
黃覺(ホアン・ジュエ)
吳越(ウー・ユエ)
周也(チョウ・イエ)

中国内陸部の進学校を舞台に、苛烈な受験戦争、壮絶ないじめ、生活苦などの社会問題を描いた作品でありながらサスペンスの要素も。実際の生活の中で出会うことはほとんどないような出会い、二人が心を通わせるまでの物語が胸を打つ。
優等生のチェン・ニェン(チョウ・ドンユィ)は難関大学に合格して北京に行けば人生を変えることができると信じ、毎日懸命に勉強している。全国統一試験(高考」まであと数ヶ月となり、生徒たちは受験勉強に励む。そんな中、彼女は3人の女子生徒からいじめられるようになってしまった。ある日、不良少年シャオベイ(イー・ヤンチェンシー)と知り合い、寂しい思いを抱え生きる者同士、孤独な心を通わせるようになった。高考まで一ヶ月、いじめはますますエスカレートしてゆく。放課後、ニェンを待ち伏せするようになり、危険を感じたニェンはシャオベイにボディーガードを頼む。その後がミステリー調になっていて驚きの展開。中国での過酷な大学受験競争と、陰湿ないじめ、そして格差社会の実態が描かれる。

中国では250億円近い興行収入を叩き出す大ヒットに。青春映画ジャンルとしてみれば歴代1位の記録を樹立した。また香港電影金像奨では作品賞・監督賞・主演女優賞を含む8冠を達成したほか、これまで50以上の映画賞を獲得。第93回アカデミー賞国際長編映画賞にもノミネートされ、世界中から評価された。2020年の大阪アジアン映画祭では観客賞を受賞。
チェン・ニェン役は『サンザシの樹の下で』(10)、『ソウルメイト/七月と安生』(16)のチョウ・ドンユイ。中国河北省生まれ。シャオベイ役は中国の3人組のボーイズ・グループTFBOYSメンバー、イー・ヤンチェンシー。2005年に子役として芸能界入り、2013年からTFBOYSのメンバーとして活動。2018年には中央戯劇学院に入学。中国湖南省生まれ。
監督は1979年香港生まれの曾國祥(デレク・ツァン)。香港で俳優として活動を始めたのち監督デビュー。単独監督デビュー作は『ソウルメイト/七月と安生』。父は『インファナル・アフェア』などで知られる俳優・監督の曾志偉(エリック・ツァン)。

Better Days_main2_R.jpg
(C)2019 Shooting Pictures Ltd., China (Shenzhen) Wit Media. Co., Ltd., Tianjin XIRON Entertainment Co., Ltd., We Pictures Ltd., Kashi J.Q. Culture and Media Company Limited, The Alliance of Gods Pictures (Tianjin) Co., Ltd., Shanghai Alibaba Pictures Co., Ltd., Tianjin Maoyan Weying Media Co., Ltd., Lianray Pictures, Local Entertainment, Yunyan Pictures, Beijing Jin Yi Jia Yi Film Distribution Co., Ltd., Dadi Century (Beijing) Co., Ltd., Zhejiang Hengdian Films Co., Ltd., Fat Kids Production, Goodfellas Pictures Limited. ALL Rights reserved.


学校でのシーンの中で、机の上に参考書?などを山に積んだ机が出てくるのだけど、クラス中の机がそんな感じで、そんな学校の中の姿というのは、これまで見たことがなく、このシーンだけでも受験戦争の過酷さが伝わってくる。実際もそうなんだろうか。チェン・ニェンの家は母子家庭で、母親は娘を大学に行かせるために出稼ぎに行っていて家にはいない。高校3年でたった一人で暮らしている。そういえば、この設定は前作『ソウルメイト/七月と安生』の主人公安生も同じ。母子家庭で、母親が出稼ぎに行っていて一人暮らしをしている少女だった。中国ではそういうことが地方では多いのだろうか。そして大学に行くことで、そういう生活から逃れられると思って受験勉強に励んでいる。それにしても学校の生徒の多さにはびっくりした。その割には街中では人が少なく感じた。不良少年のシャオベイにしても家族はなく、街の片隅の狭い部屋に住んでいる。孤独な少年少女たちの心の叫びがヒシヒシと伝わってくる。
去年の大阪アジアン映画祭で観た時、このコロナ禍、平日の昼間にも関わらずチケットは売り切れで、皆さんのこの映画に対する期待が伝わってきた。そして期待にたがわず素晴らしい作品だった。それが観客賞につながった。私のとって、去年の大阪アジアン映画祭で観た作品の中で一番印象に残る作品だった。チョウ・ドンユイは、この作品の撮影時28歳くらいだったと思うけど、高校3年生の役が不自然ではなかった。映画祭仲間の飲み会では、その話で持ち切りだった(暁)。


『少年の君』公式HP 
2019年製作/135分/G/中国・香港合作
提供:クロックワークス/楽天TV
配給:クロックワークス
協力:大阪アジアン映画祭


posted by akemi at 16:42| Comment(0) | 中国・香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナル・プラン(原題:Honest Thief)

final.jpg

監督:マーク・ウィリアムズ
脚本:スティーブ・オルリッチ マーク・ウィリアムズ
撮影:シェリー・ジョンソン
出演:リーアム・ニーソン(トム・カーター)、ケイト・ウォルシュ(アニー・サンプター)、ジェフリー・ドノヴァン(ショーン・マイヤーズ捜査官)、ジェイ・コートニー(ジョン・ニーブンズ捜査官)、アンソニー・ラモス(ラモン・ホール捜査官)、ロバート・パトリック(サム・ベイカー捜査官)

カーターは全米のあらゆる金庫を爆破するスゴ腕の銀行強盗だったが、偶然に出会った女性アニーと恋に落ちる。最愛の女性を得たカーターは、過去を清算し、新しい人生を始めようとFBIに自主すると連絡した。半信半疑でやってきた2人の若い捜査官は、証拠の現金を横領し、証拠を消そうと躍起になった。アニーまで巻き込んでしまい、これが最後と復讐計画=ファイナル・プランに全ての爆薬を投じる!

リベンジ・アクション『96時間』シリーズ、リーアム・ニーソン最新作。以前は理知的な役が多かったのですが、最近はアクション続きです。それも愛する人を守る、奪還するという熱い心と沈着冷静な判断力が必要なヒーローで、またよく似合います。今度は銀行強盗ですが、これまで一人の死傷者も出さず、爆破するのみ。しかも証拠を一切残さず、素顔を誰も知らないというキャラ。こんな男を出し抜こうったって無理無理、と現金に目のくらんだ若い捜査官に言ってやりたい。捜査官側もいい俳優を束にして揃えています。
完璧なヒーローの弱みは愛するアニーで、そっちが狙われてしまいます。だから孤高のスナイパーやエージェントは家族を持たないんですよね。カーチェイスに爆破と男の子の大好きなシーンがいっぱい。(白)


2020年/アメリカ/カラー/シネスコ/98分
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2019 Honest Thief Productions, LLC
https://happinet-phantom.com/finalplan/
★2021年7月16日(金)解禁
posted by shiraishi at 00:47| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEOBOK/ソボク(原題:Seobok)

seobok pos.jpg

監督・脚本:イ・ヨンジュ。
撮影:イ・モゲ
音楽:チョ・ヨンウク
出演:コン・ユ(ギホン)、パク・ボゴム(ソボク)、チョ・ウジン(アン部長)、チャン・ヨンナム(イム・セウン)

余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン。死を目前にしている彼に、 国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボク(徐福)を護衛する任務が舞い込む。人類の救いにも災厄にもなりうるソボクを狙うものは多く、早々に襲撃を受ける。からくも逃げおおせたが、ギホンとソボクは2人だけになってしまった。 危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返しながらも、徐々に心を通わせていく― 。

韓国の人気俳優2人が初共演。お互いに期待大で臨んだようす。
コン・ユ(1979年生まれ184㎝)、パク・ボゴム(1993年生まれ182㎝)、2人並ぶと絵になります。余命僅かなギホンと永遠に生きられるクローンのソボク、皮肉なコンビの逃避行はどちらにも大きな影響を及ぼします。初めて研究所から外の世界に出たソボクは納得しないと動かず、初めて見るものに好奇心いっぱいで(可愛い)、護衛役のギホンをイラつかせます。しかしソボクの細胞が自分の病気を治すかもしれないという期待も捨てられず。過去のトラウマを抱え、自分の内と外の敵(二転三転)とも戦わねばなりません。それでもコン・ユなら大丈夫、とつい思ってしまいます。ソボクは純真無垢かと思えば、感情が発達していないのかと思う面もあり、まだ外に見せていない能力も秘めていそうです。パク・ボゴムの繊細な表情を見逃さないで。
只今兵役中(来春まで)のパク・ボゴムは、ルックスだけでなく、性格の良さ、ファンサービスでも定評があります。彼の韓国のファンクラブの名前は“ボゴム福祉部”というんだそうです。存在していてくれるだけで、癒されるってことでしょうか?ボゴムは漢字で”宝剣”と書くので、日本の厚労省にあたる韓国の”保険福祉部”と発音が似ているという解説になるほど~。
この映画でもコン・ユとのやりとりで見せる天使か赤ちゃんのような純真さにキュンっとやられます。後半、怒涛のアクション(特殊効果も凄い)ではきりり!
*徐福は始皇帝の命を受け、不老不死の霊薬を探した男の名。それにちなんで初のクローンに同じ名がつけられました。(白)


お気に入りの映画『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督が放った新作は、クローン人間が登場するSF。『建築学概論』とは、まったく違ったテイストでした。
人間にとって避けられない死。科学の力で作られた永遠に生きられるクローン人間のソボクですが、その細胞で「不死」を得ることを知られ、研究所の外に出たとたん、身に危険がおよぶという皮肉。警護にあたるギホンは、病を抱え、死が現実のものと感じているからこそ、少しずつ感情を持ち始めたソボクに、寄り添うことができたのだと感じました。実に人間味溢れる物語でした。(咲)


タイトルを見た時、クローンで「SEOBOK/ソボク」? なんだろうと思いました。「SEOBOK/ソボク」は「徐福」のハングル読みということを知り、なるほどと思いました。不老不死の薬を探して中国大陸から日本まで到達したのではないかという伝説の人の名前をつけたクローンだったのですね。この名前は中華圏の映画ではよく出てきますが、この「徐福」という名前を見るたびに、そんなにも人類は「不老不死」を求めてさまよったの?と気になっていたのですが、韓国でもこの名前は広く伝説になっていたのですね。クローン人間といういわばロボットを作り、不老不死を作り出す実験をしているという設定。死を克服したい人間たちは「ソボク」をめぐって争う。「ソボクがいれば人間は死に勝てる」ということを信じて余命宣告されたギホンはソボクの護衛を務めるが…。はたして、それは叶うか? 「不老不死」をテーマにクローンと人間の不思議な物語が描かれる(暁)。

2021年/韓国/カラー/シネスコ/114分
配給:クロックワークス
(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
http://seobok.jp/
★2021年7月16日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 00:46| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする