2021年06月21日

王の願い ハングルの始まり(英題:The King's Letters)

ounoogai pos.jpg

監督・脚本:チョ・ヒョルチョン
撮影:キム・テギョン
出演:ソン・ガンホ(世宗)、パク・ヘイル(シンミ)、チョン・ミソン(ソホン王妃)、キム・ジュンハン、チャ・レヒョン、タン・ジュンサン

朝鮮第4代国王・世宗の時代。これまで朝鮮には自国語を書き表す文字が存在しておらず、上流階級層だけが特権として中国の漢字を学び使用していた。この状況をもどかしく思う世宗(ソン・ガンホ)は、庶民でも容易に学べて書くことができる朝鮮独自の文字を作ることを決意。そこで、低い身分ながら何カ国もの言語に詳しい和尚シンミ(パク・ヘイル)とその弟子たちを呼び寄せ、協力を仰いだ。王を取り巻く臣下たちは、国の最高位である王様が最下層の僧侶と手を取り合い、庶民に文字を与えようとしている前代未聞の事態に激しく反発。逆境と葛藤のなか、世宗大王とシンミは民へ贈る新たな文字作りに突き進んでいく。

ソン・ガンホ(1967生まれ)、パク・ヘイル(1977生まれ)、チョン・ミソンの3人の共演は『殺人の追憶』以来16年ぶり。2003年の東京国際映画祭に来日、Bunnkamuraオーチャードホールでの舞台挨拶を見て、遠目にもソン・ガンホさんって大きいなと思った記憶があります。
本作では、すっかり貫禄の増した2人が民のために、新しい固有の文字を作ることに注力。王妃は2人を支えます。そのころ朝鮮を支配していた明に知られてはならず、家臣には猛反対される中苦労して完成。思わず観ているこちらも拍手したくなりました。
王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間』で、最優秀脚本賞を受賞したチョ・ヒョルチョンが本作で脚本のみならず監督デビューも果たしています。ソン・ガンホは朝鮮第21代国王・英祖役。撮影はどちらもキム・テギョンが担っていますので、なんだか観たことのある気がしたのも道理。
ハングルは1443年に世宗大王が、訓民正音(朝: 훈민정음、略称: 正音)の名で公布したとされています。同じように世宗が身分の差を超えて友情を結んだ『世宗大王 星を追う者たち』は、ハン・ソッキュ(世宗)、チェ・ミンシク(チャン・ヨンシル)が競演。そちらもご覧ください。(白)


世宗大王は、韓国の1万ウォン札に肖像画が描かれ、景福宮の正面の大通りのど真ん中にある光化門広場に銅像も立つ、まさに今も皆に愛されている名君。
訓民正音とは、「民を訓(おし)える正しい音」という意味。真に民のことを思っていたことがわかります・
世宗がハングルを作った経緯については、これまでドラマ「大王世宗」や「根の深い木~世宗大王の誓い~」などで描かれてきました。「大王世宗」ではキム・サンギョン、「根の深い木」ではハン・ソッキュが世宗を演じていました。今回のソン・ガンホ演じる世宗、さすがにご立派。
本作では、儒教が国是の朝鮮王朝で、民にも読める文字を作るのに助っ人として仏教の僧侶たちを選んだことが詳しく描かれていました。そも、お経を書き表すサンスクリットは表音文字。そこに目を付けたのです。パク・ヘイル演じる和尚シンミは、多言語に通じた人物。シンミから、サンスクリットは50文字、パスパ文字は41文字、チベット文字は34文字と聞いて、世宗は多すぎると頭を抱えます。そうして生み出されたのが、口の中の舌の動きを形にした文字。NHKのハングル講座でなるほど!と感心したのですが、いまだに覚えられません。
この映画のもう一つの魅力は、韓国各地の古い由緒ある建物の数々。ユネスコ世界文化遺産である陜川の「海印寺 蔵経板殿」、栄州の「浮石寺 無量寿殿」、安東の「鳳停寺」は、韓国映画として初めてスクリーンに映し出されたとのことです。お馴染みの景福宮や昌徳宮もロケ地となっています。(咲)

韓国映画をたくさん観てきた。でもハングル文字はなかなか理解ができない。きっとハングル文字の基本、「あいうえお」あるいは「アルファベット」を理解していれば、ハングル文字の法則がわかるのだろうと思いながら、いつも|や〇、□の組み合わせはどうなっているのかなと思っていた。今回もきっと韓国文字の組み立て法則を知っていたら、もっと興味深くみることができたのだろうなと思いながら観た。TVのハングル講座も1,2回は見たことがあるけど、2回くらいでさじをなげた。語学は最初の基本文字を理解するのが肝心といつも思うのだがハングルの基本文字は覚えることができなかった。ポルトガル語、スペイン語にも挑戦したけど基本文字の読み方をマスターしたあと挨拶言葉くらいしかできずだった。中国語はアルファベットのようなものはないけど、発音とか音の上下を表すピンインというのがある。これは30年近く勉強してもなかなか慣れない。やっぱり基礎でしっかり覚えなかったからかもしれない。それにしてもハングル文字の謎はこの作品を観てさらにちんぷんかんぷん。やっぱり基礎からやってみなきゃいけないかもと、映画を観ながら思った。
「韓流」が流行り始めた頃、皆さんのお気に入りの韓流スターはペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ウォンビンなどだったが、韓流ブームのずっと前から韓国映画を観てきた私の好みの韓流スターはアンソンギ、ソン・ガンホ、ハン・ソッキュ、ユ・ジテ、チェ・ミンシクなどだった。あまりに渋すぎ? 古い? でも、この方たちの演技力はすごいと思う。その中でも最近のソン・ガンホの出ている作品は『パラサイト 半地下の家族』など注目を浴びている。
このハングル文字が作られた経緯を描いた『王の願い ハングルの始まり』はこれまでの彼の作品とは違った威厳のある役で、また別の魅力を出していると思うけど、私はコミカルな役のほうが好き。彼の作品で一番好きなのは『反則王』かな(笑)。あの覆面レスラーの役を思うと、この王様の役は雲泥の差がある! 貫禄がさらに出てきたということかな(暁)。

2019年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:ハーク
(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M,Doodoong Pictures ALL RIGHTS RESERVED.
http://hark3.com/hangul/
★2021年6月25日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウルメイト/七月(チーユエ)と安生(アンシェン)(原題:七月與安生 英題:Soulmate)

soulmate pos.jpg

監督:デレク・ツァン
原作:アニー・ベイビー
出演:チョウ・ドンユィ(アンシェン)、マー・スーチュン(チーユエ)、トビー・リー

ある日、安生(アンシェン)の元に映画会社から連絡が届く。彼らは、人気ネット小説『七月(チーユエ)と安生(アンシェン)』を映像化したいのだという。作者は七月(チーユエ)という名の女性だが、所在は不明。物語は幼馴染の女性2人の友情を描いたもので、作者の自伝的な要素が強いという話だった。そこで彼らは、もう一人の主人公のモデルを探し、アンシェンに連絡をしてきたというわけだ。だがアンシェンは「チーユエなんて人は知らない」と彼らを帰す。
知らないというのは嘘で、チーユエはアンシェンにとって子どもの頃から特別な存在だった。何よりも大切な親友、そして誰よりも激しくぶつかりあった戦友、互いに魂の奥深いところでつながっていたはずの2人がなぜ別れてしまったのか?

チョウ・ドンユィのデビューはチャン・イーモウ監督の『サンザシの樹の下で』(2010年)。「13億人の妹」のキャッチフレーズがぴったりの可憐な女の子でした。それから10年、チャン・イーモウ監督が見出した女優、コン・リー、チャン・ツィイー二人に比べて大人の女性の魅力が足りないのか?と思っていたこの頃、『少年の君』(7月16日公開)とこの作品が公開されることになりました。どちらも可愛くてちょっと不思議、チョウ・ドンユィの魅力が遺憾なく発揮されています。
育った環境の違いを超えて続いていた少女二人の友情は、男の子一人が登場でヒビが入ってしまいます。三人の思いが少し時間をずらして紐解かれ、甘酸っぱいというより苦くて辛い青春の一時期が目の前に立ち上ってきました。得た喜びが大きいほど失ったときの悲しみは深くなります。それでもそういう人に巡り合えたことは嬉しいことです。
これからも出逢いがあるだろう若い人から、別れが多くなりそうな年齢に差し掛かった人までおすすめの作品。(白)


曾國祥(デレク・ツァン)監督の『少年の君』が日本公開されることになり、同監督の長編第一作目の作品『七月與安生』が、『ソウルメイト/七月(チーユエ)と安生(アンシェン)』というタイトルで日本公開されることになった。この作品は2017年の大阪アジアン映画祭で上映され「ABC賞」を受賞している。この「ABC賞」というのは、大阪のABC放送(朝日放送テレビ)で放映されるチャンスを与えられるということで大阪周辺ではTVで放映された。私自身はこの2017年の大阪アジアン映画祭で観て、すでにシネマジャーナル本誌100号で紹介している。素晴らしい作品と思い、日本公開されないのは残念と思っていたけれど、『少年の君』が評価されこの作品も日本公開されることになり嬉しい。

今回見返してみて、安生を演じた周冬雨(チョウ・ドンユィ)の家は『少年の君』と家庭背景が同じと気が付いた。母子家庭で母親は他の町に働きに行っていて家にいなくて一人で暮らしているという設定だった。七月の家は両親がそろっていて、安生を食事に誘ってくれたりしてあたたかく見守ってくれる。生真面目な七月と自由奔放な安生、まるっきり性格の違う二人の少女の13歳から27歳になるまでの成長と友情、そして別れ。成長するにしたがって、進む方向、生き方の違いから疎遠になったという風に描かれていたけど、本当は…。最後にからくりがわかるまで観客はずっと騙される。デレク・ツァン監督の繊細で巧みな演出は、あっと思わせ珠玉の青春映画になった。憎しみあって別れたのかと思ったらシスターフッドが描かれる。『GF*BF』をも思わせる展開。最後にホロリとさせられる。

香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨では12部門にノミネートされ、作曲賞を受賞。第53回台湾金馬奨では、6部門にノミネートされ、安生を演じた周冬雨と七月を演じた馬思純(マー・スーチュン)は、史上初の主演女優賞W受賞をはたした。アン・ホイ監督がどちらかに主演女優賞というのは無理と主張したらしい。
主題歌を王菲(フェイ・ウォン)と元黒豹楽隊の竇唯(ドウ・ウェイ)の娘・竇靖童(リア・ドウ)が歌ったことも話題になった。しかし、私にとっては、劇中で崔健(ツイ・チェン)の「花房姑娘」や、王菲の「浮躁」が流れたことが懐かしかった。この作品には中国の音楽だけでなく、欧米の音楽も含めたくさんの音楽が流れていた。デレク・ツァン監督は、『インファナル・アフェア』『ラヴソング』など俳優、監督、司会など多彩に活躍している曾志偉(エリック・ツァン)の息子(暁)。 

第53回金馬奨6部門ノミネート主演女優賞W受賞

2016年/香港・中国/カラー/シネスコ/110分
配給:クロックワークス
(C)2016 JOYCORE Pictures(Shanghai) CO.,LTD., J.Q. Pictures Limited,Alibaba Pictures Group Limited,We Pictures Ltd. ALL Rights reserved.
https://klockworx-asia.com/soulmate/
★2021年6月25日(金)より新宿武蔵野館ほかロードショー
posted by shiraishi at 13:17| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スレイト(原題:Slate)

srate pos.jpg

監督・脚本:チョ・バルン
撮影:イ・ソクチュン
出演:アン・ジヘ(ヨニ)、イ・ミンジ(キム・ジナ)、パク・テサン(フィリップ)

ヨニの夢は子どもの頃からアクションスター。大人になってもその夢とかける熱意は変わらないものの、なかなか芽が出ない。研鑽と売り込みに励む日々が続いている。ようやくアクション映画のスタントの仕事が入り、撮影現場に行くとまだ誰もいなかった。古びたセットを回るうち、剣を持って戦っている人たちに出会う。撮影と思って参戦し、敵を倒して喝采を浴びる。
ところが、そこは間違って入り込んでしまった異世界で、非情な独裁者に村人が苦しんでいた。ヨニは村人を救う伝説のヒーローと勘違いされたらしいのだが、真剣な彼らに本当のことが言い出せない。

パラレルワールドに入り込んでしまったアクション女優ヨニ。その出入りのアイテムとなるのがタイトルの「スレイト」。撮影のときに「用意、スタート!」でカチン!と鳴らすあの「カチンコ」のことです。スタートでは1回、カットではカチカチと2回鳴らすそうで、タイミングを計らねばNGです。助監督の中でも古株の方が担当するようです。
パラレルワールドなので、元の世界での友人がヨニを知らず、元に戻ると異世界で会った人が微妙に違う役割で動いています。では、異世界には違うヨニがどこかにいるっていうことですよね。ダブルとややこしいので、出てきません。
さて、元の世界で発揮できなかったヨニの剣術の腕が異世界ではおおいに役立ちます。ニセの刀でなく真剣なので、斬られたら血が出るし悪くしたら死んでしまいます。そんな危険な世界で、ヨニは村人の期待に応え、強敵と闘わなければなりません。頑ななところのあったヨニが異世界で成長していく様、水を得た魚のようなヨニの動きもカッコいいですよ。アン・ジヘさんは元々器械体操を10年続けていたそうで、そのしなやかな動きと、決めポーズの美しさに注目してください。(白)


2020年/韓国/カラー/シネスコ/100分
配給:ライツキューブ
(C)2020 CONTENTS VILLAGE and MCMC
https://slate-movie.com/
★2021年6月25日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー

posted by shiraishi at 02:45| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする