2021年06月13日

グリード ファストファッション帝国の真実   原題:Greed

greed.jpg

監督・脚本:マイケル・ウィンターボトム
製作:ダミアン・ジョーンズ
出演:スティーヴ・クーガン、アイラ・フィッシャー、シャーリー・ヘンダーソン、エイサ・バターフィールド

ギリシャ、ミコノス島。ファストファッションブランドの経営で財を成したリチャード・マクリディ卿(スティーヴ・クーガン)は、この陽光眩しい島で、自身の60歳の誕生日を盛大に祝おうと準備を進めている。イギリス当局から脱税や縫製工場の労働問題を追及されており、このパーティでかつての栄光を取り戻そうと目論んでいるのだ。紺碧の海を見晴らす丘に古代ローマの闘技場を模したセットを作らせ、檻にはライオンも待機させている。誕生日が近づき、元妻のサマンサ(アイラ・フィッシャー)が、思春期の息子フィン(エイサ・バターフィールド)とリアリティショーに出演中の娘リリー(ソフィ・クックソン)を連れてミコノス島にやってくる。リチャードの母親マーガレット(シャ―リー・ヘンダーソン)は、リチャードの自伝執筆のために雇われた作家ニック(デヴィッド・ミッチェル)に良い伝記を書くよう圧力を掛けている。だが、ニックは取材する中で、彼の商品が作られているスリランカの縫製工場の劣悪な労働環境と低賃金を知る。さらにパーティスタッフであるスリランカ出身のアマンダ(ディニタ・ゴーヒル)から、彼女の母親も搾取されたあげく非業の死を遂げたと聞き、ニックは憤りを覚える。
誕生日当日、船で次々にセレブな招待客がやってくる。中には、セレブのそっくりさんもいる・・・

浜辺でテントを張って暮らすシリア難民たちを、目障りだからと排除しようとしたり、円形闘技場の建設が進まないので、低賃金のブルガリア人でなく、倍出してもいいから優秀な人材を雇えなど、我儘放題のリチャード。
強欲に(greed)経費を抑えて富を築いた者と、搾取される者、虐げられた者の対比が強烈に描かれていて、最後には、実際のスリランカやミャンマーの縫製工場の様子が映し出されます。日本の某ファストファッション会社も、中国より安い賃金のバングラデシュに縫製工場を移したことを思い出しました。
弱者への眼差しは、さすが、『イン・ディス・ワールド』を作ったマイケル・ウィンターボトム監督ならではと思いました。
一方、炸裂するブラックユーモア。マクリディ卿を演じたスティーヴ・クーガン主演のグルメ取材シリーズ、『スティーヴとロブのグルメトリップ』(10)、『イタリアは呼んでいる』(14)、『スペインは呼んでいる』(17)も、マイケル・ウィンターボトム監督作品だったのですね。納得!
本作、おふざけが過ぎる感もあるのですが、最初と最後に掲げられる「融和あるのみ」という言葉に、監督の思いが集約されていると感じました。(咲)


2019年/イギリス/英語/カラー/シネスコ/5.1ch/104分
配給:ツイン
©2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
公式サイト:http://greed-japan.com/
★2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開
posted by sakiko at 18:34| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へんしんっ!

6月19日(土)より、ポレポレ東中野、シネマ・チュプキ・タバタにて公開、他全国順次
劇場情報
henshin_main-visual_R_R.jpg
(C)2020 Tomoya Ishida


監督・企画・編集:石田智哉
プロデューサー・録音:藤原里歩 
撮影:本田恵、壷井濯、柗下仁美 
整音:橋本昌幸
字幕監修:北川光子、木山直子、佐沢(野﨑)静枝
音声ガイド制作:鈴木橙輔(大輔)、美月めぐみ、平塚千穂子 
ナレーション:ぺんぺん
指導教授:篠崎誠 
キャスト:石田智哉、砂連尾理、佐沢(野﨑)静枝、美月めぐみ、鈴木橙輔(大輔)、古賀みき
協力:バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり、立教大学しょうがい学生支援室、立教大学ボランティアセンター、バリアフリー映画上映会実行委員会 ほか 
第2回 立教大学 映像身体学科学生研究会 スカラシップ助成作品

さまざまな「ちがい」を架橋するひとたち

電動車椅子で生活する石田智哉監督は、「しょうがい者の表現活動の可能性」について探ろうと、演劇や朗読で活躍する全盲の俳優・美月めぐみさんや、ろうの手話表現者の育成にも力を入れているパフォーマーの佐沢静枝さんなど、多様な「ちがい」を橋渡しをする人々を取材し記録した。
石田監督、撮影、録音スタッフの3人で始まった映画制作。ある時、石田監督は、「一方的に指示する暴君にはなりたくないと思っている」とスタッフに打ち明け、対話を重ねながら、映画の作り方も変化していく。
「しょうがい」を「コンテクストが違う身体」という言葉で表現する振付家でダンサーの砂連尾理さんに、「車椅子を降りた石田くんがどんなふうに動くのかを見てみたい」と誘われて、石田監督もパフォーマーとして舞台に立つことに。多様な動きが交差するダンスという関係性の網の目にみずからをあずける体験。あらたな表現の可能性が拓かれていく。第42回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2020」グランプリに輝いたドキュメンタリー。

HPより
日本語字幕、音声ガイドありの「オープン上映」で劇場公開。
(本作劇場公開では、石田智哉監督が探究し掴んだものを表現するため、「日本語字幕」をスクリーンに投影し、映画本編の音に加え「音声ガイド」を劇場内のスピーカーから流します。このかたちを「オープン上映」と呼ぶことにしたそうです。はじめは驚きや戸惑いがあるかもしれませんが、最後までご覧になった一人ひとりが新しい感覚をひらき、面白さを感じてもらえたらとのこと)

石田智哉(いしだ・ともや)監督  HPより
1997年生まれ、東京都出身。立教大学現代心理学部映像身体学科卒業、同大学院修士課程在学中。中学生の頃、自分に合った学習方法としてiPadを紹介され、そこでの短編映像の制作をきっかけに映像制作に興味を持つ。大学では、哲学、写真、映画、身体論などを学びながら、3年次より映像制作系のゼミに所属する。また、ボランティアサークル「バリアフリー映画上映会」実行委員を務め、上映会の企画・運営を行う。現在、しょうがい者が創作をする過程で生まれる、身体観やしょうがい観の変化について研究している。本作が初監督作品。
石田智哉監督_プロフィール写真_R_R.jpg


立教大学大学院修士課程在学中の石田智哉さんが大学での授業の中で制作した作品という。車いすに乗った監督が、障害者の表現活動の可能性を探ったドキュメンタリー。映画製作を通じて様々な人と関わり合うなかで、多様な「違い」を発見できます(暁)。

劇場予告編
https://henshin-film.jp/index.php#intro

ラジオCM風 音声予告篇
https://henshin-film.jp/index.php#intro
「どのように届けるかにも想いが込められる」という石田監督の考えから、劇場公開にあたっては、日本語字幕、音声ガイドありの「オープン上映」という新たな上映方法に取り組みました。 さらに劇場予告篇に続き、石田監督自身がナレーションを手掛けた〈ラジオCM風の音声予告編〉(※音声のみ)という新しい予告篇づくりにもチャレンジしました! ぜひ想像しながら聞いてみてください。

『へんしんっ!』公式HP 
2020年製作/94分/G/日本
配給:東風
posted by akemi at 16:46| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RUN/ラン(原題:RUN)

run.jpg

監督・脚本:アニーシュ・チャガンティ
製作・脚本:セヴ・オハニアン
出演:サラ・ポールソン(ダイアン)、キーラ・アレン(クロエ)

ある郊外の一軒家で暮らすクロエは、生まれつき慢性の病気を患い、車椅子生活を余儀なくされている。しかし常に前向きで好奇心旺盛な彼女は、地元の大学への進学を望み、自立しようとしていた。そんなある日、クロエは自分の体調や食事を管理し、進学の夢も後押ししてくれている母親ダイアンに不信感をを抱き始める。ダイアンが新しい薬と称して差し出す緑色のカプセル。クロエの懸命な調査により、それは決して人間が服用してはならない薬だった。母はなぜ最愛の娘に嘘をつき、危険な薬を飲ませるのか……。

2018年に公開され、その斬新な手法が話題となった『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督の新作です。前作は父が娘をネットを駆使して探し、今回は母が娘を家に囲い込みます。母の愛を疑わなかった娘が成長して、そのコントロールから全力で逃げ出すストーリー。
じわじわ怖くて、これが連続ドラマだったら先が気になって、毎回見ずにいられません。母役のサラ・ポールソンは映画やドラマでよく見かけましたが、娘役のキーラ・アレンはオーディションで抜擢され映画初出演。普段も車椅子で生活しているのだそうです。孤軍奮闘する姿に思わず応援したくなります。アニーシュ・チャガンティ監督の次作もまた意表をついたものになるのかしら?
教訓:なんだかわからない薬は身体に入れないに限る。え?(白)


2020年/アメリカ/カラー/スコープ/90分
配給:キノフィルムズ
© 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:run-movie.jp
公式Twitter:@RUN_moviejp

★2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:47| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている (原題:Billie Eilish / THE WORLD’S A LITTLE BLURRY)

thumbnail_「ビリー・アイリッシュ世界は少しぼやけている」ポスター.jpg

監督:R・J・カトラー
出演:ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル、パトリック・オコネル、マギー・ベアード他

ビリー・アイリッシュは2001 年 12 月 18 日生まれの 19 歳、米国ロサンゼルス在住のシンガー・ソングライター。本作は初のドキュメンタリー。
幼少期の貴重な映像から、家族との団らん、兄フィニアスと自宅で曲作りをする様子、デビュー時のフォトセッション、爆発的な人気を得て急激に変わっていく彼女の世界。成功の軌跡とそれに伴う精神的・肉体的な疲労、それを支える家族の絆と乗り越えていく成長が楽曲と共に映し出される。
★デビューアルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」で2020年のグラミー賞5 冠‼ 史上最年少で主要 4 部門独占!
★2021 年グラミー2 冠‼ 史上最年少で「年間最優秀レコード賞」を 2 年連続受賞
★SNS フォロワー計 1 億 3700 万人
★ストリーミング再生回数累計 550 億回突破
★大ヒット曲「bad guy」の MV 再生回数 10 億回突破。
★2021 年公開予定「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」主題歌担当

ビリー・アイリッシュの名前を知ったのは歌よりも、トランプ大統領についてのコメントでした。自分の意見をはっきりという芸能人が少なくないアメリカですが、こんなに若い人が!と驚き、胸のすく思いがしました。全米トップのシンガー・ソングライターであり、史上最年少でグラミー賞やビルボードに名前を残していると知ったのは後のことです。
このドキュメンタリーでは、家族とくつろぐ姿、MVの制作過程、パワフルなステージの裏などが見られます。一人の10代の女性としての悩みや痛みも吐露されていました。彼女の繊細なつぶやきのような歌詞は、同じ年頃の人たちの胸に刺さるのでしょう。ライブでは唱和しながら泣いている少女たちがたくさんいました。中でも印象的だったのが、子どものころからの憧れの歌手に会うシーン。ただの女の子に戻って照れているビリー・アイリッシュがと~っても可愛かった!(白)


2020年/アメリカ/カラー/140分
配給:シンカ
提供・宣伝:Eastworld Entertainment
©2021 Apple Original Films
https://www.universal-music.co.jp/billieeilish-theworldsalittleblurry/

★2021年6月25日(金)より新宿ピカデリー他、全国ロードショー!
IMAX®も限定公開!
IMAX®is a registered trademark of IMAX Corporation.
■ムビチケオンライン発売中:https://mvtk.jp/Film/073196



posted by shiraishi at 14:54| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング   原題:True History of the Kelly Gang

kellygang.jpg

監督・製作:ジャスティン・カーゼル(『アサシン クリード』)
原作:ピーター・ケアリー「ケリー・ギャングの真実の歴史」
出演:ジョージ・マッケイ(『1917 命をかけた伝令』)、ニコラス・ホルト(『マッドマックス 怒りのデスロード』)、ラッセル・クロウ(『グラディエーター』、チャーリー・ハナム(『パピヨン』)、エシー・デイヴィス(『真珠の耳飾りの少女』)、ショーン・キーナン(『ドリフト』)、アール・ケイヴ、トーマシン・マッケンジー(『ジョジョ・ラビット』)他

19世紀のオーストラリアで、反逆者集団“ケリー・ギャング”を率いた伝説の男ネッド・ケリー。「少年」「男」「モニター艦」という3つの章に分け、ネッド・ケリーの真実に迫る。

「少年」貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリー。罪人の父の代わりに、幼い頃から、母と 6 人の姉弟妹を支えてきたが、父の死後、生活のため母はネッドを山賊のハリー・パワーに売りとばす。ネッドはハリーの共犯として 10 代にして逮捕・投獄されてしまう。
「男」出所したネッドは、娼館で暮らすメアリーと恋に落ち、家族の元に帰るが幸せは長くは続かない。横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけてはネッドや家族を投獄しようする。
「モニター艦」鉄のヘルメットをかぶって両手に銃を持つネッド・ケリー。自らの正義、家族と仲間への愛から、ネッドは弟らや仲間たちと共に“ケリー・ギャング”として立ち上がる・・・

本作を通じて感じたのが、アイルランド人であることの悲哀。「じいちゃんはイングランド人に虐げられて、オーストラリアにやってきた」とネッドは手記の冒頭に記します。けれども、オーストラリアに来てもなお、この時代、アイルランド人には犯罪や刑務所行きの運命が当然だったようです。
ラッセル・クロウ演じる山賊のハリー・パワーが、少年ネッドに「イギリス人はいつでも物語を奪って台無しにするから、常に自分自身の物語の作者であることを確認しろ」と教えています。
本作では、ネッドと共に、母親が強烈な印象を残します。夫を亡くし、生きるためになりふり構わず、身も売れば、子どもも売る強い母親。そんな母親を思うネッドにほろりとさせられました。(咲)


2019年/オーストラリア=イギリス=フランス/英語/125分
配給:アット エンタテインメント
後援:オーストラリア大使館
公式サイト:https://kellygangjp.com/
© PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019
★2021年6月18日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開




posted by sakiko at 02:43| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする