2021年06月10日

47歳 人生のステータス(原題:BRADʼS STATUS)

photo_program47.jpg

監督・脚本:マイク・ホワイト
出演:ベン・スティラー、オースティン・エイブラムス、ジェナ・フィッシャー、マイケル・シーン ほか

ブラッド(ベン・スティラー)は⾳楽の才能がある息⼦のトロイ(オースティン・エイブラムス)の大学受験準備のために息子と2人でボストンに行き、⼤学を巡ることに。妻のメラニー(ジェナ・フィッシャー)は仕事で行けなかったのだ。トロイを案内しながら、ブラッドの頭に浮かぶのは⼤学時代の4⼈の親友たちと⾃分の⼈⽣の⽐較ばかり。というのも、ニック(マイク・ホワイト)はハリウッドの⼤物、ジェイソン(ルーク・ウィルソン)はヘッジファンドの創設者、ビリー(ジェマイン・クレメント)はハイテク企業の起業家、そして、クレイグ(マイケル・シーン)は政界の情報通でベストセラー作家と華々しいキャリアを築いているからだった。 ブラッドは、彼らの裕福で魅⼒的な⽣活を想像し、居⼼地の良い中流家庭が⾃分の⾏き着く最⾼のものなのかと思いを巡らせる。しかし、旧友たちと再び連絡を取るようになり、次第にブラッドはある疑問を抱き始める。⾃分は本当に負け組なのか、それとも、友⼈たちの輝かしい姿の裏には本質的な⽋陥があるのか。
 

47歳といえば大学を卒業して25年。仕事の成果や評価が定まってくるころ。息子の大学見学に付き添い、母校のあるボストンを訪れた主人公は同級生たちの華やかな成功に負け感を覚える。プライベートジェットを所有する会社社長やテレビでもてはやされる政治評論家、会社を売り払って悠々自適の生活を送る者というセレブな友人を持つ人はそうそういないけれど、同級生と比べてしまうのは誰にでもあることなのでは。私たちレベルでは、もっと些細な違いが大きな違いに思えてしまう。
人は自分の幸せには鈍感になりがち。主人公には同級生たちにはない幸せを持っていた。それに気がつけるかどうかが人間の器の本当の大きさなのではないかと作品から伝わってくる。(堀)


夫婦仲良く、賢い自慢の息子がいて、何を贅沢なと思いつつ観ていました。親友と比べて遜色なかった自分なのに、こんなはずじゃなかった、と不満ばかり。あるものよりないものを数える人なんですね。それまで病気もせず、ひどい目にも遭うことなく生きてこられてラッキーと思え>ブラッドへ。まあ、この年頃が人生の中で一番不幸だと思う時期なんだそうですが。更年期と重なりますね。
最後まで観ていただければ、いいところへ着地しますので安心して。
この映画を観て思い出したのが、26歳で亡くなった石川啄木の短歌です。
「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ」(最初の歌集「一握の砂」所収。3行に分かち書き)
早く結婚して両親と妻子を養い、汲々としていた中で詠まれたようです。47歳のブラッドの半分、23,4歳ごろに発表されています。人生が短かった時代の人は早熟ですねぇ。(白)


2017年/102分 / 5.1ch/カラー/2:1/アメリカ
配給:STAR CHANNEL MOVIES
© 2017 Amazon Content Services LLC and Kimmel Distribution LLC
公式サイト:https://www.star-ch.jp/starchannel-movies/detail_047.php
★2021年6月11日(金)AM0:00配信開始
posted by ほりきみき at 01:26| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする