2021年05月09日

海辺の家族たち  原題:La Villa  英題:The House by the Sea

umibeno kazoku.jpg

監督・製作・脚本:ロベール・ゲディギャン
出演:アリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、ジェラール・メイラン、ジャック・ブーデ、アナイス・ドゥムースティエ、ロバンソン・ステヴナン

マルセイユ近郊のベランダから美しい入り江を見晴らせる瀟洒な家。
父親が倒れ、パリで暮らす人気女優のアンジェルは、20年ぶりに故郷に帰って来る。
家業の小さなレストランを継いだ上の兄のアルマンと、若い婚約者を連れた下の兄のジョゼフがアンジェルを迎える。父はすでに遺産相続のことを公証人に伝えていた・・・

遺産は、アンジェルに50%、兄二人には25%ずつ。
アンジェルが20年間も実家に帰って来なかった理由が徐々に明かされていきます。
意識のない父親のそばで、3人の兄弟妹のそれぞれの思いがさく裂します。
寝たきりの父は、一体いつまでこの状態なのか?
「イスラエルのシャロン元首相は、8年寝たきりだった。ユダヤ人は、しぶとい。反ユダヤじゃない。特徴の描写だ」と次男ジョセフ。強烈な皮肉です。

かつては別荘で賑わった町も、20年の間に、すっかり寂れてしまっています。
父親はこの町をユートピアにしようと、クリスマスには大きなクリスマスツリーを広場に飾って、皆にプレゼントを振舞っていました。
別荘も売りに出されて空き家が増え、借家住まいの臨家の老夫婦は、大家が家賃を上げてきたのが悩みです。都会で暮らす孝行息子が気にせず暮らしてと家賃を自動引き落としにしますが、両親にはそれも心苦しいのです。
レストランに魚を届ける漁師の青年バンジャマンは、小さい時に父親に連れていかれた劇場で演じるアンジェルを観て以来、彼女に憧れています。
それぞれの思いが交錯する町に、難民のボートが漂着し、軍人たちが難民を捜索しています。「テロリストが紛れているかもしれないから、必ず通報するように」と軍人が伝えにきます。
「テロリストは、正規の手段でやってくる」と、ジョセフ。
ことごとく、こんな調子だから、婚約者に捨てられてしまうのですね…
アルマンとジョセフが、山道を整備していて、幼い弟二人の世話をする少女を見つけます。フランス語は通じません。もしかしたらアラブ人かもと、「シュクラン(アラビア語でありがとう)」と言ってみますが、3人とも無言・・・  弟二人は、何があってもしっかり手をつないでいます。船で逃れてきた時に何があったのかと胸が痛みます。
ある瞬間、少女が初めて「シュクラン」と口にします。そして、家の背後にある石造りのアーチ型の鉄道橋に向かって、それぞれに名前を叫ぶ姿に明るい未来が見えたような気がしました。(咲)


「海辺の」で始まる映画が今年は何本もあります。先週は北国の海辺、こちらは別荘地の海辺に住む何組かの家族の悲喜こもごもを描いています。親を送る子どもたちがけっこうあっさり、うーん。こんなもの?しかしながら恋愛にはマメです。日本のほうが家族主義で愛憎が濃く、恋愛は淡泊な気がしました。個人主義のお国柄か。
一方、難民の子供たちが人目を避けて暮らし、ひもじさに耐えていたかと思うと可哀想でなりません。人が流れ着くのも日常の一つなんですね。日本と大違い。この子たちが出現したことで、自分のことだけだった人たちがなんとかしようと動きだします。そこが希望。(白)


かつて別荘地として賑わった地。そして今は来る人も少なく、寂れてしまった村? 町? 登場人物が少なくて、ほんとにほとんどいないのか、そうでもないのか街中の道、町の人などは写されていなくて、山道と登場人物だけなので、どのくらいの人が住んでいるのか、あるいは夏のシーズンだけは賑わうのか、その辺はわからない。
しかしこういう街は、今、ここばかりでなく日本でもある。最近観た作品の中でも、別荘地ではないけど、かつて栄え、今は寂れてしまった商店街とか鉄鋼業の町を描いた作品もあった。ここでは別荘地が舞台だけど、これはブームが去った街なのか、あるいは高度成長の時代には別荘地を持つ人がいたけど、今の時代はそんな余裕がなくなってしまったあらわれなのか。
私の伯母夫婦は伊豆高原に別荘を持っていたが、二人が80歳を過ぎてそんなに行けなくなり、結局手放した。でもなかなか売れなかった。私たちも別荘を持てるような余裕もなく、誰も買い取って引き受けられる人はいなかった。かつては別荘地だったけど、首都圏に1時間半もあれば行けるという近さから、そこに移り住んでしまった人たちもけっこういるようなところだった。この映画に出てくるマルセイユ近郊の別荘地も、そういうようなところなのかも。
でも長男は父がやっていたレストランを引き継いでやっているというから、そこに来る客がいるからやっているのだろう。この映画の中にはそういう客は出てこなかったので、その辺が舞台背景の街を理解するにはちょっと足りなかった。それにしてもフランスの映画だなと思った。日本だったら父親が倒れて、離れ離れに暮らしていた兄弟妹が集まってきたら、もう少し父親のこととか、この家のその後のことが描かれると思うけど、やってきた弟や妹の恋愛模様が描かれるという流れ。う~ん、なんだかなと思い、あまり共感できずだった。
最後のほうにとってつけたように難民の子供たちが出てきて、大人たちがよってたかって世話をするというように描かれていたけど、もう少しこの子たちの部分があるのかなと、実は期待していたので、これだけ?というのが印象だった。こちらのほうこそもっと描いてほしかった。どんな背景があるのか、結局どこから来たのかもわからず、あやふやで終わって残念。アーチ形の鉄橋と列車の通過光景が何度も出てきたのが印象的だった(暁)。


2016年/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/DCP/5.1ch/107分
字幕翻訳:宮坂愛
配給:キノシネマ  提供:木下グループ 
© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016
公式サイト:https://movie.kinocinema.jp/works/lavilla/
★2021年5月14日(金.) キノシネマ他、全国順次公開


posted by sakiko at 19:48| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クー!キン・ザ・ザ   原題:Ku! Kin-dza-dza

kukinzaza.jpg

監督:ゲオルギー・ダネリア
共同監督:タチアナ・イリーナ
声の出演:ニコライ・グベンコ(ウラジーミル・チジョフ)、イワン・ツェフミストレンコ(トリク)、アンドレイ・レオノフ(ウエフ)、アレクセイ・コルガン(ビー)

雪に覆われたモスクワ。世界的に著名なチェリストのウラジーミル・チジョフは、大通りで「あなたの甥だ」というDJ志望の青年トリクから金を貸してくれと頼まれる。二人の前にパジャマ姿の裸足の宇宙人が現れ、彼の”テレポーター”のボタンをうっかり押してしまい、キン・ザ・ザ星雲にワープしてしまう。そこは見渡す限りの砂漠に覆われ、身に着けるズボンの色によって階級が分かれた場所だった。「クー!」の一言がその抑揚で名詞・形容詞・副詞・感嘆詞などを表す世界。トリクは、臨機応変に異星人たちと「クー!」を駆使して物々交換し、なんとか地球に還ろうと奮闘する・・・

ソ連時代のジョージア(グルジア)で、1986年に製作された『不思議惑星キン・ザ・ザ』を、ゲオルギー・ダネリア監督が自らアニメ化した作品。2019年に88歳で逝去し、遺作となりました。
2016年8月に公開された実写版『不思議惑星キン・ザ・ザ デジタル・リマスター版』を拝見し、何とも不思議な世界で面白かったので、これは絶対見逃せないと観てみました。
実写版の方がインパクトありましたが、アニメも負けず劣らず脱力系の作品で楽しみました。描かれている世界は、はっきりとした階級社会。現実社会への皮肉がたっぷりです。 (咲)


不思議な寓意に満ちた作品でした。あまりアニメとか見ない私ですが、たまにはアニメもいいかなと感じさせてくれました。言葉が通じない世界で、「クー」の抑揚を変えることで、話がわかるというのがおかしかったし、なるほどと思いました。現在の世界でもそういうのが通じたらいいのにと思ったけど、実際、言葉が通じないところに行ったら、大変でした。それにしても、階級社会、差別化された社会への痛烈な批評が込められた作品で、こういうアニメだからこそ表現できたのかもと思います(暁)。

2013年/ロシア/92分
配給:パンドラ
公式サイト:http://www.pan-dora.co.jp/kookindzadza/
★2021年5月14日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
posted by sakiko at 18:44| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グンダーマン 優しき裏切り者の歌   原題:GUNDERMANN

gundermann.jpg

監督:アンドレアス・ドレーゼン
脚本:ライラ・シュティーラー 音楽:イェンス・クヴァント
出演:アレクサンダー・シェーア、アンナ・ウンターベルガー

失われた国、最大のスキャンダルとなった秘密警察 (シュタージ) ――
“東ドイツのボブ・ディラン”と呼ばれ、スパイだった男の真実の物語

ゲアハルト・グンダーマンは、ベルリンの壁が崩壊し、東ドイツが消滅した後もシンガー・ソングライターとして、カリスマ的な人気を博していた。しかし、彼は人には言えない過去を抱えていた。昼間は炭鉱でパワーショベルを運転、仕事が終わると仲間と共にステージに上がり、自作の歌で人々に感動を与えていた。しかし、東西統一後、シュタージに協力した人々の多くが、その事実をひた隠し、公になることを恐れていた。かつて、バンド仲間や友人たちの行動を報告していた過去が脳裏を過る。そして、友人の妻となった幼なじみコニーへの諦めきれない想い。優しかった父との確執と再会。そんなある時、かつてシュタージに協力した著名人たちが次々と告発されるのをテレビ報道で知る。彼は友人たちを訪ね、過去の自分とシュタージとの関わりを告白する・・・

シュタージに指示されるまま、友人たちを監視していたことがずっと心の重荷になっていたグンダーマン。勇気を振り絞って友人に告白したところ、「俺もお前を監視していた」と告げられます。体制に逆らえなかったからと割り切って過ごす人の多い中、グンダーマン、あまりにお人よしすぎて、ちょっといらつきます。
東ドイツがお互いを監視する社会だったことが、当時、どれくらい明らかだったのでしょう。東西ドイツが統一して、自由社会で暮らせるようになっても、過去を引きずって生きる人たちが多くいることに思いが至りました。過去は忘れるのが処世術!?(咲)

東西冷戦の時代、ドイツは東西に分断されていた。そして東ドイツの秘密警察は、国民同士を監視するようなことをしていた。これはグンダーマン という人物を介する形で、そういうことを告発する映画なのだろうか? 国家というのは、社会主義国家だろうと、民主主義国家だろうとも、そういう風に人を監視している。私も1969年頃の日本でそういう経験をした人たちのことを知っている。あの頃、学生運動や反戦運動をしている人たちを監視している人たちがいて、デモの最中に「あのイヤホーンをしている人たちには気をつけたほうがいい」なんて言葉も聞いたことがある。今もそういうことがあるのかもしれない。
炭鉱で働きながら歌を作り、歌っていたグンダーマン。日々の暮らし、仕事のことなど歌っていた。巨大なパワーショベルを運転し、炭鉱の鉱脈がある場所を削っていたのが印象的だった。そして彼の仲間で、高齢の女性もそれを運転していて、実際もそういうことがあるのかなと驚いた。
「ベルリンの壁崩壊後の東ドイツにおいて最も重要で最も有名な実在のシンガー・ソングライター、ゲアハルト・グンダーマン」と紹介され、“東ドイツのボブ・ディラン”とHPに書いてあったけど、その言い方は違うような気がする。「ボブ・ディラン」とは反体制のシンボル的な存在の歌手。もしそうなら、監視の対象ということはあるだろうけど、秘密警察が彼をスパイとして利用というのはちょっとおかしいという感じもするので(暁)。


*ドイツで最も権威のあるドイツ映画賞(2019)で作品賞、監督賞含む 6 部門で最優秀賞を獲得。

2018年/HD/シネマスコープ/5.1ch/128分/ドイツ
字幕・資料監修:山根恵子
提供:太秦/マクザム/シンカ
後援:ゲーテ・インスティトゥート大阪・京都 
配給・宣伝:太秦   
© 2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg
公式サイト:https://gundermann.jp/
★2021年5月15日(土)より渋谷ユーロスペース他全国順次公開



posted by sakiko at 16:34| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーザー(原題:The Father)

father pos.jpg

監督・原作:フロリアン・ゼレール
脚本:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール
撮影:ベン・スミサード
美術:ピーター・フランシス
出演:アンソニー・ホプキンス(アンソニー)、オリヴィア・コールマン(アン)、マーク・ゲイティス(男)、イモージェン・プーツ(ローラ)、ルーファス・シーウェル(ポール)、オリヴィア・ウィリアムズ(女)

81歳のアンソニーはロンドンで独り暮らしを送っている。健康だけれども記憶が薄れ始めてきた。父を案じる娘のアンが手配した介護人を拒否して追い返している。本人には言わないが、内心ではおおいに頼っているアンが恋人とパリで暮らすというのにショックを受けている。
それでは、アンソニーの自宅に現れ「アンと結婚して10年以上になる」と語る男は誰?恋人のポールはこんな顔だったろうか? アンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのだろう?現実と幻想がまじりあい、アンソニーの記憶は混沌としていく。

1937年12月31日生まれのアンソニー・ホプキンスが「同じ誕生日、同じ名前のアンソニー」として映画の中に存在しています。彼は認知症を患っている自分の状態を認められません。身体が動けるうちは一人で気ままに暮らしたい、とは誰もが思うことです。
父を心から案じるアンですが、自分の人生も大切にしたいと思っています。アンがどれだけ父を思おうと、アンソニーの口にのぼるのはお気に入りだった妹のルーシーのことばかりです。若い介護人ローラが、ルーシーに似ていると言って浮かれ、上機嫌の父を見守るアンの心情はいかばかりでしょう。
アンソニーの心の動きの通りに、幻想と現実の生活のシーンが交互に現れるので、最初は観客も混乱します。進むに従って「そういうことだったのか」と納得できます。認知症の方の脳内を「見える化」するとこうなるわけですね。
元は舞台劇。戯曲を手掛けたフロリアン・ゼレールが自ら初監督・共同脚本。ほぼ部屋の中だけで進み、登場人物も6人だけです。動きの少ないアンソニーを中心にしてカメラもあまり動きません。名優二人の競演と、背景になるアンソニーの部屋、アンの部屋の色合いが変わっていくのにもぜひご注目ください。日本でも橋爪功主演で2019年公演があったそうで、それも観たかったなぁ。
アンソニー・ホプキンスが、本年のアカデミー賞主演男優賞を最高齢で受賞しました。(白)


2020年/イギリス・フランス合作/カラー/シネスコ/97分
配給:ショウゲート 
(C)NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020
https://thefather.jp/
★2021年5月14日(金)全国公開
posted by shiraishi at 16:31| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする