2021年04月09日

ザ・バッド・ガイズ(原題:나쁜 녀석들、英題:THE BAD GUYS:REIGN OF CHAOS)

thebadguys.jpg
 
監督:ソン・ヨンホ 『鬼はさまよう』
出演:マ・ドンソク、キム・サンジュン、キム・アジュン、チャン・ギヨン 

囚人たちを乗せた護送車が武装集団に突如襲撃され、凶悪な犯罪者たちが脱走してしまった。この史上最悪の事件を解決するため、警察組織の上層部は元警察官のオ・グタク(キム・サンジュン)に指令を出し、重罪で刑務所に収監中の服役囚たちを集めた極秘プロジェクト、“特殊犯罪捜査課”を始動させる。オ・グタクは“伝説の拳”と呼ばれて恐れられているパク・ウンチョル(マ・ドンソク)、どこか信用できないが頭は切れる詐欺師のクァク・ノスン(キム・アジュン)、過失致死罪に問われた無鉄砲な元エリート刑事のコ・ユソン(チャン・ギヨン)をメンバーとした最凶チームを結成。減刑を条件として、時に協力し合い、時に衝突しながらも凶悪犯たちを追い詰めていく。しかし、今回の事件の背後には国家を揺るがす巨大な陰謀が見え隠れし、謎の組織が暗躍していた。

“マブリー”と呼ばれて、すっかりいい人キャラが定着したマ・ドンソク。みんなの期待に応えて、今作でも素手で強敵に立ち向かう主人公をド迫力で演じています。監督が3~4日掛かると思っていたクライマックスのアクションシーンを圧倒的な力で押しまくり、1日半ですべてこなしてしまったというのだから驚きです。
一方、病身に鞭打って現場復帰したオ・グタクを演じたキム・サンジュンもここぞという瞬間にベテランの一発を見せてくれました。ラブコメからシリアスまでこなす実力派キム・アジュンはかつてモデルだった抜群のスタイルでしなやかで機敏なアクションを繰り広げ、思わず見とれてしまいそう。ドラマで活躍してきたチャン・ギヨンは本作で映画デビュー。迫力あるアクションシーンを披露するために、撮影前にソウルのアクションスクールで特訓し、見事なワイヤーアクションで存在感を放っていました。
わかりやすいストーリー展開で痛快無比なアクション・エンターテインメントは疲れたときの気分転換にぴったりです。(堀)


2019年/韓国/115分/カラー/シネマスコープ/5.1CH
配給:エスピーオー
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:https://thebadguys.jp/
★2021年4月9日(金)よりロードショーシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー
posted by ほりきみき at 20:00| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

約束の宇宙(そら)  原題:Proxima

yakusokuno.jpg

監督・脚本:アリス・ウィンクール
脚本:ジャン=ステファヌ・ブロン
音楽:坂本龍一
出演:エヴァ・グリーン、ゼリー・ブーラン・レメル、マット・ディロン、ラース・アイディンガー、ザンドラ・ヒュラー

サラ(エヴァ・グリーン)は8歳の時に抱いた宇宙に行きたいという夢に向かって、今は故郷フランスを離れ、ドイツにある欧州宇宙機関(ESA)で宇宙飛行士としての訓練を受けている。そして、いよいよチャンスが巡ってくる。「プロキシマ(Proxima)」と名付けられた約1年間の国際宇宙ステーション滞在クルーに選ばれたのだ。物理学者の夫トマス(ラース・アイディンガー)と離婚し、7歳の娘ステラ(ゼリー・ブーラン・レメル)を一人で育てているサラにとって、1年間娘と離れることが一番の心配だ。元夫にステラを託すしかない。
出発まで、あと2カ月。サラはロシアのスターシティに移動する。初めての面会日、飛行士と家族のサポートを担当するカウンセラーのウェンディ(ザンドラ・ヒュラー)がステラを連れてきてくれる。分刻みのスケジュールの訓練の合間を縫っての面会に、ステラは寂しさのあまり、ろくに口をきかないまま帰国してしまう。サラはステラに打ち上げ前に二人でロケットを見ようと約束していた。それはちゃんと果たせるのか・・・

女性宇宙飛行士と幼い娘の母子の情を紡いだのは、『裸足の季節』(2015年)でのデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督との共同脚本が絶賛されたアリス・ウィンクール。
アリス・ウィンクール監督_.jpg

1976年フランス・パリ生まれで、脚本執筆当時、自身の娘が8歳。親子の関係を描きたいという思いを、幼いころからの宇宙への憧れと重ね合わせた物語。執筆にあたり、欧州宇宙機関(ESA)に滞在させてもらい、二人の宇宙飛行士に取材。その一人がフランス人初の女性宇宙飛行士クローディ・エニュレ。取材で目の当たりにした過酷な訓練の様子や、女性宇宙飛行士の心情が映画に反映されています。男性主導の宇宙飛行士の世界での苦労は計り知れません。女性としての存在を感じさせないように振舞わなければならない世界。一方で、我が子に愛情をふりそそぐのは、どこにでもある母の姿。宇宙に飛び立ったあと、もしかして戻って来られないかもと思うと、なおさら娘が愛おしいでしょう。
映画の最後に、実際に宇宙を体験した女性宇宙飛行士の方たちの姿が映し出されます。彼女たちに賛辞を贈るとともに、これから宇宙に挑む女性たちへのエールとなっています。
撮影は、欧州宇宙機関(ESA)全面協力の下、ドイツ、ロシア、カザフスタンの宇宙関連施設で行われ、リアルな宇宙飛行士の世界が伝わってきます。
いよいよ打ち上げを2週間後に控え、感染予防のため隔離期間に入ったサラと娘が面会する場面。ガラス戸を隔てて、実際にハグすることが出来ない姿に、今のコロナ禍の状況を重ね合わせてしまいました。手や肌のぬくもりを感じあうことの大切さをつくづく思います。(咲)


2019 年/フランス/フランス語・英語・ロシア語・ドイツ語/107分/カラー/ビスタ/5.1ch
配給:ツイン
後援:JAXA
©Carole BETHUEL ©DHARAMSALA& DARIUS FILMS
公式サイト:http://yakusokunosora.com/
★2021年4月16日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー



posted by sakiko at 19:17| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする