2021年03月03日

野球少女(原題:Baseball Girl)

yakyu.jpg

監督・脚本:チェ・ユンテ
出演:イ・ジュヨン(チュ・スイン)、イ・ジュニョク(チェ・ジンテ)、ヨム・ヘラン(スインの母)、ソン・ヨンギュ(スインの父)、クァク・ソンヨン(イ・ジョンホ)、チュ・ヘウン(ハン・バングル)

チュ・スインは青春の日々をすべて野球に捧げ、〈天才野球少女〉と称えられてきた。高校卒業を控えたスインは、プロ野球選手になる夢をかなえようとするが、〈女子〉という理由でテストさえ受けさせてもらえない。母や友だち、野球部の監督からも、夢を諦めて現実を見るようにと忠告されてしまう。「わたしにも分らないわたしの未来が、なぜ他人に分かるのか」──自分を信じて突き進むスインの姿に、新しく就任したコーチ、チェ・ジンテが心を動かされる。同じくプロになる夢に破れたジンテは、スインをスカウトの目に留まらせるための作戦を練り、特訓を開始する。次々と立ちふさがる壁を乗り越えたスインは、遂にテストを受けるチャンスを掴むのだが──。

イ・ジュヨン演じるチュ・スインは、女性だからとはじかれても決して夢を諦めずに、社会に立ち向かっていきます。イ・ジュヨンは「私が中途半端だと、映画が伝えようとしていることが色褪せてしまうのではないかと思った」と語り、撮影に入る前に約40日間の訓練に臨み、劇中の全ての野球のシーンを自らこなしました。みごと2020年ニューヨーク・アジアン映画祭で国際ライジングスター賞を受賞。
スインの父は良き理解者ですが生活力弱し。一人生活を支えて奮闘する母は超現実派。娘には堅実な生活を送ってほしくて反対します。それもわかるけれど、たった一つの夢、今しかできないことを応援してやって~。スインの前にはたくさんの壁があります。
スポーツに限らず、男性優位のあらゆる場所・場面でパイオニアとなってきた”女子”を応援します。一方別のところで「男子がするものじゃない」という固定観念もやっぱりあったはず。それを崩してきたパイオニア”男子”も応援します。(白)


チェ・ユンテ監督の長編映画デビュー作。本作のきっかけは、天才野球少女のインタビューを聞いていた奥様の「女子が野球をするのかという偏見が露骨で不愉快」というひと言だったそうです。確かに、ほかのスポーツに比べ、野球は男子がするものというイメージが強いです。チュ・スインのモチーフになったのは、1997年、韓国で初めて女性として高校の野球部に入ったアン・ヒャンミ選手。100年の韓国野球史で初めて、唯一の女性公式大会記録保持者です。日本では、2008年、吉田えりさんが17歳でプロ野球の独立リーグに合格し、日本で初めて男性と同じチームでプレーした女性プロ野球選手。
プロの選手になるのは、男性でも難関。本作でもチェ・ジンテはプロになれず、コーチとしてチュ・スインに夢を託します。野球は男子がするものという固定観念の中で、自分の力を信じて邁進するスインの姿が眩しいです。(咲)



2019年/韓国/カラー/シネスコ/105分
配給:ロングライド
(C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED
https://longride.jp/baseballgirl/
★2020年3月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
posted by shiraishi at 12:04| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽は動かない

thumbnail_サフ゛★EEE02738.jpg

監督:羽住英一郎
原作:吉田修一「太陽は動かない」(幻冬舎文庫)
脚本:林民夫
撮影:江崎朋生
音楽:菅野祐悟
出演:藤原竜也(鷹野一彦)、竹内涼真(田岡亮一)、ハン・ヒョジュ(AYAKO)、ピョン・ヨハン(キム)、市原隼人(山下竜二)、南沙良(菊池詩織)、佐藤浩市(風間武)

鷹野一彦はAN通信の優秀なエージェント。新しいバディとして田岡亮一がやってきた。若くて生意気、優しさと繊細な面も併せ持っている。AN通信は表向き小さなニュース配信会社だが、実は世界を股にかけ国政や企業の裏で重要機密情報を入手し売買している。今回のミッションは全人類の未来を決める”次世代エネルギー”の情報を手に入れること。すでに各国のエージェントたちが争奪に動き出した。

AN通信は常に命の危険と隣合わせの究極のブラック企業。エージェントは全員厳しい訓練を受けた精鋭ですが、なぜか心臓に爆弾が埋め込まれています。24時間ごとの定期連絡が必須で、それを怠ると爆弾が起動。解除の申請をしないと5分以内で爆死してしまうという理不尽なしばりがあります。なんなの?この設定!と思いつつ、他人事な観客はドキドキが増してスリルを味わいます。しょっちゅう携帯を置き忘れる私はソッコー爆死です。←エージェントになれるわけない。風間さんの食事作りならできるかも。
寝言はさておき、ブルガリアで約一ヶ月に及ぶロケ中、大通りを封鎖しての大規模なカーアクション、藤原さんの苦手な設定てんこ盛り、水中アクションまで披露した最強バディの活躍をご覧ください。羽住英一郎監督、ハラハラさせるのお得意ですよね。(白)


なんといっても、本作、ブルガリアでのロケにそそられます。荒んだ郊外の町や、走行中の古い列車の上や、大通りでのカーチェイスでは、ブルガリアらしい佇まいを楽みました。それ以外にも、実は、インドやキューバのシーンもブルガリアの巨大撮影所で撮ったと知り驚きました。3月12日公開のアフガニスタンを舞台にしたアメリカ映画『アウトポスト』もブルガリアでの撮影部分があるとのこと。今後も撮影地ブルガリアの映画に注目したいと思います。
そして、『太陽は動かない』の魅力は多彩な出演者たち。最強バディ、藤原竜也と竹内涼真の二人に指令を出す風間武役の佐藤浩市をはじめ、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾など、邦画を支えてきた役者たちの豪華共演。それに、「春のワルツ」「トンイ」のハン・ヒョジュ、「未生(ミセン)」『あなた、そこにいてくれますか』のピョン・ヨハンという韓国の若手実力派俳優二人が色を添えています。謎の女AYAKOを演じたハン・ヒョジュ、本作では妖しい魅力を振りまいていて、脚の細さにも思わず目がいきました。(咲)


2021年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/taiyomovie/
★2020年3月5日(金)ロードショー

posted by shiraishi at 11:54| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NO CALL NO LIFE

no call.jpg

監督・脚本:井樫彩
原作:壁井ユカコ「NO CALL NO LIFE」(角川文庫刊)
撮影:早坂伸
音楽:松本淳一
主題歌:「ふたりがいい」とけた電球
出演:優希美青(佐倉有海)、井上祐貴(春川)、犬飼貴丈、小西桜子

高校3年生の夏、携帯電話に残された過去からの留守メッセージに導かれ、佐倉有海は学校一の問題児・春川と出会い、恋に落ちた。怖いものなんて何もなかった。明日、地球に隕石が衝突して世界中の人類が滅んで2人きりになったって、困ることは何もないような気がした。無敵になった気分だった。それはあまりにも拙く刹那的で欠陥だらけの恋だった。そして、時を越えた留守電の真相が明かされるとき、有海の衝撃の過去が浮かび上がる。

ホリプロ60周年記念作品。主演にはホリプロ期待の若手俳優、優希美青×井上祐貴のWユウキが抜擢されました。幼くて純粋な取り戻せない日々、観ているこちらも一緒に高揚したり胸傷めたりしてしまう物語を生きています。
携帯電話に残っていた留守電のような、不思議なことにこれまで出逢ったことはありません。でも人としてここに生まれることが、まずものすごく不思議。そして人と人が出逢うことはほんの数秒早いか遅いか、歩いた道が1本違ってもないことがあります。有海と春川もいろんなことが巡り巡って、出逢ってしまいました。「恋はするものでなく、落ちるもの」という言葉がぴったりの幼い二人でした。辛かった恋もちゃんと大切な思い出にしてほしい。人生はまだまだ続いていくから。(白)

thumbnail_0301_official.jpg
完成披露試写会及び舞台挨拶オフィシャル画像 
左から井樫彩監督、山田愛奈、優希美青、井上祐貴、駒木根葵汰


2021年/日本/カラー/ビスタ/107分
配給:アークエンタテインメント
(C)2021映画「NO CALL NO LIFE」製作委員会
http://nocallnolife.jp/
★2020年3月5日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 11:49| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キンキーブーツ(原題:Knky Boots)

knky pos.jpg

脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽/作詞:シンディ・ローパー
演出/振り付け:ジェリー・ミッチェル 
セットデザイン:デイヴィッド・ロックウェル 
衣装デザイン:グレッグ・バーンズ
監督(シネマ版):ブレット・サリヴァン 

出演:マット・ヘンリー(ローラ)、キリアン・ドネリー(チャーリー・プライス)、ナタリー・マックイーン(ローレン)、ショーン・ニーダム(ドン)、コーデリア・ファーンワース(ニコラ)、アントニー・リード(ジョージ)

舞台はイギリスの倒産しそうな靴工場。自分の意思に反して、跡継ぎのチャーリーは経営困難に苦しむ。そんな中、チャーリーはドラァグクィーンのローラと仲間たちに出会う。外見も振舞いも違うチャーリーとローラ。しかし思いがけない2人の共通点から、物語は意外な新展開を見せるー。

knky (1).jpg

2005年の同名映画を舞台化。映画ではキウェテル・イジョフォーがローラ、ジョエル・エドガートンがチャーリーでした。イギリスで本当にあった話を元にして、二人を中心に仲間たちの友情と本当にやりたいことは何?と問いかけます。自分の道を選んでいく過程は誰にでも共感できます。派手で怖いものなしに見えたローラが実は繊細で、葛藤も抱えていることに涙します。歴史ある靴工場を背負ったチャーリーも、最初は渋々だったのが仕事の楽しさに目覚めていきます。助演陣も個性豊か、どの人も主役をはれる力量でステージを盛り上げ、支えています。
風吹き荒れるのに息をひそめていたようなこの一年でしたが、また日々暮らしていく元気がもらえて、ぴっ!と背筋が伸びる作品です。(白)


2018年/英国/カラー/ビスタ/122分
配給:松竹 ©BroadwayHD/松竹 
ⓒMatt Crockett
https://broadwaycinema.jp
★2021年3月5日(金)[東京]東劇 [大阪]なんばパークスシネマ [名古屋]ミッドランドスクエア シネマ 他全国順次公開
◆松竹ブロードウェイシネマではこれからも様々な作品が劇場公開になります。
ご自宅で、好きな時間に見られるオンデマンド視聴ができるのは今『ホリディ・イン』『シー・ラヴズ・ユー』の2本。

posted by shiraishi at 11:22| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする