2021年02月14日

ある人質 生還までの398日   原題:Ser du manen, Daniel

aruhitojichi.jpg

監督:ニールス・アルデン・オプレヴ( 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』)、アナス・W・ベアテルセン
原作:プク・ダムスゴー「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」(光文社新書刊)
出演:エスベン・スメド、トビー・ケベル、アナス・W・ベアテルセン、ソフィー・トルプ

ダニエル・リューは、デンマーク代表体操選手として活躍していたが怪我で挫折。写真家への転身を決意し、コペンハーゲンで恋人シーネと暮らし始める。戦場カメラマンの助手としてソマリアを訪れ、サッカーをする子供たちの笑顔をカメラで捉えた時、戦争の中の日常を記録することこそ自分のやりたいことだと確信する。撮影先として選んだのは、内戦中のシリア。戦闘地域へは行かないと恋人や家族に約束して出かけるが、トルコとの国境付近の町アザズで撮影中、ダニエルは突然拉致されてしまう。アレッポから、さらにラッカへと移送される。そこには、様々な国のジャーナリストや支援活動家が拘束されていた。
一方、デンマークの家族たちは、ダニエルが予定の便で帰国しなかったため、彼から聞いていた人質救出の専門家アートゥアに連絡する。アートゥアは誘拐犯を突き止めるが、身代金70万ドルを要求されたという。テロリストと交渉しない方針のデンマーク政府からは支援を期待できない。家族は身代金集めに奔走する・・・

24歳だった2013年5月から翌2014年6月まで、398日間にわたってシリアで過激派組織IS(イスラム国)の人質となり、奇跡的に生還を果たしたデンマーク人の写真家ダニエル・リュー。ジャーナリストのプク・ダムスゴーがダニエル・リューと関係者に取材して書き上げた「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」(光文社新書刊)をもとに映画化したもの。
主演を演じたエスベン・スメドは、ダニエル・リュー本人と何度も会って話を聞いて役作りをしたそうです。拘束されていた398日間にダニエルが味わった壮絶な思いがずっしり伝わってきます。ダニエルを助けるために、マスコミに知られないよう、必死にお金を集めた家族の思いも胸に迫りました。

ISに拘束されている中には、フランス人やアメリカ人など様々な民族の人がいますが、ムスリムと思われるコソボ出身者もいます。方や、ISの監視役の中には、人質たちからビートルズと呼ばれていたイギリス人4人もいて、いかにISという組織が、本来のイスラームの教義とは離れた存在かを感じさせてくれます。
DSCF4494 aruhitojichi.jpg
公開にさきがけ2月7日(日)にユーロライブで行われた一般試写会上映後のトークイベントにジャーナリストの安田純平さんが登壇。2015 年から3年4カ月にわたってシリアで人質となり無事解放されたご経験から、本作を語ってくださいました。安田さんを拘束したのはシリアの反体制派の武装勢力で、ダニエルを拘束したIS(イスラム国)とは別物。有象無象の組織がありますが、人質を取るのは資金集めの為で、シリア人も人質になっているそうです。人質救出のエージェントから、身代金の見積書を提示されたこともあったと聞き、まさにビジネス。
戦争の真実を伝えたいジャーナリストや、戦禍の人々を救いたいと願う支援者たちを人質にするという卑怯な行為はいつまで横行するのでしょう・・・ (咲)



2019年/デンマーク・スウェーデン・ノルウェー/デンマーク語・英語・アラビア語/138分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:小路真由子
配給:ハピネット
後援:デンマーク王国大使館
公式サイト:https://398-movie.jp/
★2021年2月19日よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町にて公開
posted by sakiko at 17:02| Comment(0) | デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で一番しあわせな食堂   原題:Mestari Cheng

sekaide itibann.jpg

監督:ミカ・カウリスマキ
脚本:ハンヌ・オラヴィスト
出演:アンナ=マイヤ・トゥオッコ、チュー・パック・ホング、カリ・ヴァーナネン、ルーカス・スアン、ヴェサ=マッティ・ロイリ

フィンランド北部ラップランドの小さな村ポホヤンヨギに降り立った中国人のチェンとニョニョの父子。食堂「シルカダイニング」に入り、チェンは客の一人一人にお辞儀して「フォントロンを探しています」と尋ねるが誰も知らない。疲れ切って寝てしまった父子を食堂の女主シルカは、自宅に空き部屋があると連れて帰る。
翌日から恩人探しをしながら食堂を手伝うチェン。ある日、中国人観光客の団体が食堂に立ち寄る。メニューに不服そうなのを見て、チェンはとっさに麺料理を作る。実はチェンは上海料理店のシェフ。妻が事故で亡くなり酒浸りになって店が傾いて困っていた時にお金を出してくれたのがフォントロンだった。恩人はなかなか見つからないが、チェンの作る料理は地元の人たちにも好評で、噂を聞いて食べに来るようになる。シルカや地元の人たちと心を通わせるようになるが、観光ビザの期限が迫り、帰国する日が近づいてくる・・・

森に囲まれた湖に、鳥の声。そして道を横切るトナカイ・・・ 自然豊かなラップランドの小さな村で繰り広げられる物語。変化に乏しいフィンランドの料理と違って、医食同源の健康にも配慮した中国料理。食文化から広がるささやかな国際交流。母を亡くし、心を閉ざしてゲームに熱中していたニョニョも次第に地元の子どもたちと打ち解けていきます。チェンも、白夜に開かれるダンスパーティーを前にシルカからダンスの手ほどきを受けて、ほのかに心を通わせていきます。
この心温まる物語を紡いだミカ・カウリスマキ監督は、アキ・カウリスマキ監督の兄。フィンランドの北部ラップランドは、35年前にミッドナイト・サン映画祭創設にも関わった地。映画祭の開催される白夜の夏と、クリスマス休暇の冬の年2回は訪れていて、数年前に中国人観光客が殺到しているのを観て、本作のアイディアがひらめいたそうです。監督は30年にわたりブラジルに住み、ドイツ、イタリア、ポルトガルでも暮らしたことがあり、異国で文化の違う人たちと接することの難しさも楽しさも身を持って経験しているのでしょう。とかく分断が見られる今の世界ですが、摩擦を避けて共存するヒントを貰える1作です。(咲)


2019年/フィンランド・イギリス・中国/英語・フィンランド語・中国語/114分/カラー/シネスコ/5.1ch/G
字幕翻訳:吉川美奈子
配給:ギャガ
後援:フィンランド大使館
(C)Marianna Films
公式サイト:https://gaga.ne.jp/shiawaseshokudo/
★2021年2月19日(金)より新宿ピカデリー、渋谷シネクイント他にて全国順次公開




posted by sakiko at 13:02| Comment(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする