2021年02月12日

モンテッソーリ 子どもの家(原題:Le maitre est l'enfant)

monte pos.jpg

監督・撮影:アレクサンドル・ムロ
音楽:ダミアン・サランソン
日本語吹替:本上まなみ、向井理

”モンテッソーリ教育”とは20世紀初頭にイタリアのマリア・モンテッソーリが考案した教育メソッド。世界の140カ国以上の国に普及しているが、義務教育が徹底している日本では、西欧と違ってあまり知られていない。アレクサンドル・ムロ監督は自分自身の子育てに疑問を持ったことから、モンテッソーリ教育に着目した。フランスで最古の学校に2年3カ月に渡って通い、2歳半~6歳の28人の教室に小型カメラを設置し、注意深く子どもたちを観察した。

親も教師もつい、子どもの先へ先へと口を出して、管理したがるのが常です。その方が自分に都合がいいというのが大きな理由ではないでしょうか?じっと子どもを待つことができません。これは自省も込めて。
この映画では、子どもが自発的に考え、選択し、行動するようすが捉えられています。いきなりこうなるのではなく、少しずつ段階を踏んで子どもが学んでいきます。初めて教室に来た子が、帰っていく親の姿を窓に張り付いてずーっと見ているシーンも入っています。先生は仲間に入るように無理強いはしません。子どが興味を持つまで待っています。
初めてのことは少しやってみせて、子どもに聞かれたことには丁寧に応えます。年齢の異なる子どもたちが一つの教室にいることで、小さな子は大きな子の真似をします。真剣な表情がいじらしく、何度も繰り返してできたときの笑顔の可愛さといったら!
「子どもは“お仕事”が好き」「子どもの“集中現象”」「子どもに褒美や罰を与えない」「子育てにマニュアルなどない」などなど、大事なエッセンスが詰まった作品です。”自発的に考え、選択し、行動する”人間がたくさん育つと困るのは誰?というところは置いといて(後で考えてね)。まずはこの映画で”子どもが大きな可能性を秘めた存在”ということを胸に刻んで、自分の周りの子どもたちを見守る大人になりませんか。(白)


本作は想田和弘監督の観察映画のようにナレーション、説明テロップは一切なく、淡々と子どもたちの様子を映し出します。好きなことを集中して取り組み、大きな子が小さな子をリードしています。(きっと編集でうまくカットしているのではないかと思いますが)トラブルはほとんど見受けられません。
自由でのびのびとした幼稚園に通わせたい。娘が生まれてからいろいろ探して私が行き着いたのがモンテッソーリ教育でした。しかし、私が入園を考えたところは親の積極的な参加が求められ、縫物が絶望的に下手な私にはハードルが高く、家から車でないと通えないということもあって諦め、地元で自由保育を行う幼稚園に入園させました。そこは一斉保育をすることなく、この作品と同じように、子どもが自分のしたいことをし、先生はそれを見守ってくれる。娘は自由画帳を何冊も買うほどお絵描きをしましたが、3年間一度もお絵描きをしなかったお子さんもいるような自由な環境に、親子ともども満足することができました。担任の先生が娘たちを卒園させると、モンテッソーリの指導者になるための勉強をするといって園を退職し、2年間海外留学されたので、きっと先生なりにモンテッソーリ教育をしようとしてくださっていたのだと後から思いました。
できるならばこういった環境で子育てするのがベスト。久しぶりにモンテッソーリ教育に触れ、夏におばあちゃんになる私は孫への教育に思いをはせました。(堀)


子どもの自主性と自信を主軸にした教育メソッドを生み出したマリア・モンテッソーリ。1870年にイタリアで生まれ、1952年にオランダで亡くなった彼女は、ファシズムが台頭したイタリア、そしてスペインから2度も亡命し、二つの世界大戦を経験しています。1938年にインドを訪れ第二次世界大戦の為、約10年過ごす間に、ガンジーやタゴールとも交流。インドでモンテッソーリ教育の基本的で重要な概念である「宇宙的秩序」理論に基づく「宇宙的教育」を体系化しています。
教育とは知識を伝授することではなく、子どもの精神の発達を手助けすることという理念を、教育に携わる人も、親も胸に刻んで子どもに接するといいなと思いました。
私が受けた教育はといえば、小学校から大学まで、学校も親も自由放任! もしかしたらモンテッソーリ教育に通じるところがあったでしょうか? (咲)



2017年/フランス/カラー/105分
配給:スターサンズ、イオンエンターテイメント
(C)DANS LE SENS DE LA VIE 2017
http://montessori-movie.jp/
★2021年2月19日(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開
posted by shiraishi at 23:58| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの頃。

anokoro pos.jpg

監督:今泉力哉
原作:劔樹人「あの頃。男子かしまし物語」
脚本:冨永昌敬
撮影:岩永洋
音楽:長谷川白紙
出演:松坂桃李(劔樹人)、仲野太賀(コズミン)、山中崇(ロビ)、若葉竜也(西野)、芹澤興人(ナカウチ)、コカドケンタロウ(イトウ)、西田尚美(馬場)、山崎夢羽(松浦亜弥)、片山友希(奈緒)、中田青渚(靖子)

劔樹人。バイトに明け暮れ、バンド活動もままならず、どんよりと日々を送っていた。見かねた友人が「これ見て元気出せ」と持たせてくれたDVDを再生してみると、そこには弾ける笑顔で歌い踊る松浦亜弥が!思わずくぎづけになる劔の両目から涙があふれた。駆け込んだCDショップの店員ナカウチから「ハロー!プロジェクト」のイベント案内をもらう。かくして劔の新しい人生が幕を開ける。
イベントに参加した劔に、ナカウチは個性的な仲間たちを引き合わせる。劔は彼らとともに、これまでと全く違うくだらなくも愛おしい日々を謳歌する。アイドルに夢中になった時間は思いのほか早く流れ、仲間たちはハロプロよりも優先するものを見つけていく。

「ハロー!プロジェクト」とはアップフロントグループ系列の芸能事務所に所属する女性アイドルグループ・女性タレントの総称、またはメンバーのファンクラブの名称。だそうです。この映画を観るまで、こんなに熱狂的なファンたちがいるのを知りませんでした。お兄ちゃんとは呼びにくい年頃の方もいますが、男性アイドルのほうにおばちゃんファンが混じっているのと同じですね。
新作のたびにこれまでにない役柄を演じているチャレンジャー松坂くん、スターのオーラを封印して、今までで一番どよ~んとした始まりでした。彼を元気づけるハロプロおたくの面々、コズミンも西野もロビもイトウもみんな熱くておかしくて、どうかしているのですが「幸せこの上ない表情」をしています。
思えば私も親戚の人たちに「追っかけしてるんだって!」と言われた時期がありました。自分では正しいファン道を歩んでいただけなんですが、ほかの人にはやっぱりどうかしている、と思われたらしいです(汗)。しかし、楽しかったのは間違いありません。我が人生に悔いはなし(汚点はあるかも)。(白)



あの頃。_メイン.jpg


高校を卒業してもうすぐ40年。中高時代に仲が良かった友人とは今でもLINEで繋がっていて、ときどき他愛もない話で盛り上がっている。そんな彼女たちと知り合ったのは中1のこと。「宇宙戦艦ヤマト」のアニメがきっかけだった。ヤマト軍団と揶揄されながらも、声優イベントで静岡から東京まで出掛けたり、夜な夜な電話で語り合ったり。最近は直接会うことはほとんどないけれど、今でも分かり合えると思えるのは、あの頃に密な時間を彼女たちと過ごしたから。
本作はハロプロにすべてを捧げた男たちの青春の日々を描いています。興味の対象こそ違うけれど、根底に流れるものは同じ。好きなものへの一途な愛はすべてをなぎ倒してでも突き進んでしまう。ん~わかるわ~!
松坂桃李のオタクぶりには推しの私も最初はちょっと引いてしまいましたが、弾けるような笑顔がかわいく思えてくるから不思議。新たな魅力の開眼ですね。若葉竜也は『AWAKE』とは大分違った雰囲気でしたが、こっちが素の若葉竜也な気がします。そして仲野太賀はこういったダメ男を演じさせると見事なくらいハマりますね。さすがのひとことです。(堀)


2020年/日本/カラー/シネスコ/117分
配給:ファントム・フィルム
(C)2020「あの頃。」製作委員会
https://phantom-film.com/anokoro/
★2021年2月19日(金)ロードショー

DSCF4406 anokoro 320.JPG

撮影:景山咲子

◆(咲)さんの公開直前イベントのレポはこちらです。
◆スタッフ日記はこちらです。
posted by shiraishi at 22:58| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする