2021年02月02日

ディエゴ・マラドーナ 二つの顔   原題:Diego Maradona

diego maradona.jpg

監督・製作総指揮:アシフ・カパディア
製作:ジェームズ・ゲイ=リース、ポール・マーティン
編集:クリス・キング
音楽:アントニオ・ピント
出演:ディエゴ・マラドーナ、ペレ、チーロ・フェラーラ、ディエゴ・マラドーナ・ジュニア、クリスティアーナ・シナグラ、クラウディア・ビジャファーネ

アルゼンチン出身の天才的サッカー選手ディエゴ・マラドーナ。
本作はマラドーナ本人の完全な協力を得て作られた、栄光と挫折を繰り返す人生ドラマ。

1984年、ディエゴ・マラドーナは、イタリア南部の弱小クラブSSCナポリに移籍する。
母国アルゼンチンでの活躍の後、1982年にFCバルセロナに史上最高額の移籍金760万ドルで移籍するも、病気と怪我で結果を残せず、唯一買ってくれたのがナポリだった。貧しいナポリが高額で契約したことから、記者会見ではマフィアの金が流れているのではと問われる。ナポリの人たちに愛され、86-87シーズンはクラブ史上初のセリエA優勝とコッパ・イタリア優勝で2冠、1990年、イタリアW杯準決勝のイタリア戦で勝ったことで南北摩擦が激化、決勝で大ブーイングを浴びて準優勝。悪魔、悪童と嫌われ、ここから人生が狂う。1991年、薬物と売春への関与が疑われ、ついにイタリアサッカー協会から15か月の出場停止処分が出され、アルゼンチンに帰国する・・・

弱かったSSCナポリがマラドーナの活躍で、めきめきと勝ち進みます。面白くないのがイタリアの北のサッカーファンたち。「ナポリっ子はイタリアのアフリカ人」「糞」「病気持ち」「ナポリはイタリアの下水」と汚い言葉を投げかけます。マラドーナ自身、ブエノスアイレスの下水も飲み水もない貧困地区の生まれ育ちなので、そんな風にけなされるナポリには同情する思いがあったのではないでしょうか。
アルゼンチンに帰国後も、コカイン所持で逮捕されたりしながらも、選手や監督として活動を続け、1997年37歳で現役を引退しています。
ペレの後継者と言われたことに対して、「後継者ではなくマラドーナでいたい」と語ったマラドーナ。多くの人の記憶に残るサッカー選手であることは間違いありません。

監督のアシフ・カパディアは、1972年、ロンドンのインド系ムスリムの家に生まれたイギリス人。初の長編映画『THE WARRIOR(原題)』(2001年)ではインドの名優イルファン・カーンが主役を務めています。2003年英国アカデミー賞英国作品賞&新人監督特別賞受賞。
本作では、500時間に及ぶ未公開映像をもとに、マラドーナ本人にも取材し、彼の人生の光と影を描き出しています。

昨年6月5日(金)公開予定だった本作。コロナ禍で公開が延期され今年4月の公開予定だったのですが、2020年11月25日にブエノスアイレス郊外の自宅でマラドーナが亡くなられたことにより、公開が前倒しになりました。
また、1月30日からの「ヨコハマ・フットボール映画祭2021」ではオープニングを飾る予定でしたが、映画祭は延期になってしまいました。
映画の最後には、ディエゴ・マラドーナ・ジュニアと並んで、笑顔を見せています。ご冥福をお祈りします。(咲)



2019年/イギリス/130分/ビスタサイズ/5.1chデジタル
字幕翻訳:高橋彩/字幕監修:西部謙司
配給:ツイン
(C) 2019 Scudetto Pictures Limited
公式サイト:http://maradona-movie.jp/
★2021年2月5日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー




posted by sakiko at 16:00| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする